テーマ:拉致問題

「ライス国務長官は考えを変えるべきである!!!」について

「ライス国務長官は考えを変えるべきである!!!」について 筆者は先の記事、『ライス国務長官は考えを変えるべきである!!!』にたいして、二人の方からコメントを頂いた。これらの方々から諒承を得ていないので、お名前を記すのは避けさせていただく。 下記に述べるのは、これらの方々のコメントをまとめて一つの問題提起とし、それにに対する筆者の…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

ライス国務長官は考えを変えるべきである!!!

北朝鮮人権 最近の筆者の記事『中国や韓国は北朝鮮問題に熱意がない!!!』や、『北朝鮮の人権・復活への提案!!!』で、筆者は、米政府のジェイ・レフコウィッツ北朝鮮人権問題担当特使 が、1月17日、ワシントン市内の米国企業研究所(AEI)主催の特別講義の席上で述べた内容について賛成し、その理由を詳細に述べたので、ここではそれを繰り返さ…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

北朝鮮の拉致と人権を解決するには?

送還された北朝鮮の脱北者収容所(図中、[1]から[5]までの数字が収容所の建物を指している) (図中、[1]から[5]までの数字が収容所の建物を指している) 朝日新聞の1月18日のネット記事『北朝鮮の人権「抑圧なお深刻」 国連特別報告者が会見 2008年01月18日22時24分 』によれば、 タイのウィティット・ムンタボー…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

「何を考えているのか全く分からない北朝鮮の態度!!!」について

「何を考えているのか全く分からない北朝鮮の態度!!! 」について 筆者の記事 『何を考えているのか全く分からない北朝鮮の態度!!! 』で北朝鮮が六ヶ国協議で約束した事項を誠意をもって完全に実行していないことを述べた。ここで述べる記事は、その続編であり,朝日新聞の記事を中心にその後の情勢を述べる。 朝日新聞1月4日の報道 『「非核…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

何を考えているのか全く分からない北朝鮮の態度!!!

2003年8月27日~29日にわたり、北朝鮮に核開発を思い止まらせるべく、北京の釣魚台迎賓館で第1回の6カ国協議が開かれた。それ以来、会議が重ねられて、昨年2007年2月に、同じく北京の釣魚台国賓館で第6回目が開催された。そして北朝鮮が行うべき核放棄の手順が合意された。この会議で決められた北朝鮮の核放棄のための合意は、その進行度に応じて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」を終わって

拉致被害者の失踪場所(図をクリックして下さい。拡大できます) 朝日新聞の今日(12月17日)のネット報道によれば、昨日の12月16日は北朝鮮人権侵害問題啓発週間の最終日であり、民間団体「特定失踪者問題調査会」と政府によって、別個に東京と大阪で集会が開かれたことを報道している。毎日新聞、読売新聞及び産経新聞もネット上で同様な報道をし…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

国連の対北人権非難決議案の採決を切る!!! 

11月21日産経新聞の記事『対北人権非難決議案 3年連続で採択 国連総会委 2007.11.21 09:30(このニュースのトピックス:北朝鮮核問題)』 の記事を引用しながら筆者の見解を述べる。 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 国連総会第3委員会(人権)は20日、北朝鮮による拉致被害者の即時帰国の保証など、早急な問…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮拉致解決に関するブッシュ米大統領への提言

ここへ来て、拉致問題の解決への糸口がますます見えにくくなってきた。 米国の動きがますます不透明になってきた。特に国務省は北朝鮮の「テロ支援国家指定解除」の条件として、核廃絶のみを条件とし、日本の拉致問題はその条件から外そうとしている。それを示す証拠は下記の通りである。 [1] ライス国務長官は今年の4月、安倍前首相に対し、米…
トラックバック:7
コメント:3

続きを読むread more

金正日氏が居なくなっても北朝鮮は変わらない!

この記事は 青山氏による関西TVでの拉致被害者の話(その1) に続く、(その2)の話である。 青山繁晴氏が、6月16日の関西テレビの番組「スーパーニュースアンカー」でコメンテーターとして、自身の見解を述べた。前記事(その1)では、その見解の最初の部分について述べた。(参考;北朝鮮拉致問題、「解決策は金正日氏の国外亡命」と独立総…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

特定失踪者277人を政府認定せよ!!

