深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の米国での悪宣伝に我々は勝たねばならない!

<<   作成日時 : 2013/08/01 13:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

読売の今朝の社説『(参考1)』は、
歪曲された歴史が、全米に喧伝されようとしている。極めて憂慮すべき事態である
と述べている。
韓国による日本に対する敵対行為は、ここのところ静まるどころか、ますますひどくなってきている。まるで敵性国家である。彼らは歴史認識で日本を攻撃する。彼らの言う日本に対する歴史認識とは、
100年〜70年前の過去に日本が韓国に対して犯した仕打ちにより韓国が蒙った民族的誇りの蹂躙と経済的、人的損失に対する日本の認識が甘すぎ、かつそれに対する日本の金銭的あるいは量的謝罪が極めて僅少で、いくら喧伝しても足りない世界的常識を外れたひどさである
という事を意味する。

彼らが本当にそれを信じ込んでいるかどうかは、実のところ、判然とはしないが、少なくとも韓国は官民挙げて反日行動に凝り固まっている。今や日本との友好よりも中国との友好を考えることを優先しているようにも見える。

韓国大統領・朴槿恵(パク・クネ)氏を初めとする韓国人は、1965年の日韓平和条約は、彼女の父朴正煕氏の大統領時代に、締結されたものであり、この条約で、日韓間のわだかまりは消滅し、韓国国民への日本による精神的・物的謝罪は解消している事を忘れている。実は彼らは忘れてはいないが、忘れたふりをしている。それ位、程度の悪い民族なのである。台湾人との較べて呆れるほどの低劣さである。

このような民族に対応するには、まともな神経では適応できない。我々は余りにも正直に過ぎた。もっと韓国の汚点と低劣さを、強烈に世界に宣伝すべきである。特に米国への宣伝で韓国に勝たねばならない。現在、韓国が米国で起こしている卑劣な対日行為に上回る厳しさをもって、我が国は米国に接し、韓国の日本攻撃を駆逐せねばならない。

その重要なものは米メデイア対策と米議会対策である。そのためには、国内の総力を挙げねばならない。

さらに重要なことは、国内メデイアがその気になることである。その前に、朝日新聞やNHKは過去の彼ら自身による自虐宣伝を反省し、自戒せねばならない。過去の彼らの行き過ぎ報道への反省の弁を述べねばならない。まず第一に、朝日は『慰安婦問題の誤れる報道が、日本に甚大な災いを齎した』ことを深く反省する弁を述べねばならない。

反省の弁を述べねばならない人間もいる。河野洋平氏らはその最たる人物である。この人は神奈川県が生んだ最悪の政治家である。神奈川県人はこのような人しか政界に送ることができなかった。慙愧に耐えない。

新聞や個人は、反省の念を述べると共に、その罪滅ぼしに立ち上がらねばならない。新聞や個人は、韓国の非道を暴く大宣伝を海外、特に米国に向かって展開せねばならない。

****************************************


(参考1)「慰安婦」像設置 憂うべき米国での「反日」拡大(8月1日付・読売社説)(2013年8月1日01時29分 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130731-OYT1T01471.htm?from=ylist
 ◆強制連行巡る誤解を正したい
 歪曲わいきょくされた歴史が、全米に喧伝けんでんされようとしている。極めて憂慮すべき事態である。
 米カリフォルニア州のグレンデール市内の公園で30日、「従軍慰安婦」の少女像の除幕式が行われた。
 韓国系民間団体の主導による慰安婦像だ。反日団体が一昨年、ソウルの日本大使館前に設置した像と同じデザインである。
 この日をグレンデール市は「慰安婦の日」とした。6年前、米下院が慰安婦問題で日本に謝罪を求める決議を採択した日に因ちなむ。
 ◆性奴隷という誇張歪曲
 慰安婦像の傍らの碑には「1932年から45年まで、日本軍に連行され、強制的に性奴隷にされた20万人以上のアジア人、オランダ人の女性たちを記憶にとどめるために」と記されている。
 「性奴隷」「20万人以上」という誇張歪曲した表現だけでも、日本の名誉を著しく傷つける。
 韓国系民間団体は、こうした慰安婦像をさらに米国内に設置していく方針だ。
 戦時中、旧日本軍が韓国の若い女性や少女さえも慰安婦として強制的に連行したという誤ったイメージを米国に広めようとしている。
 かつて中国系アメリカ人のアイリス・チャン氏が著書で南京事件を、ナチス・ドイツのユダヤ人虐殺と同じような大虐殺として描いたことを想起させる。
 そもそもいわゆる従軍慰安婦問題が日韓間の外交問題に浮上したのは、92年のことだ。朝日新聞が「日本軍が慰安所の設置や、従軍慰安婦の募集を監督、統制していた」と報じたのが発端だった。
 ◆証言の裏付けはない

 記事には、戦時勤労動員の「女子挺身ていしん隊」があたかも慰安婦の強制連行であったかのような表現もあり、韓国で反発が強まった。
 政府は徹底的に調査したが、日本軍による強制連行を裏付けるような文書は発見できなかった。
 宮沢内閣は翌93年、元慰安婦へのおわびと反省の意を表した河野官房長官談話を決定し、政治決着を図ろうとした。談話には「官憲等が直接これに加担したこともあった」と記されている。
 韓国政府の要望を受け、16人の元慰安婦から聞き取り調査を行った際、その中に、朝鮮総督府の巡査が慰安婦募集に立ち会って威嚇した旨の証言があったからだという。当時、官房副長官だった石原信雄氏が明らかにした。
 証言の裏付け調査は行われなかった。韓国への過剰な外交配慮が背景にあったことは否めない。
 この河野談話が誤解の火種となった。慰安婦は強制連行であったと日本政府が認めたかのように、韓国などは受け止めた。
 日韓間の財産・請求権問題については、1965年の国交正常化で国際法的には解決済みである。日本政府は元慰安婦への補償も当然含まれるとの立場だ。
 政府はその後、「アジア女性基金」を設け、台湾やフィリピンなど285人の元慰安婦に1人200万円の「償い金」を支給し、首相のおわびの手紙も届けた。
 だが、韓国側は国家による補償ではないと反発し、多くの韓国人元慰安婦も受け取りを拒んだ。
 日本の償い事業が韓国できちんと伝えられず、評価されなかったことにも問題がある。
 こじれ続ける慰安婦問題への対応について、政府は、河野談話を手始めに、根本から再検証する必要があるだろう。
 ◆河野談話の見直しを
 グレンデール市では7月9日、慰安婦像設置に関する公聴会に、多くの日系住民や在米日本人が参加して「強制連行の証拠があるのなら示してほしい」と意見を述べ、根拠なき像の設置に反対した。
 韓国系住民は「米下院も欧州議会も慰安婦問題で対日批判決議をした」「日本政府も河野談話で強制連行を認めた」と反論した。
 意見陳述を聴いた市議ら5人の間で採決が行われ、4対1で慰安婦像の設置が決まったという。
 河野談話を慰安婦強制連行の論拠にしているのは間違いない。
 戦時中に多数の女性の名誉と尊厳を傷つける行為があったことは確かだ。現在の人権感覚で慰安婦問題が裁かれれば、日本は政治的に勝ち目はなかろう。
 それでもなお強制連行の有無に関しては、正確な事実関係を示し続けていくべきである。
 日本側は慰安婦問題での対応について、内外に丁寧に粘り強く説明していくしかない。英語による発信が特に重要だ。
 「性奴隷」との曲解を是正するためにも、20年前の河野談話の見直しが欠かせない。
(2013年8月1日01時29分 読売新聞)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大東亜戦争は自衛戦争
8月6日、反日マスコミによる毎年恒例の日本国民総懺悔(ざんげ)のシーズンになった。 ...続きを見る
風林火山
2013/08/06 00:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国の米国での悪宣伝に我々は勝たねばならない! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる