テーマ:憲法

村山元首相の「憲法改正に反対する集会」出席は問題!

村山富市元首相 2ヶ月前の少し古い話になるが、7月2日の産経の記事『(参考1)』によれば、村山元首相が「憲法改正に反対する集会」で講演し、「村山談話の見直し」の動きに反対し、牽制したそうである。恐らくは、憲法改正に反対する立場の演説の中の延長線上で語られたものであろう。 しかし今頃、憲法改正に反対すること自体が常識外れで、時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[民間憲法臨調の緊急提言]・・・・報道するのは産経のみ?

5月3日の憲法記念日に、 「二十一世紀の日本と憲法」有識者懇談会(通称 民間憲法臨調)が緊急提言を行った。しかしこれを報道した新聞は産経新聞だけであった。筆者は、マスコミの憲法改正への熱意不足にひどく驚いたものである。この提言尾全文が5月3日の産経の記事『(参考1)』に示してある。この記事は、国家の主権を守り、国民の安全を確保するた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

憲法改正案・検討の至急 開始を!!!

5月3日の憲法記念日に、各党が会見御必要性を訴えて見解を発表した。 朝日新聞の3日の記事『(参考1)』によれば、 憲法記念日にあたり、各党は3日付で談話を発表したことを報じている。その主なものを挙げてみよう。それらを整理すると次のようになる。①民主党:緊急時の人権保障、危機管理、国と地方の協力の3点を挙げ、「憲法論議を豊富化させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法・前文は、平和への安易な思い込み!

新年早々ではあるが、たまたま日本国憲法の本を眺めていた。年の初めということもあり、先ずは日本国憲法の前文から眺めることにした。戦後、日本国憲法が新たに制定された時の考え方の基本が書いてあるように思えたからである。 ご参考までに、日本国憲法の前文の文章を、『(参考1)』に示す。 筆者は、この前文の文章で、次の3つの文章を取…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

憲法審査会は、一体、何時始まるのか?

先に、筆者の記事『憲法審査会の早急な始動を渋る民主党・菅政権? (作成日時 : 2011/05/03 09:00) 深山飛水の思いつくまま日記(http://mikitogo.at.webry.info/201105/article_5.html)』で、次のように述べた。今日・平成23年(2011年)5月3日の憲法記念日に当たり、与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「憲法9条の改正が必要である理由」について」について

「「憲法9条の改正が必要である理由」について」について 『「憲法9条の改正が必要である理由」について』で、筆者の記事『憲法9条の改正が必要である理由 (作成日時 : 2011/05/05 06:51) 深山飛水の思いつくまま日記( http://mikitogo.at.webry.info/201105/article_9.htm…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「憲法96条」の改正を目指す超党派議員に声援を送る

筆者は、最近の記事『憲法審査会の早急な始動を渋る民主党・菅政権? ( 作成日時 : 2011/05/03 09:00) 深山飛水の思いつくまま日記(http://mikitogo.at.webry.info/201105/article_5.html)』で 大震災からの復興に尽瘁せねばならない現在、憲法改正などに取り合っておれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法9条の改正が必要である理由

戦争放棄は美徳であるかもしれません。確かに世界的視野からすればそうかもしれません。しかし、他国を侵略しようとする現実が存在する現在、一国のみがそれを掲げていても、無意味です。日本のみが一方的に戦争を放棄しても、相手が戦争を仕掛けてきたらどうするのでしょうか。降伏して侵略を許すのでしょうか。 我々は国を守るための武力行使まで排除…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「「朝日・本社世論調査の『9条改正反対』を憂える!!!」について」について

「「朝日・本社世論調査の『9条改正反対』を憂える!!!」について」について 当方の記事「朝日・本社世論調査の『9条改正反対』を憂える!!!」にご着目いただき、ご意見を賜ったことに深謝いたします。 貴殿の貴重なご意見に対し、折り返し、下記に、当方の見解を差し上げたく存じます。 ①「憲法改正は国民の自衛思想が必要に迫られな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝日・本社世論調査の『9条改正反対』を憂える!!!

2日の朝日新聞のネット報道『(参考1)』は、憲法9条を「変えない方がよい」が59%で、「変える方がよい」は30%だった。ことを伝えている。未回答の11%を両方に比例配分しても、 『9条を「変える方がよい」』:『9条を「変えない方がよい」』=30%:59%   (1) が、 『9条を「変える方がよい」』:『9条を「変えない方がよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

憲法審査会の早急な始動を渋る民主党・菅政権?

今日・平成23年(2011年)5月3日の憲法記念日に当たり、与野党が、談話を発表した。(参考1)がこれを報じている。この報道によれば、①自民党は、憲法改正案への国民の賛同を図るための国民投票法((参考2)参照)が施行されているにもかかわらず、憲法審査会への始動すら行われない民主党の怠慢を非難している。 ②公明党も、民主党の始動への…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

議員世襲制批判を支持する憲法上の根拠-「公共の福祉」

筆者は、4月21日の記事 『議員世襲制は差別・格差尊重社会の象徴 !!! (作成日時 : 2009/04/21 14:12 )』で、現在の日本の政治の運営体制を見ていると、親が政治家でなければ、その子弟の政治家への道、さらには大臣への道は、ほぼ不可能に近いという、一種の階級差別が存在するように見える。これでは、政治家を志す有為の人材…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

憲法記念日にあたり、改正・反対の議論相次ぐ!!!

図1 某C国の推定侵略ラインの進行予定 新憲法、日本国憲法は、昭和21年(1946年)11月3日に公布され、翌昭和22年(1947年)5月3日に施行された。したがって昨日の憲法記念日は、新憲法の施行から62年目ということになる。(参考1)によれば、永井荷風は、新憲法発足の昭和22年(1947年)5月3日に、「雨。米人の作りし日…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「集団的自衛権」の早期・実現を!!!

筆者は、先に記事(参考1)で、次のように述べました。 現在のSM3やPAC3のようなミサイル撃墜装置は、それぞれ100kmと数10kmの射程しか持っておりません。これでは甚だ心細いと思います。できれば、相手が弾道ミサイルを打ち上げると同時にこれを撃破するシステムの開発が必要だと思います。米国は予算の関係上、このための研究を断念すると…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

憲法審査会の可及的速やかな開催を!!!

憲法改正の動きは古くからあった。(参考1)に基ずいて、その経緯を箇条書きにしてみる。 (1)1955年(昭和30年)7月11日に、『自主憲法期成議員同盟』が発足した。 (2)この同盟を中心とした改憲の動きは、1980年代後半に一時低迷した。 (3)改憲の動きは2000年代に入り、再び活発化した。 (4)自民党は2005年に『新憲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「憲法9条を守る会」とは何を守る会なのか?

最近、「憲法9条を守る会」が全国津々浦々に結成されているそうである。しかも地域や職場という小さな単位で作られているそうである。 一体、憲法9条の何を守ろうと言うのか。憲法9条の中身も検討しないで、もっとはっきり言うと、憲法9条という名前だけにつられてこの会に参加する人が多いように思える。 そもそも現在の憲法が、米国占領軍の米…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

領海空侵犯、領土侵略、国民拉致は何故起こるのか?

領海空侵犯はどれ位、発生しているのか、筆者はよくは知らない。しかし日本本土全体に張り廻らされたバッジ・システムは、レーダー・サイトの超遠距離レーダーによって捕捉された日本国籍ではない軍用機(戦闘機、爆撃機、偵察機など)を補足すると、2機の戦闘機をスクランブル発進させると聞いている。そしてこれらの戦闘機は相手を追跡するだけで攻撃するこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more