テーマ:慰安婦

韓国と断交ともなれば、受けて立つべし!

ここのところ、韓国には、日本に接近し、友好を保とうとする意図は全く無い。これまでの状況を見ていると、接近するどころか、敢えて遠ざかる道を選んでいる。根拠の無い慰安婦問題を恰も真実であるかに尾ごとく捏造し、竹島、も自国領土だと言い張る。このような国家を日本人はしんようすることはできないし、信用してはならないし、信用しようとしてもい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「慰安婦問題・時効が無い」とはどう云うことか?

韓国憲法裁判所長、朴漢徹(パク・ハンチョル)氏 韓国の憲法裁判諸の所長・朴漢徹(パクハンチョル)氏が、米国のハーバード大ロースクールに招聘されて、日本非難の講演を行ったと言う。『(参考1)』の読売新聞の記事や、『(参考2)』の朝鮮日報がそれを報じている。この講演には、次の点で重大な懸念事項が潜んでいる。それは、(1) このようなデ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦問題に関し、『朝日』の心からなる反省を求める!!!

報道機関の重要な役割は、正確な情報を、出来るだけ正確に、かつ出来るだけ早急に、一般の人々にに伝えることである。そして報道の内容には、報道機関の、あるいはその報道機関に属する記者の、独自見解が入れられることは、避けるべきである。 報道される内容は、正確でなければならない。ところが独自見解なるものは、正確性に関して問題がある。時と…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「一体、どこに世界的正義があると言うのか?」について

「一体、どこに世界的正義があると言うのか?」について 筆者の丁度2年前の記事 『一体、どこに世界的正義があると言うのか? 作成日時 : 2011/10/15 10:59深山飛水の思いつくまま日記』は、有りもしない日本の『慰安婦』が取り上げられ、実際にあった韓国による『ベトナムでの婦女子への目に余る暴行』は無視される。これでは国連の…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

『慰安婦』が事実かのように拡大伸張を図る『朝日』の狂乱!!!

嘗て朝日が歪曲した慰安婦資料 13日の朝日新聞の第一面トップの記事の目的は、明らかに、従軍慰安婦の問題を、朝鮮半島だけではなく、東南アジアにも存在することを仄めかせて、一挙に拡大を図かろうとしている。 朝日新聞は、日本政府や国民の大多数が忌避し、縮小と解消を計る『慰安婦問題』と云う『韓国を中心とする一大偏見』を、アセアン方面…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

国連で証拠不確実な慰安婦問題で日本を攻撃するのは国際犯罪!!!

FNNの12日の報道によれば、カンコクガ国連の委員会で、今年も慰安婦問題を取り上げ、日本伊謝罪と賠償を要求したそうである。国連の事務総長が、韓国人尾バンギブンであることもあってか、彼らは、いかにも 威勢がよく、自信過剰である。国家韓の出来事を、しかもその事件自体が極めて不確かな証拠不十分な出来事を、事実として世界に吹聴する。実に嫌な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国政府と米軍が韓国人元慰安婦を利用したと言う事実

半年以上前の報道になるが、今年の1月8日の米ニューヨークタイムズ(電子版)は、韓国の元慰安婦のグループが、①1960年代から80年代にわたって、米兵との性的行為を強制されたとして、当時の政府指導者に謝罪と賠償を求めた、 ②当時、組織的な慰安施設の設置に直接的に関与したとして、米軍と韓国政府をあわせて告発した、ことを報道している。 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

『慰安婦の真実』についてもっと知ろう!!!

日本人が知っておくべき慰安婦の真実 このまま放っておくと、韓国のデマ宣伝によって、韓国によってでっち上げられた『日本軍による慰安婦の強制性』が一人歩きし、これが真実であるかのごとく、世界に信用され、日本人及び日本の将来に禍根を残す。我々、日本人は、このような謂れのない中韓、特に韓国による嘘によって、多大の損害を受けることになる。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

慰安婦問題への思い切った日本女性の取り組み!

「中国・韓国の常軌を逸した嫌がらせによって、普通の日本人も『これはおかしい』と気づきはじめた」と訴える大高未貴氏 =東京・永田町の参議院議員会館(注)  16日の産経新聞によれば、 「慰安婦の真実」国民運動(加瀬英明代表)が10日、参議院議員会館で記者会見し、騒動を泥沼化させた根源といえる「河野談話」の撤廃を求める署名3万8…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

看過できない米サンフランシスコ市議会による慰安婦非難!!!

22日午後、大阪市役所での定例記者会見する橋下徹大阪市長 (参考1)に示す時事ドットコムの報道によれば、22日午後、橋下徹大阪市長は、大阪市役所での定例記者会見に臨み、大阪市と姉妹都市の米サンフランシスコ市の氏議会への公開書簡送付を発表したそうである。橋下市長は、旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐる自身の一連の発言を非難する決議を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国連事務総長としては不見識な潘基文氏発言

国連事務総長の潘基文氏は2日、横浜市での朝日新聞の取材に応じ、旧日本軍の慰安婦を「必要だった」などとした日本維新の会の橋下徹共同代表の発言や釈明について「国際社会は納得しない」と批判した。日本の政治家による靖国神社参拝にも懸念を表明。日中韓の共生のためにも「過去の歴史への正しい理解」を求めた。そうである。しかしこの行為と発言内容につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国人の誇りを傷つけないように重々注意せずばなるまい!

橋元市長が、どんな罪科があると言うのか。慰安発言で大阪市政を混乱させたと言うのが、大阪市議会の自民、民主系、共産の3会派の見解らしい。 しかし、橋元市長は、特に全く間違った見解を述べた訳ではない。確かに「戦時中の日本軍に慰安婦が必要だった」と述べた点は、慰安婦の「強制性」を否定する立場からすると、違和感があるが、何も大阪市政を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋元市長とlの会見をドタキャンする自称・韓国慰安婦の嘘!!

24日の日テレの報道によれば、旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する一連の大阪市・橋下市長の発言について、橋下市長との面会を申し入れていた元慰安婦の韓国人の女性2人が、24日の面会をキャンセルした。そうである。 彼女らには、旧日本軍に慰安婦が存在したことを認め、かつそれが必要であったことを主張する橋元市長の真意を質し、そして、日本に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

橋元発言への批判、何もそこまでしなくても?

いかにNGOと言えども、日本のNGOが先んじて、橋元批判をしなくてもよいのではないかと、考えrつのである。どうやら彼らは日本人であると言うことよりも、NGOの一員であると言うことが、彼らの生き甲斐であり、日本人であると言う誇りよりも、NGOのメンバーであると言う誇りの方が優先している表に思える。 もし日本人であれば、戦争中の慰安婦…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

慰安婦非難ばかりでなく、原爆投下を当然とする韓国メデイア?

最近、米国による日本に対する慰安婦問題に関する非難が続いている。これは韓国による米国内での組織的運動が功を奏している証拠でもある。韓国は官民上げて、米国内で特に上下両院お議員に対しては、金の礫を投げまくっている。米国民程、金に弱い国民はないと言う弱点を突いた韓国の戦略である。 更には米国は、恐らくは、日本で原爆を使って、一挙に…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

米国は慰安婦問題で我が国に対しひどく感情的

米サキ報道官 米国は、余りにも感情的になり過ぎている。大阪市長・橋元氏の全体の発言を見ないで、『当時慰安婦は必要だった』という発言だけを採り上げて、その他の橋元氏の発言に聞く耳を持とうとしない。実は聞いてはいるが、その他の文言には注意を向けると米国や韓国にとって差し障りがあるために、最初の文言だけで、聞く耳を持つに足りないという態…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「橋元発言が、何故、米政府の怒りを買ったのか?」について

「橋元発言が、何故、米政府の怒りを買ったのか?」について 橋元大阪市長は、最初、戦争中、日本軍が慰安婦を使っていたことを、肯定して見せた。 安倍政権による日本政府が、慰安婦の存在について、その強制性はなかったと云う表現で、慰安婦の問題をはっきりとは肯定しない方針であるのに、これに反する発言をした。さらには、戦争中…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

橋元発言が、何故、米政府の怒りを買ったのか?

それにしても奇妙な出来事である。 日本政府は、元々、慰安婦問題に関しては、その強制性がなかったことや、第一、慰安婦制度が実在したかどうかについても、触れることに忌避感を持っている。ところが、橋元・大阪市長は戦時下の慰安婦の存在を肯定して見せた。その肯定にどれだけ根拠があるかは 知らない。この意表を突いた橋元氏の主張に米政府は驚い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

橋元氏は、慰安婦問題で、韓国や米国の矛盾を突くべきであった!

日本維新の会・橋下、石原両共同代表の慰安婦等をめぐる一連の発言 (注) ここのところ橋下大阪市長が、『戦時中の軍に、慰安婦が必要であった』などと発言して、各方面から集中攻撃を浴びている。彼はこの発言によって、戦時中の日本軍に慰安婦がいたことを正当化しようとしているように見えると同時に、慰安婦の存在をあからさまに認めようとしている…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

自虐史観の放送会社は国にとって害である!

筆者は、3月10日の当ブログ記事『慰安婦問題で政府を攻撃する急先鋒の辻元議員? (作成日時 : 2013/03/10 11:53 http://mikitogo.at.webry.info/201303/article_9.html)』の中で、3月8日の午前の衆院予算委員会での民主党の辻元清美氏が、菅官房長官や安倍首相に対し、慰安…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦偽り報道は取り締まらねばならない!!!

7日の産経新聞は、橋下大阪市長が、自分のツイッター上で、①従軍慰安婦問題も、日韓基本条約で法的な賠償問題は解決済みであるにもかかわらず、韓国に配慮せよと朝日新聞は言い続けている」 ②「日本国は謝り続けろ、アジア諸国に配慮しろ、傷つけた相手には配慮しろ、いつも言っているじゃないか。自分たちのことでも実践せよ」などと改めて謝罪を要求した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦問題で政府を攻撃する急先鋒の辻元議員?

安倍晋三首相=8日午前、国会・衆院第1委員室 8日の読売新聞の記事『(参考1)』によれば、当日午前の衆院予算委員会での民主党の辻元清美氏の質問に答えて、安倍首相は、河野談話」について「静かな場で見識を持った歴史家、専門家が議論すべきだ。(今ここで)首相として見解を示すべきでないと答え、さらに菅官房長官は、この問題を政治問題、外交問…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「指導者が変わっても日韓のデリケートな問題は変わらない!」について

「指導者が変わっても日韓のデリケートな問題は変わらない!」について 筆者は、最近の記『指導者が変わっても日韓のデリケートな問題は変わらない! (作成日時 : 2013/03/07 11:40) 深山飛水の思 いつくまま日記 』の中で、彼女(朴槿恵(パククネ)大統領は、第二の「漢江の奇跡」を招こうと言明しており、また前述したように、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

指導者が変わっても日韓のデリケートな問題は変わらない!

6日の産経と朝日の両新聞は、共に、安倍首相が、韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領と電話会談を行ったことを報じている。詳しくは、(参考1)と(参考2)の記事を参照されたい。 この会談で一致したのは、●未来志向の両国関係の構築、 ○両国は重要な隣国同士で重要なパートナー、 ○国連安保理の北朝鮮制裁決議の早期採択に、』緊密協力、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦とは、日本に集るための韓国の道具である!!!

ナヌムの家 ソウル近郊には、元日本軍慰安婦と称する女性らが共同生活をする「ナヌムの家」と言う家があるそうである。ナヌムとは「分かち合い」を意味し、共同生活を送る上で、この心構えが必須であることから、名付けられた名称なのであろう。ウイキペデイア『(参考1)』によれば、その数は数名であると言う。それが、4日の朝日デジタルの記事『(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河野洋平氏は韓国に国籍変更してはどうか?

14日の時事ドットkムの記事『(参考1)』によれば、河野洋平元官房長官は、14日、訪韓して朴槿恵次期大統領に会った後に、韓国の大衆相手に講演して、「自国の価値観を強要した歴史的事実に真摯に向き合い、明確な反省をすることなしに、何も始まらない」と激白したそうである。ここで云う自国とは、日本のことである。いかにも韓国の国民にたいし、ひ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「我が国」は、国連人権理を中心に”慰安婦の疑い”を排除せよ!!!

慰安婦の疑いを排除せよ 13日のYOMIURI ONLINE の報道『(参考1)』によれば、国連総会は12日、国連人権理事会(理事国47か国)のうち、今年12月末に任期を終える18理事国の改選を行い、日本や米国、韓国などを選出したそうである。 韓国が当選したのは、あるいは国連事務総長が、韓国籍のバンギブン氏であるから当然おことで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本による慰安婦問題否定活動を嫌う米国の不思議?

確かに河野談話は軽率だったと思います。絶対、確実で信頼性100%の情報ではないものを根拠にしたこと、韓国側の執拗な懇願に負けたことなどが、後々まで災いとなって残りました。 河野洋平氏には、その外交感覚に、なにがしの問題点が潜んでいたように思えます。交渉相手に、強く出れないという気の弱さが滲んで見えます。例えば、サンフランシス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦問題について不思議でならないこと

慰安婦の嘘を許すな 慰安婦問題について、不思議でならないことがある。それらを箇条書きにしてみよう。 . ①朝日新聞の功罪 慰安婦の強制性を、大々的に宣伝した朝日新聞の功罪が、厳しく批判されているにもかかわらず、この新聞は謝罪どころか、なおかつ同じ論調を変えない。 ②慰安婦強制性の政府否定を公表しない理由 慰安婦につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮日報による『慰安婦』に関する意図的誤報!!!

7月9日付の朝鮮日報の記事『(参考1)』は、クリントン米国務長官が最近、国務省高官から日韓両国の歴史について報告を受けた際、旧日本軍の従軍慰安婦について「性奴隷」との名称を使うべきだと指摘し、具体的には「慰安婦という表現は間違っている。強制的な日本軍の性奴隷だった」と言った と報じた。しかしこれは誤報であることが、判明した。7月10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more