特定失踪者の一人 青山繁晴氏は、6月16日の関西テレビの番組「スーパーニュースアンカー」でコメンテーターとして、自身の見解を述べた(参考;北朝鮮拉致問題、「解決策は金正日氏の国外亡命」と独立総合研究所社長、青山繁晴氏=関西テレビのイベントで http://news.livedoor.com/article/detail/32020…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮とバンコ・デルタ・アジア(BDA)の問題(その2)

この記事は、筆者の先の記事 「北朝鮮とバンコ・デルタ・アジア(BDA)の問題(その1)」を補足するものである。以下に述べる内容は、主に産経新聞によって報道された記事を参照にし、各記事ごとに筆者の見解をまじえている。 “‐‐‐‐‐‐‐‐” の部分は筆者の見解である。 3月19日には、BDAの北朝鮮関連口座を、北京の中国銀行にある…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

北朝鮮とバンコ・デルタ・アジア(BDA)の問題(その1)

バンコ・デルタ・アジアから北朝鮮への口座の送金はどうなっているのであろうか。 六カ国協議で2月13日に合意された内容の中で、北朝鮮の核放棄の実現のために、北朝鮮自身が行なうべき第一の条項は、2ヶ月以内の寧辺の核施設の運転停止と封印であった。それが2ヶ月の期限、4月14日を過ぎても北朝鮮の核施設の運転停止と封印には何の動きもない。現…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

「拉致国家との個人的な取引は止めよう!!!」について

「拉致国家との個人的な取引は止めよう!!!」について pixie酒田市民様 貴TB 「北朝鮮」を頂き有難うございました。下記は、当方からのお返事です。具体性を欠くお返事となってしまいましたが、ご容赦下さい。 北朝鮮は色々と難癖を付けて、引き伸ばし作戦をとっております。6カ国協議の2月の決定をの実施を少しでも引き延ばそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成19年の北朝鮮による思想攻撃!!!

筆者がここで述べる内容については、既にWebryBlog上の記事である綾波氏による 民主党の松岡徹議員が金正日誕生日会に出席や、 Rover氏による 「民主党の松岡徹議員が金正日誕生日会に出席 」についてで、述べられている。 重複する点があると思うが、この点については、読者の方々、綾波氏及びRover氏に対し前もってお詫びする。…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

平成14年の北朝鮮による思想攻撃!!!

                 図 チュチェの塔 ここでは、実に驚嘆すべき事実を述べる。少なくとも 5年前には、日本は如何に深く北朝鮮の思想攻撃によって汚染され、多くの人びとが、それに感染されたり、感染されようとしていたかを示す明確な証拠がある。 国民新聞の平成14年3月25日号の記事 「金正日誕生祝賀会に土井たか子…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

拉致国家との個人的な取引は止めよう!!!

スポーツ報知 の記事 「デヴィ夫人北朝鮮入り」 によると、朝鮮中央通信は、デヴィ・スカルノ元インドネシア大統領夫人(67)が4月11日に、第9回金日成花祭典(13日-19日)に参加するため、北朝鮮の平壌に到着したそうである。 また別のスポーツ報知 07年4月19日の記事 「猪木構想 ”平和の祭典” プロレス、成田空港で会見…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

対北朝鮮・独自制裁と交渉項目の見直しについて

日本による対北独自制裁が4月中旬に期限を迎えるので、これを更に半年延長して10月中旬を期限とすることに決定したそうである(参照;対北朝鮮で「圧力」継続 )。これは日本政府によって4月30日に発表された。 これによって (A) 特定船舶入港禁止特別措置法の適用により、貨客船「万景峰92」は勿論、全ての北朝鮮国籍船舶の入港全面禁止 …
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

拉致と慰安婦を同列に扱うワシントン・ポスト紙?

徒然時事日和 http://island-nakase.seesaa.net/article/36723423.html?reload=2007-03-26T11:13:32・長谷川平蔵 様 米下院のマイケル・ホンダ議員の提出した「慰安婦問題に対する総理の謝罪要求」が問題になっております。これにたいする貴殿のご意見にはほぼ賛成…
トラックバック:8
コメント:5

続きを読むread more

「北朝鮮は時間稼ぎという外交手段をとっている!!!」について

「北朝鮮は時間稼ぎという外交手段をとっている!!!」について 今朝3月23日の朝日新聞報道や毎日新聞!!!報道によれば、北朝鮮首席代表の金桂冠(キムゲグァン)外務次官は、マカオのバンコ・デルタ・アジア(BDA)」にある資金の全額返還確認を求めたのに対し、議長国・中国は資金の中国への移管手続きの早期完了は不可能であることを表明し…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

北朝鮮は時間稼ぎという外交手段をとっている!!!

