深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 核密約の暴露よりも非核2原則の確立を!

<<   作成日時 : 2009/09/12 17:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 8 / コメント 0

民主党政府がどうしても日米間の核密約を暴き立てたいという。(参考1)の朝日の記事はそれを書き立てている。
一体、民主党政府は何をしたいと云うのか。

日本政府は、非核三原則の中で、「核を持ち込ませず」と言いながら、日米安保条約にしたがって、「米国の傘の下に入る」ことを米国に懇願し、米国もこれを認めた。その結果、日本に核が持ち込まれるのは当然と言わねばならない。日本政府はこの矛盾を密かに受け入れ、米軍による核持ち込みを無視して来た。その理由は、日本を守るには、無視という手段を取る以外に方法がなかったからである。さらに核持ち込み無視は、『日米政府間に核持ち込みの密約を結ぶ』という形まで発展した。米国の傘の下に入ることをより確実にするためであったと思われる。

それが分からない民主党ではあるまい。「核持ち込み密約」を今さら暴き立てて、どうしようと云うのか。しかも、非核三原則は法律ではない。核密約があったからと言って、憲法違反にはならない。民主党は、国民の知らないままに、国民不在のうちに、核密約が結ばれたこと自体、国民の知る権利を侵すものであると言うのであろうか。しかし国防上の重大事や機密事項を国民に知らせるような国はどこにもあり得ない。

これまで政権を担ったことのない民主党には、国防の重要性が分からないのではないか。

民主党の主張を通すとすれば、「非核三原則は厳守し、安保条約によって米国の傘の下に入れてもらうが、米国から日本への核持ち込みは禁止する」と云うことになる。これは日本にとって、極めて好都合のように見える。しかしこれはそうとは言い切れぬ危険性を持っている。日本は米国の核の傘の下に入るとは言いながら、米本土の地下に格納された大陸間核弾道ミサイルの防衛力にしか依存し得ないからである。核保有国が日本の至近距離に何カ国もある状態では、対抗する核兵器が米本土にあるのと、日本にあるのとでは、格段に核抑止力に差異が生ずるからである。一方、米国としても、日本に駐留する米軍に核攻撃能力がないとすると、米国の存在感と、米国が日本以外の国に及ぼす影響力が格段に減殺する。これを思う壺とし、虎視耽々と日本を狙っている国があることは、民主党の諸君には分からないのかもしれない。

そこで、核密約がそれほど気になるのであれば、民主党・新政権にたいし、
@非核三原則から、「核持ち込み」を削除した非核二原則を堅持する、
A日米安全保障条約を、日本への核持ち込みを許容する内容に改定する、
ことを提案する。

*******************(終わり)*********************


核密約解明へ第三者組織 民主幹部が意向 (2009年9月12日3時0分) 朝日 (http://www.asahi.com/politics/update/0912/TKY200909110430.html
 民主党幹部は11日夜、鳩山代表が調査方針を表明している日米間の核持ち込み密約について、外務省に有識者チームを設けて検証する考えを示した。鳩山氏は政権発足後半年から1年で結論を出すとしている。チームは外相に内定している岡田克也幹事長の直轄とし、政治主導で解明に取り組む。
 この幹部は「(密約を)暴いて終わりでなく、密約に至った経緯や時代背景まで全部検証したい」と強調。「繰り返さないようにするためにも有識者に委ねることが必要」と語った。密約を否定してきた外務官僚ではなく第三者による調査で客観性を高め、再発防止に向けた提言も得る狙いがあるとみられる。
 省内には、外部の有識者が調査にあたる場合は「公務員の守秘義務との関係で協力に支障が出る」との指摘があるが、幹部は「大臣命令を出せばいい」と外相の政治判断で調査を進める考えを示した。




日米核密約
新日本出版社
不破 哲三

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

日米核密約
楽天ブックス
著者:不破哲三出版社:新日本出版社サイズ:単行本ページ数:190p発行年月:2000年08月この著者

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
外国人選挙権付与の要請
民主党が選挙前に国民にひた隠ししていた売国政策に関して、早くも民主党連立政権の発足前に、岡田克也が会長を務める団体から、小沢へ要請があったようだ。 今回、小沢(当初から法案賛成)はどう対応するのか注視する必要がある。 ...続きを見る
風林火山
2009/09/13 01:12
エイリアン鳩山+プーチン小沢=デンジャラス・ジャパン
    ||| 転機か 破局か、明日の日本 |||  エイリアン鳩山 + プーチン小沢 = 転機か、破局か、デンジャラス・ジャパン   国を守るのは、軍事防衛力だけではない。 それ以前にたしかな外交力が、平和を築く礎石となる。 他国の覇権と侵略勢力の矛先に、つけ入る隙を与えないために 国際経験豊かな外交のマンパワーが、国家の最前線を守る盾となる。 ...続きを見る
米流時評
2009/09/13 09:30
亡国 国防なき外交
今回の衆院選で、国家の根本である、「外交・安全保障の問題」が、 全く争点にならなかった事は、日本が異常な事態であると有識者は言う。 ...続きを見る
風林火山
2009/09/13 20:45
いさよくないマスコミと議員たち
 天台宗空也派の祖にして醍醐天皇を父親に持つとされる、空也上人の言葉に 「 山川の末に流るる橡殻も 身を捨ててこそ浮かむ瀬もあれ」 というものがある。 本来は、仏の悟りを得る機縁、成仏の機会としての解釈なのだが、一般社会では窮地から脱し、そして安泰を得るほうとして、自分の保身にばかり執着をしていても道は開けず、チャンスも来ないという意味だと自分は解釈をする。 最近の、マスコミと自民党そして民主党の一部議員がどうもいけない。女々しいといか未練がましいというか、非常に見苦しい。 いまだ、民主党に対し... ...続きを見る
雑感
2009/09/14 00:43
鳩山文化大革命・デザート政策の致命的欠陥
   ||| 官公庁の人的・知的資産を守れ |||  鳩山政権が連発するデザート政策は、日本の官公庁の人的・知的資産の喪失を招く   次期鳩山政権の打ち出そうとしている施策が 次々に明らかになるにつれ そのあまりの無謀さ加減に、 不安を通り越して、めまいさえ覚える。 ...続きを見る
米流時評
2009/09/14 13:49
ブログ意見集: 自由貿易協定締結/地位協定の改定 by Good↑or Bad↓
「自由貿易協定締結/地位協定の改定」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
ブログ意見集(投稿募集中)by Good...
2009/09/17 23:32
憂国の思い 国防 櫻井よしこ
テレビ番組、「そこまで言って委員会」が、衆院選前(投稿日 2009年7月10日)に、 櫻井よしこ氏、田母神氏(前航空幕僚長)、西村眞吾氏(前衆議院議員)、 金美齢氏(台湾人評論家)などのゲストを招いて、「国防」に関する討論があった。 ...続きを見る
風林火山
2009/09/23 15:02
緊急時の核持ち込みを認める岡田外相の発言!!!
昨年、民主党が政権を取ってから半年が経っている。それ以来、民主党政権は、日米間の核密約について暴きたてることに「憂き身を窶して」きた。筆者は、昨年の7月以来、この問題について、(参考1)に示す見解を主張して来た。筆者の見解は、今さら核持ち込みの密約を暴き立てても無意味であり、むしろ積極的に核持ち込みを認めて、非核二原則を採用すべきであるという見解である。 ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2010/03/17 20:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
核密約の暴露よりも非核2原則の確立を! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる