テーマ:独り言

「「永田議員を回る騒ぎについて」について」について

「「永田議員を回る騒ぎについて」について」について ITUKYUU様 TB有難うございました。貴殿のご意見に賛成です。 今日は,永田委員の会見がおこなわれるそうですが,この会見で,永田議員は (1)根拠のないメール文書を十分の裏付け調査無しに採用したこと, (2)民間人を中傷し,不利益を与えたこと, (3)議会の議事の審議を…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「戒告もあれば辞職もあり。永田議員の運命は? 」について

「戒告もあれば辞職もあり。永田議員の運命は? 」について 町人思案橋様 TB有難うございました。 貴殿のブログ 「永田議員の今後の進退問題」 の中で,「永田議員によるメール質問問題で,国民が彼のお間抜けぶりをオモチャにして楽しく遊びました」とありますが,別段そういうことはなかったと思いますよ。マスコミが煩く騒ぎ立てただけだという気…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「永田議員を回る騒ぎについて」について-その1

「永田議員を回る騒ぎについて」について 小山内翔龍様 TB有難うございました。 貴殿のご意見中,「彼は単なるスケープゴートだ。つまり利用されたのである。….<中略>…… この程度の人間が日本の政治家の質なのかと思うと国民の一人として情けない。その政治家を選んだのは国民であるから我々も責任の一端は免れないのだ。」にたいし, 永…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

永田議員を回る騒ぎについて

このBlogは,「本当に中国は脅威ではないのか?」へのコメントにたいする返事のコメントではありますが,内容は,タイトルのような内容になっております。 眠り姫 様 コメント有難うございました。 永田議員は例のメールの信憑性の詰めについては,確かに甘かったかもしれません。一時ノイローゼ状態になられたそうでお気の毒でした。マスコ…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

中国の言論抑圧について

最近の記事(例えば06/02/17のA新聞)の中で,「中国には,国家に危険をもたらしたり,国家の機密に係わる事項を漏らしたりする行為を規制するための法律があるそうである」という文章を見た。ネット上の規制に係わる報道記事に関連してこの一文があった。 中国ならずとも,これは,至極当然のことである。国防に係わる,さらに防諜に係わる法律は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に中国は脅威ではないのか?

先に,筆者のBlog「「中国の軍備拡張は脅威以外の何物でもない !! << 作成日時 : 2006/02/09 21:23 >> http://mikitogo.at.webry.info/200602/article_17.html 」」 で, 中国の脅威について主張した。これに対し,2-3の方からト…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

海自極秘暗号データの流出 !!

今朝(06/02/23AM09)のNHK報道によれば,海上自衛隊の極秘暗号データが一隊員のパソコンから,Wilyなるソフトによって,インターネットを通じて流出した との報道があった。別のB放送の番組でも同じ報道がなされた。 この報道によって強い衝撃を受けた。小生のBlogで防諜の重要性を何度も指摘しているが,どうやら,国全体の,ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国向け情報けサービスと米政府の対応

先に,小生」のBLOG 「2006/01/25 19:09 中国,世界的情報機関への規制に介入か?(http://mikitogo.at.webry.info/200601/article_46.html)」 の中で, 世界的情報産業であるGoogleが中国の国内で中国語の検索サービスを始めるに当たって,「台湾独立」「天安門事件」など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衆院議員資産公開とは?

衆議院議員の資産が公開された。平均約5,000万円の資産だそうである。自己申告制であるから,実際にはこれを上回る資産であるに相違ない。最高が17億円の資産であり,HY兄弟合わせて26億円にもなるそうである。 正にこれは,近頃騒がれている日本の格差社会を表す代表例である。議員である特定の人が,何故このような莫大な資産を持つに至ったか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

呆れ果て腹に据えかねたA新聞の「私の視点」について

06年02月16日付けのA新聞の「私の視点」に,「靖国問題 大切な被害者感情の重視」という論説が載った。著者は弁護士でN.T. と言われる余り聞いたことのない人であった。中国の上海にも法律事務所を開設しているそうだから非常に有能な人なのであろう(実は読んでゆく内に似非弁護士だという気がしてきた)。 写真からすると50代位の人と思わ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「「中国の軍備拡張は脅威以外の何物でもない !!」について(その1)」について

「「中国の軍備拡張は脅威以外の何物でもない !!」について(その1)」について ITUKYUU様 TB有難うございました。 大筋で,貴殿のお考えに賛成です。 なお,脅威に対抗する私見を申しますならば,下記の5項目を挙げたいとおもいます。 1. 軍事的脅威に対抗しうる軍事能力を持つこと。 相接する二国間で,一方が覇権主義的国家で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「中国の軍備拡張は脅威以外の何物でもない !!」について(その2)

「中国の軍備拡張は脅威以外の何物でもない !!」について 浅田如風 様 トラックバックしていただき有難うございました。 貴殿のお説の通り,日本を取り巻く国際情勢は日本に有利に展開しているとは言えません。 北の隣国であるロシアは,北方4島は自国のものと主張し,日本の国民感情などは全く無視した態度をとっています。それどころか, サハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中国の軍備拡張は脅威以外の何物でもない !!」について(その1)

「中国の軍備拡張は脅威以外の何物でもない !!」について ITUKYUU様 TB有難うございました。 貴殿のご意見は貴重なご意見として拝聴させていただきました。 下記に小生の意見を述べさせていただきます。 A)中国経済は,資本主義形態と共産主義形態のアンバランスのために,近く崩壊するとのことですが,現実には貿易額でも外貨準…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

「「続「極悪非道の北朝鮮には徹底した経済制裁で!!」」について」について

「「続「極悪非道の北朝鮮には徹底した経済制裁で!!」」について」について 小山内翔龍様 TB有難うございました。 貴殿のご意見に大よそ賛成いたします。 如何に,小山内氏のご意見を「….」で,筆者の意見をその下部に述べます。 「北朝鮮が拉致の問題は解決済みと主張するなら,両国に係わる過去の問題もすべて解決済みということになる…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

[この2,3日,特に心配することは?」について

「この2,3日,特に心配することは?」について チキソ様 TB有難うございました。お返事が遅れ申し訳ありません。 貴殿は,北朝鮮の国民の悲惨さを評して「北朝鮮の内部事情は悲惨そのものである。人々は飢え、女は中国人などに売られ、子供は捨てられ、上流層も覚せい剤などの麻薬に溺れる始末」と言われておりますが,2,000万の人口の中で,こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「続「極悪非道の北朝鮮には徹底した経済制裁で!!」」について

「続「極悪非道の北朝鮮には徹底した経済制裁で!!」」について 小山内翔龍 様 お返事が遅くなりましたが,TBをいただき,有難うございました。 確かにこれ以上待っても,問題は解決には向かわないでしょうね。日本側は,先方は今後も交渉する余地があることは認めたようですね。外務省はそれに対して期待を残している向きもあるようですが,これ以上,…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

続「続「2月6日テレ朝ワイドスクランブルでのRN氏発言」」

続「2月6日テレ朝ワイドスクランブルでのRN氏発言」について,つぎのようなコメントが寄せられました。 東郷様: ASSF氏と同時代の人間として、私はその感じ方は良く分かります。 然し、東郷様は、老人にはそういう感想も有るかと思って聞き流していらっしゃれば、それでよいのです。 ASSF氏もRN氏に対して不快の念を持っている点では、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

A新聞社説「麻生発言 外交がとても心配だ」について

今朝(06年2月11日)のA新聞の社説「麻生発言 外交がとても心配だ」について物申したい。 便宜上,同社説の内容について,各文節ごとに意見を述べたい。 ”かつて日本は朝鮮半島や台湾を植民地にした。しかし、それは必ずしも悪いことではなかった。麻生外相はそう言いたくて仕方がないかのようだ。先週末、福岡市での講演で、日本が戦後のアジ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この2,3日,特に心配することは?

この2,3日,韓国と日本との間の動きに大きな動きが見られた。 2月4日,谷垣財務大臣と韓国のハンドクス財政]経済相との間で,通貨危機時に外貨を融通し合う協定の基本合意が行われた。日本の150億ドルにたいして,韓国は50億ドルだそうである。150億ドルと言ううと1兆8000億円である。しかも韓国の3倍である。こんなアンバランスな協定…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

中国の軍備拡張は脅威以外の何物でもない !!