報道1(読売新聞)や報道2(朝日新聞)によれば、「6か国協議」の3日目(昨日3月21日)は、実質的に討議が出来ず、会期が取りあえず1~2日延長することに決まった そうである。しかも現在のところ、6カ国協議の行方は見通しがつかなくなったそうである。 前回の筆者の記事 ”見過ごし出来ない6カ国協議の行方」について” で、次のことを…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

「見過ごし出来ない6カ国協議の行方」について

「見過ごし出来ない6カ国協議の行方」について 先に筆者の記事「見過ごし出来ない6カ国協議の行方」で、マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)の凍結資金の解除が、寧辺の核施設の閉鎖の前提条件であることは、2月13日の6者合意の文面の中には明記されていないことを指摘した。米朝間の直接打ち合わせでは、それを臭わすような相談がなさ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

見過ごし出来ない6カ国協議の行方

北朝鮮の6カ国協議首席代表、金桂冠外務次官は、3月17日午前、北京国際空港に到着した際、記者団に対し、マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮関連口座に対する金融制裁が「全面解除されなければ、寧辺の核施設稼働中断や査察受け入れには応じられない」と述べたそうである。 問題は、この条件は、2月13日のの6カ国協議の共…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

核放棄に向けて信用できない北朝鮮の動き!!!

国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長等はチャーター機でウイーンを出発して3月12日に北京へ到着し、翌3月13日(火)、平壌に到着した。北朝鮮とIAEAとの協議の目的は、 (A)6者協議の合意文書に盛り込まれた内容の第一段階の実施、すなわち (A1)寧辺(ヨンビョン)の核施設の稼働停止・封印の検証活動 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米タイム紙、拉致に関して日本を過激非難!!!

3月7,8日に、ハノイで開かれた六カ国会議の日朝国交正常化部会の結果を受けて、3月11日、拉致被害者家族会の人々が会合を開いたことがTVで報道された[(参考1) http://www.sankei.co.jp/shakai/rachi/070311/rat070311000.htm]。 家族会の人々からは、米国に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

拉致問題にたいする米国の意見!!!

3月7,8日に、ハノイで開かれた六カ国会議の日朝国交正常化部会の結果を受けて、3月11日、拉致被害者家族会の人々が会合を開いたことがTVで報道された[(参考1) http://www.sankei.co.jp/shakai/rachi/070311/rat070311000.htm]。 家族会の人々からは、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北朝鮮は中国の従属国に成り下がったのか?

  北朝鮮の金桂冠外務次官は、6カ国協議の米朝国交正常化分科会での協議を終えて、米国からの帰る途中で、北京に立ち寄った。そこで中国の六カ国協議担当(議長)の武大偉外交部副部長に米国での協議について報告したそうである。 その後、日朝国交正常化分科会への出席を終えた宋日昊朝日国交正常化交担当大使と合流したと思われる。ど…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

テロ実施国家の認識の甘い米朝会談 !!!

ニューヨークで開かれていた米国と北朝鮮の国交正常化作業部会の初会合はは3月6日、2日間の協議を終え閉会した。(参考)http://www.asahi.com/special/abductees/TKY200703070113.html 米側の説明によると、会議は、両国とも極めて良好な雰囲気の内に行われ、大成功…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「拉致を認めぬ北朝鮮はテロ国家である!!!」について

「拉致を認めぬ北朝鮮はテロ国家である!!!」について  日朝国交正常化に関する作業部会は、3月8日午前(日本時間同日昼)に、ハノイ市内の北朝鮮大使館で開かれた。拉致問題と国交正常化を議題に2日目の協議を開いたが、何の積極的話し合いも行なわれず、僅か45分で閉会となり、初回の会合を終えた。(参考)http://www.nikkei.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

拉致を認めぬ北朝鮮はテロ国家である!!!

  ハノイ市内の日本大使館で、3月7日の午前中に、6者協議の日朝国交正常化作業部会が始まった。会議は2時間半にわたって行われた。日本側は原口幸市・国交正常化交渉担当大使を中心とし、北朝鮮側は例のソンイルホ・(宋日昊)朝日国交正常化交渉担当大使を中心とするそれぞれの交渉団が部会に出席した。(参考)http://www.asahi…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

「首を傾げる豪・ハワード首相の言明?」について

「首を傾げる豪・ハワード首相の言明?」について 2月20日に豪州のハワード首相が発表した数週間以内の外交団の北朝鮮訪問ということになれば、それは3月末ということになる。これは、2月13日の6カ国協議の合意を受けた結果の豪州の2反応であった。 その後、2月下旬」に米国のチェニー副大統領は、日本を訪れ、在日米軍の再編米軍の再編に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more