深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 労働新聞に、日本人妻の体制賛辞を掲載する北朝鮮の本音?

<<   作成日時 : 2012/01/14 14:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像

画像

北朝鮮労働新聞

北朝鮮の金正日・総書記が死亡した。彼は、北朝鮮の極めて残虐な指導者で、何百万人かの国民を餓死に追いやったにもかかわらず、自分は美食家をもって鳴る指導者であった。しかも密告と残虐な刑罰で国民を統括した張本人でもあった。本当なら国民は、金正日の死を両手(もろで)を挙げて歓喜せねばならないところである。それを男女の見境なく、悲嘆に暮れて、アイゴー、アイゴー、と泣き叫ぶ。異様な光景である。彼らはそうしなければ、反体制派として、国家への不忠者として指弾され、場合によって、刑罰を与えられかねないのである。

北朝鮮の国民は、明らかに極端に統制され、監視され、密告の恐怖に戦きながら、自由を束縛された欺瞞社会に生きている。異様な社会である。北朝鮮の国民は『朝鮮民主主義人民共和国』と云う名称とは全く逆の管理統制された一種の虐待かつ極端な差別社会の中に生きている。北朝鮮の国営テレビの女性アナウンサーの、金総書記を称える大仰な態度は、一体、どこから来るのか。彼女らもまた監視され、管理されているのである。

北朝鮮に住む男女は、このような前近代的な社会の中で、そのような環境に泥(なず)まない限り生きて行けない。
彼らは嫌でも応でも、その環境に順応せざるを得ない。1月14日の朝日新聞の記事『(参考1)』や13日の産経新聞の記事『(参考2)』は、これを如実に物語っている。これらの記事は、
北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞(電子版)は、11日と13日に、北朝鮮に50年間住む北大・卒業の日本人女性・皆川光子(北朝鮮名キム・グァンオク)さんが、新指導者、金正恩氏について「もう一人の運命の太陽」などと称賛している。
ことを報じている。これは、勿論、北朝鮮指導部による故意の宣伝で、北朝鮮指導部と国民との間に強い信頼関係があることを、偽って宣伝しようとするものである。この時期、北朝鮮の指導部が、何故、このような欺瞞報道を流すのか。恐らくは、拉致問題に絡んだ北朝鮮に対する人権無視の攻撃を和らげようとする下心と、後継者・金正哲氏の指導者としての優れた資質を宣伝しようとするものであろう。

この宣伝は、新指導者・金正哲氏を絶対的指導者として神格化し、専制主義国家を維持しようとする作為的行為以外の何物でもない。

*******************************


(参考1) 日本人妻の手記と写真を掲載 北朝鮮の労働新聞 (2012年1月14日0時3分) 朝日(http://www.asahi.com/international/update/0113/TKY201201130691.html) 関連トピックス北朝鮮 金正日 [PR]
 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞(電子版)は11日と13日に、北朝鮮に住む日本人妻の皆川光子(朝鮮名=キム・グァンオク)さんの手記と写真を掲載した。北朝鮮は、高官が9日に民主党の中井洽・元拉致問題担当相と中国で接触したばかり。関係者は、この時期に手記を掲載した意図に注目している。
 「50余年の歳月の中で見た朝鮮」と題された手記は11日が第1回、13日が第2回で、さらに続くのかどうかは不明。
 1939年に東京で生まれ、北海道大学在学中に知り合った在日朝鮮人と結婚し、60年に北朝鮮に渡ったことや、入国後の生活、97年の日本への里帰りを振り返ったうえで、先月の金正日(キム・ジョンイル)総書記の死去に「敬愛する将軍を失い、天が崩れたかのように思えた」などと言及。後継者の金正恩(キム・ジョンウン)氏については「もう1人の運命の太陽」などと形容した。(ソウル=貝瀬秋彦)

(参考2)日本人妻も正恩氏称賛 広範な支持強調か (2012.1.13 22:03) 産経  (http://sankei.jp.msn.com/world/news/120113/kor12011322040002-n1.htm
 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」(電子版)は13日、同国在住の日本人妻、皆川光子(北朝鮮名キム・グァンオク)さんの手記を掲載し、皆川さんは新指導者、金正恩氏について「もう一人の運命の太陽」などと称賛した。
 皆川さんの手記は連載形式で、この日が11日に続き2回目。手記掲載には、正恩氏が北朝鮮国内で広範な支持を得ていることを強調する狙いもありそうだ。
 13日の手記は1960年に北朝鮮に渡ってからの日々を回想。昨年12月の金正日総書記死去について「私たち在朝日本人女性は地をたたいて泣き叫んだ。天が崩れたかのように思えた」と説明した。
 さらに「偉大な将軍様(金総書記)そのままの金正恩同志がおり、この国の社会主義は揺らがない」と訴え、「偉大なその懐があるため、私の家庭も今まで同様、幸福であろうことを信じて疑わない」と結論付けた。(共同)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リットン報告書
「リットン報告は驚くべき文書である。調査団が集めた事実を証拠としてつかえば、日本は中国を世界平和を乱した罪で告発できる。」 ...続きを見る
風林火山
2012/01/14 22:54
オークリー メガネ
労働新聞に、日本人妻の体制賛辞を掲載する北朝鮮の本音? 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー メガネ
2013/07/03 20:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
労働新聞に、日本人妻の体制賛辞を掲載する北朝鮮の本音? 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる