テーマ:社会

新聞という公器で個人攻撃は許されない

巨人が一部選手と、球団申し合わせの契約金の「最高標準額」を超えて契約を結んでいたことを、金額と契約選手の実名入りで15日の朝刊で報じた。恐らく、報道された選手は著しくイメージ゙ダウンを受ける可能性があり、巨人も球団として、ファンの心を傷つけ、その挙句は球団の不人気を招き、競技の成績に影響を生じかねない。明らかに、朝日は巨人に損害を与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇妙な「大阪都構想」? 日本の首都は東京のみでよい!!!

大阪市に弱冠40歳の大阪府知事が住んでいる。弱冠と云うのは昔は20歳で冠をかぶるようになった時の成年に達した男子のことを指した言葉であるから、これは一寸失礼かもしれない。この人は自分の住んでいる街の大阪市を、そして自分が知事を務める大阪府をも潰して、大阪都なるものを作ろうと言う。 何故、そのようなことをせねばならないのであろうか。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

混雑した場所は男子禁制の場所

どうも不思議なのである。女性の尻を触ったと云うだけで現行犯逮捕される。これではとても男性は、街を歩けないし、ましてや女性のよく立ち寄るスーパーや食品店などへはとても入ることができない。そして込み合ってい電車などにも乗れないと云うことになる。男女が密集した場所では男女が隣り合う確率が高く、勢い男性の手が女性の臀部に接近、あるいは接触す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荷が重かった! 女子柔道を引退する谷・参院民主党議員

民主党の谷参議院議員が、選手活動を引退するそうだ。この話で16日の新聞各紙は、大騒ぎである。朝日や産経は、共に第一面、スポーツ面と社会面を彼女の写真入りで、派手に「でかでか」と飾った。しかも第一面には小沢一郎氏と並んで握手している写真が出ていた。 谷参議院議員は、当時は民主党幹事長として、参院選を取り仕切った小沢一郎氏の懇請と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「心身疲労・限界の知事が何故国政に出馬できるのか?」について

「心身疲労・限界の知事が何故国政に出馬できるのか?」について 河野俊嗣・宮崎県副知事 85%もの立候補支持を得ながら、何故、東国原・宮崎県知事は立候補を辞退したのであろうか。筆者の前の記事でも述べたように、東国原氏なりの辞退の理由とその説明があった。実際には、このような県民の絶対的支持に従って立候補すると、向こう4年間は県知事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心身疲労・限界の知事が何故国政に出馬できるのか?

宮崎県の東国原知事は、宮崎県民の時期県知事の候補として、圧倒的に支持されていた。支持率が85%とか云うから、これはまた想像を絶する支持である。今まで、どこを探してもこのような高支持率をかち得た候補者はいないといっても過言ではなかろう。 ところが、テレビ朝日の報道『(参考)』によれば、そのご本人が、二期目の宮崎県知事には立候補しない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自民党の「影の内閣」の活躍に期待する!

21日の朝日のネット報道は、自民党の「影の内閣」のメンバーを内定したことを報じている。筆者はこの「影の内閣」メンバーについて、その職責、氏名、年齢、当選回数、世襲の有無(有りは○,無しは×)、政治家としての職歴、学歴について、纏めてみた。表の状態で示したかったのであるが、このような形になってしまったことをお詫びする。 (01)総理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

押尾被告の刑期は短すぎるのではないか?

話を聞いて実は大いに驚いた。押尾学被告にたいする裁判員判決が「懲役2年6月」の実刑判決であったからである。求刑は懲役6年とのことであったが、2年6ヶ月の判決となった。当初筆者は,日本では薬物所持だけで最大6年、さらに保護責任者遺棄致死の場合にも最大6年と聞いていたからである。両方の刑を併せても最大限12年は下るまいと思っていたからで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小沢前幹事長の『永住外国人地方参政権付与賛成』に反対!!!

民主党代表選に向け、小沢一郎前幹事長は8日、国会内で記者会見して種々のことに言及した。その中で彼は、永住外国人に対する地方参政権付与に関して、「私個人は認める方向でいいが議論が分かれているので、さらに議論する必要がある」と言及している。 小沢一郎氏は認めようとしているが、反対があって困っているという態度である。外国人地位方参政権付与に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野田聖子さんの妊娠をどう思うか?

自民党の野田聖子元郵政相(写真:産経新聞より借用(注)) そのようにまでして妊娠せねばならないか、あるいは妊娠したいのか、疑問である。しかも自分の卵子は排卵不能なのであろうか、他の女性の卵子をもらって、自分の彼氏の精子と体外受精させ、その受精卵を自分の卵巣に着床させて妊娠状態として成功し、15週目になったと云う。この人は野田聖子氏…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「植民地主義の清算を」日韓市民 都内で集会とは????

日本の植民地支配の問題について開かれた集会で、「日韓市民共同宣言」を読み上げる参加者=22日午後、東京都豊島区 47NEWSの22日の報道『(参考1)』によれば、22日、日本と韓国の市民グループが東京都内で集会を開き、日本の植民地支配による従軍慰安婦や強制労働などの問題について話し合い、日本政府に対し、被害者への謝罪や賠償を求めて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

原因不明で奇妙な仙台・高校教諭殺害

今時、このような事件が起きたとは、常識では考えられないおぞましことである。しかもそれが仙台市泉区という都市部で起きた。私立常盤木学園高校教諭、松本秀夫さん(当時56)は、3月に頭に大怪我がをして入院していたが、退院した4月30日に殺害された。 この殺害は、寿司店経営の梅原啓容疑者(27)と不動産会社役員松山哲士容疑者(38)によって、松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「靖国神社参詣を否定する」低劣な新聞報道に騙されるな!!!

17日の信濃毎日の社説は菅内閣が挙って靖国神社へ参詣しなかったことを褒め称える反動的社説を掲載している。長野県人には、このような社説が受け入れられる風土があるとするのならば、これは極めて重大なことであり、長野県人の良識を疑うものである。 筆者はこの記事を読んで、余りにもその反動的思考に呆れ果てた。恐らくはこれを書いた輩は、菅内閣の…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

中国による「仏党首靖国参拝」への批判は我が国への重大な中傷

14日、靖国神社を参拝したフランスの国民戦線)のルペン党首(中央) 今日15日の終戦記念日を前にして、14日に、外国のしかもフランスの政党の党首と副党首が靖国神社へ参詣した。長兄を靖国神社に合祀されている日本人として深い感謝の意を捧げる。しかも日本の首相が、A有戦犯が合祀されているというだけのことを理由にして、250万人もの戦没…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

A級戦犯は『何故』靖国に合祀されてはいけないのか?

8月15日の戦後65回目の終戦記念日に菅内閣の全閣僚が靖国神社を参詣しないそうである。前代未聞のことである。先の太平洋戦争までの大戦争で国のために犠牲となった246万余柱の戦死者の霊がまつられている靖国神社へ閣僚全員が参詣しない。国のために犠牲になった人々の霊を祀る施設に国の政府の責任者を始め全員が参詣しないと云う。一体、日本の国は…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

選択制夫婦別姓は数々の弊害を招く!!!

筆者の7月24日の記事 『(参考1)』にたいし、 yutakarlson 氏より選択制夫婦別姓に関するコメントがあり、それに対して筆者は応答コメントを書いた。これ等を次に示す。 ●yutakarlson 氏 こんにちは。選択性夫婦別姓に関しては、反対の声がかなりあるのに、導入するようです。これに関しては、アメリカでは法律では定め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県・防災ヘリ「あらかわ1」の墜落と5名死亡の現実

図1 山岳遭難事故・救助作業中に墜落の埼玉県・防災ヘリ「あらかわ1」 ここでは、『埼玉県・防災ヘリ「あらかわ1」の墜落と5名死亡』という2次災害の重大な現実に直面し、最初にこの防災ヘリ墜落の経緯を箇条書きで述べる。 ①遭難した女性を含む計9人のグループは7月24日から山に入った。沢登りが目的だったように思われる。グループ…
トラックバック:1
コメント:17

続きを読むread more

一体どうなっているのか?海老蔵・麻央の10億円豪華婚!

30日の毎日新聞の報道『(参考1)』によれば、歌舞伎俳優の市川海老蔵(32)とフリーキャスターの小林麻央(28)が29日、東京都港区の「ザ・プリンス パークタワー東京」で挙式・披露宴を行った。成田山新勝寺から史上初めて本尊の不動明王を持ち込んだ「御宝前結婚式」。約1000人が参列した披露宴では小泉純一郎元首相(68)らがあいさつ。麻央号…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

痴漢事件の幾つかは女性側の自意識過剰の思いこみ?!

最近、「痴漢無罪」になった事件の記事が新聞に載っている。その中で女性の尻に触ったとして起訴された2つの事件について考えてみる。これらの事件の詳細は、4月23日の朝日の記事 『(参考1)』と、5月24日の同じく朝日の記事 『(参考2)』に述べてある。いずれの場合も被疑者の男性は無罪になっている。 『(参考1)』の事件では、07年7月…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

各種ハラスメントで死亡被害者相次ぐ!!!

この頃、日本国内では、ドメステック・ハラスメント(Domestic Harrassment)、すなわち夫が妻に対する、あるいは親が子供に対する暴力の行使が盛んに行われているというのは、常識になってしまった。そしてこれ以外にも、混雑した電車内などで男性が女性に対して行うセクハラ、すなわちセクシュァル・ハラスメント(Sexual Har…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

この頃の日本人には独自開発・独自経営の気概が無くなってしまった!!!

一体、日産自動車というのはどういう会社なのか、首を傾げざるを得ない。確かこの会社は日本の会社のはずであるが、その会社経営のトップである社長が日本人ではない。フランス人である。そしてまた不思議なことに、この社長が、年間9億円近い年収を得ている。しかも筆頭重役の志賀トシユキ氏と言えども1億円に満たない年収である。 ところが日本国内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「「宮崎・口蹄疫の大拡大」は国や宮崎県の危機管理の欠如!!!」について」について

「「「宮崎・口蹄疫の大拡大」は国や宮崎県の危機管理の欠如!!!」について」について 貴殿(itukyuu氏)の言われる『政治主導に逆らう官僚は、更迭&排除の憂き目が眼前と成れば、<遅れず・出すぎず・仕事せず>が行政の保身術。当然の帰結。』は正に至言だと思います。民主党の若い政治家よりも、それを専門とする官僚の方がはるかに実情を知り、実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国の安全補障を否定する『社民党』には激しい嫌悪感を抱く!!!

筆者は、敢えて、我が国の安全保障を完全に無視し、鳩山政権の日米合意の成立と普天間基地の辺野古移設を露骨に妨害阻止しようとする社民党は、我が国、『日本』の敵である。この際、日本国民は断固として、社民党を排除せねばならない。 と主張したくなる。 筆者は実はこのような激しい言葉は使いたくはない。しかし最近の福島党首や、その他の社民党幹部…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

触らぬのに触ったでは、只では済まされぬ!

筆者は生まれてこの方、母親や姉妹、妻、娘を除いては、異性の体へ触ったという経験はないし、触ろうとした経験もない。だから他の男性の大部分も、筆者と同じだと思うのである。しかし中には、そうでない人も存在しうることは事実である。そしてそれが男性に限られるということも、男性にとって不名誉な事実である。性本能については、男性が能動的で、女性が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盗撮、要注意!至る所で目が光っている!

この頃は、携帯電話の性能と機能が急速に進んで、近辺の被写体の映像を自由に取ることが可能になった。そのために、これまでにはなかったような「盗撮」という犯罪が起こるようになった。4月23日の朝日の記事『(参考1)』 は、JR西日本の40歳の課長代理の職員が、同じJRに乗車中、隣席の23歳の女子大生のスカート内を撮影したというのである。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

負の面から視た最近の小沢言語録について

民主党の小沢幹事長は、5月 7日、宮崎県を訪問した。元々は『民主党の選挙協力要請』のためであったらしい。しかし口蹄病が発見されてから1ヶ月以上経ったその時期、東国原知事としては、選挙どころでは無かったのではないかと思われる。そして、この時期、選挙の目的だけであれば、小沢氏は宮崎県を訪問することを中止すべきであった。小沢氏の不見識さが如実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人への発給ビザの緩和に異議あり!!!

NHKの18日の報道によれば、政府は中国向けの観光ビザの発給を大幅に緩めうそうである。そのための新たな発給要件は、①中国国内での犯罪歴がないこと、 ②大手クレジット会社が発行するゴールドカードを所有する程度の年収があること、 ③中国政府や企業の中堅幹部を務めていること などで、これらを満たせば、家族にもビザが発給され、年収が6万元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宮崎・口蹄疫の大拡大」は国や宮崎県の危機管理の欠如!!!

クリックして拡大 筆者の記事『鳩山民主党内閣の大失態、宮崎・口蹄疫の大拡大!!!』で述べたように、17日の段階では口蹄疫で殺処分になる牛豚は8万5000頭と言われていた。それが1日経った18日には11万4177頭に増加した。(参考1)に示す宮崎日日新聞がこれを報じている。1日で2万9000頭の増加である。その感染力の強さが窺われる…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

鳩山民主党内閣の大失態、宮崎・口蹄疫の大拡大!!!

4月9日に、宮崎県で、畜産農家の 牛1頭に口腔びらんの症状が発見されてから、昨日の5月17日に至る29日の間に牛や豚の口蹄疫が見る間に広がった。昨17日の段階で殺処分対象の牛と豚は、8万5000頭を超え、国内最悪の被害状況となった。以前にはこのような大量感染が広がったことはなかった。いずれにしても、最初の口蹄疫の発見が遅れたことと、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more