深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「韓国へは、北方領土や竹島について、より明確なメッセージを!」について

<<   作成日時 : 2011/05/21 09:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

韓国へは、北方領土や竹島について、より明確なメッセージを!」について

筆者は昨日の20日の記事『韓国へは、北方領土や竹島について、より明確なメッセージを! (作成日時 : 2011/05/20 15:35 ) 深山飛水の思いつくまま日記http://mikitogo.at.webry.info/201105/article_36.htm)』の中で、
松本剛明外相は20日、
韓国の野党議員3人が22日から北方領土の国後島訪問を計画していることについて「現在確認中だが、事実ならば遺憾であり、適切に対応しなければいけない」
と述べた。それどころか、菅直人首相は、
22日の日中韓首脳会議などの機会に韓国の李明博大統領に対し抗議を申し入れるかどうかについては「現段階で申し上げることは差し控えたい」
と明言を避けた。このような意気地のない状態だから、ますます韓国をつけ上がらせる。もっと強い態度で臨むべきである。
と述べた。

(参考1)の毎日新聞の21日の記事によれば、菅首相は、 20日の参院予算委員会で、自民党の佐藤正久氏の質問に答えて、「事実が確認された場合は、きちんとした対応をする」と述べたそうである。

しかし、これでは返事になっていない。事実が確認されなければ、対応を採らないということに聞こえる。この言葉の裏には、事実を確認するための最大限の努力をする意欲が感じられない。さらには韓国野党議員3人の22日からの国後島訪問計画を阻止するように対応をとるのか、訪問してしまってから対応をとるのか、不明確ななおである。要は菅首相の韓国への対応が甘いのである。

韓国に抗議する場合には、日本の報復措置を匂わせながら、抗議するのが当然である。菅首相にはそれがない。
韓国のよう弱小国に侮られて、平常心でおれる日本の首相は、もはや日本人の代表ではない。

即刻、首相の座を降りてもらわねばならない。


*****************************************


(参考1)
北方領土:韓国議員が国後訪問計画 菅首相、事実確認後に抗議 (2011年5月21日)毎日新聞・東京朝刊
(http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110521ddm005030024000c.html)
 菅直人首相は20日の参院予算委員会で、韓国の国会議員3人が24日に北方領土の国後島訪問を計画していることについて「事実が確認された場合は、きちんとした対応をする」と述べ、事実関係を確認後、抗議する考えを示した。自民党の佐藤正久氏への答弁。
 一方、自民党の石破茂政調会長は20日、党本部で記者団に「(21、22両日の)日中韓首脳会談で菅首相から強い抗議の意を表すべきだ」と強調。権哲賢(クォンチョルヒョン)駐日韓国大使に電話で抗議した。【西田進一郎】
毎日新聞 2011年5月21日 東京朝刊

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「韓国へは、北方領土や竹島について、より明確なメッセージを!」について 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる