テーマ:日米韓

太平洋が米中・二国だけの物とは???

図1 太平洋は米中・二国だけの物 一昨年の6月の上旬に、米国のカリフォルニア州で米中首脳会談が行われたことを、(参考1)のNHKの時事公論が報道している。この報道によれば、その席上で、習近平・中国国家主席は、「太平洋には米中という2つの大国を収めるに足りる十分な空間が存在する」 と述べたそうである。これにたいして、オバマ大統領が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦でオバマ大統領を説得し損ねた日本政府!!!

日本政府は、オバマ大統領との日米会談で、韓国政府への対応を話し合うことに失敗した。オバマ大統領に、尖閣諸島の防衛について、『安保条約・第5条の確実な適用』を明言させる事には成功した。しかし、(参考1)の記事から、明らかなように、彼に、韓国大統領・朴槿恵(パク・クネ)との共同記者会見で、『従軍慰安婦問題を、甚だしい人権侵害』と明言させ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

良い子ぶっても、早晩、化けの皮が剥がれよう!!!

護送中のA級戦犯の人々。最前列左:荒木貞夫氏、その斜め後:東條英機氏 我が国への文物伝来の古き歴史を紐解くと、それらの文物の多くは、中国大陸からのものであ。これらの文物は、朝鮮半島を経て、日本に伝来した。当時、朝鮮半島を支配した国は、中国からの文物を日本に伝える仲介役であり、時には師でもあった。その立場が、『長幼序あり』 の儒学思…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

米政府は日韓双方に平等でなければならない!!!

ピーター・ランダース氏 11日の朝日新聞の有料デジタル版は、ウォールストリート・ジャーナルの東京支局長・ピーター・ランダース氏による記事『(世界が見た安倍首相)2本の矢、効果あった ピーター・ランダース氏 朝日新聞デジタル 2月11日(火)5時30分配信 (有料記事) (http://digital.asahi.com/artic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日韓関係について米国は公平でなければならない!

日米外相会談 米国は、日本にたいし、事あるごとに、韓国との和解を強調する。今回も、岸田外相が、2月8日にケリー国務長官と会談した折に、日韓関係について、意見交換が行われた。その内容を、(参考1)の読売新聞の記事は、ケリー氏は、「これから日韓関係をどう強化していくかについて考えを聞きたい」と尋ねた。反日的な動きを拡大させているのは韓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国は日韓間の和解に努力すべきか否か?

日韓間の和解はあるか 元々、民主党政権は、少なからず、外交的に低姿勢内閣であった。特に韓国に対しては、民主党内閣は余りにも低姿勢で、菅元首相などは卑屈な程であった。それが自民党内閣になってから、がらりと雰囲気が変わった。と言うよりは正常に戻ったのである。 産経の記事『(参考1)』によれば、昨年4月、斎藤勁元官房副長官が、李明…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

韓国の朴槿恵大統領に乗せられ、安倍政権をこき下ろす在韓米軍当局者???

会談に臨む(左から)小野寺防衛相、ヘーゲル米国防長官、金寛鎮韓国国防相(1日、シンガポール)=共同 9月30日の朴槿恵・韓国大統領は、日米韓の安全保障協力が重要だとして日韓関係改善への期待を表明したヘーゲル米国防長官に対し、日本政府と対話できない理由として、「歴史問題や領土問題で、時代に逆行した発言をし、旧日本軍の従軍慰安婦問…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

朴・ヘーゲル会談で、韓国は一方的に日本を罵倒した!!!

1日のNEW24の報道(参考1)によれば、米国のヘーゲル国防長官の『日米韓の安全保障協力が重要だとして日韓関係改善への期待の表明』に対して、韓国の朴槿恵大統領は、日韓関係の改善が行われないのは、韓国のせいではなく、日本のせいであるとの認識を示し、毫も韓国側から日本と和解しようとする態度を示さなかったそうである。 そして和解でき…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日本政府は竹島問題を避けて通っている!!!

4日の産経のネット記事『(参考1)』によれば、新党大地の浅野貴博衆院議員の『韓国政府による竹島の実効支配強化』に関する質問主意書に答える次の答弁書、 『日本海の名称は、当該海域の国際的に確立した唯一の名称であり、韓国の主張に対して断固反駁(ばく)するとともに、国際社会に対し、日本の立場への理解と支持を求めてきている』を閣議決定したそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more