米国防総省は,最近,「4年ごとの国防計画見直し」(QDR)を発表しました。その中で,中国の軍事力が突出しつつあることを強調おります。 中国は,秘密裏に,その軍事力を,着々と増強かつ近代化しつつあります。ある地域での軍事力のバランスが崩れかけた時,そこに脅威が発生します。 中国は, (1)大量破戒兵器である核兵器の増強, …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

続「極悪非道の北朝鮮には徹底した経済制裁で!!」

小生のBlog「極悪非道の北朝鮮には徹底した経済制裁で!!」に対し,SleepingPrincess氏(仮名)より,次のコメントが寄せられました。 北との交渉で平行線とはあり得ない。 平行線というのは 共に動いて生まれる線。 北に動く気があるかといえば 『無』 日本が期待して点の横を グルグル回っているだけでは・・・。…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

極悪非道の北朝鮮には徹底した経済制裁で!!

2006年02月08日00:14 TBS報道によれば,「日朝協議4日目の7日は,午前の安全保障協議に続き,午後は2回目となる拉致問題についての話し合いが行われましたが,議論は平行線のままであった」そうである。  日本側は、2回目にわたる拉致協議で, (1)生存者の帰国, (2)拉致実行犯の引き渡し を繰り返し求めたが北朝鮮側…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

続「2月6日テレ朝ワイドスクランブルでのRN氏発言」

昨日,2月6日付けの小生のブログ「2月6日テレ朝ワイドスクランブルでのRN氏発言」にたいして, ASSF(仮名)氏より,次のようなコメントが寄せられました。 この記事を読んでの私の正直・率直な感想を述べると、(以前から思っていた事だが)、東郷様は、学校では成績がよく、近所の人には、「あの人は良い人」と言われる人だと思います。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2月6日テレ朝ワイドスクランブルでのRN氏発言

今日の11:25からのテレビ朝日の放送「ワイドスクランブル」の中でのコメンテータRN氏の発言に違和感を感じた。 4日から始まっている日朝交渉に関して,RN氏がコメントされた言葉の中に,「日本側からすれば,拉致問題解決が第一目標であるかもしれないが,先方からすれば,日本がこれまでやって来たことについて,色々言いたいことがあるのではな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「「「小泉さん・武部さん間違っていませんか?」について」について」について

「「「小泉さん・武部さん間違っていませんか?」について」について」について 川村けんと 様 TB有難うございました。 国民に対し世論調査がなされたということですが,どのような方法でなされたのでしょうか。明らかにして欲しいものです。 なお,貴殿のご意見は,林道義先生(元東京女子大学教授)のお考えに基ずくもので,おおよそ次のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「A新聞社説「発言はもう控えては」について??」について

「A新聞社説「発言はもう控えては」について??」について 快投乱打な雑記帳 様 TB有難うございました。 「皇位継承問題は国民の間でもっと議論せねばならない」というのは,当然のことではないでしょうか。 政府はもっと分かりやすく,国民に説明すべきであって, 何故それをせずに,皇室典範の改正を急ぐのでしょうか。男系天皇,男性天…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「続「過去をムシカエシテ申し訳ありませんが」」について

「続「過去をムシカエシテ申し訳ありませんが」」について イブサム様 TBをいただき有難うごじました。 貴TBの中に,「私も、NK氏が謝罪していた事を知りませんでした。」 とありますが,この件については,2月4日付けの小生のBlog NK氏の政治犯釈放要望書に係わる「謝罪」について をご覧下さい。 2002年10月2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NK氏の政治犯釈放要望書に係わる「謝罪」について

最近,小生のBlog「過去をムシカエシテ申し訳ありませんが!!」の中で, 辛光洙を含む「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」なる嘆願書が,1989年に大韓民国 盧泰愚大統領 閣下宛てに,日本国国会議員一同によって提出され,その中に国会議員である社民党のTD氏や民主党のNKしが含まれていたこと記述しました。 それにたいしていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「日朝協議再開に対し」について」について

「「日朝協議再開に対し」について」について 小山内翔龍様 TBをいたただき,貴重なご意見を有難うございました。お返事が遅れ申し訳ありません。下記にお答えいたします。 「北朝鮮へ過去の精算金を払うぐらいなら拉致被害者やその家族に払ってやる べきです。」について ご意見に賛成ですが,[精算金を払わない]と言うと,交渉にならない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国は台湾をどうしようと言うのか?

1月30日,米国務省は,「台湾の独立を支持せず,中国,台湾の,いずれによる一方的な現状の変更にも反対する」との声明を出し,陳総統の独立志向に釘を刺したそうである。 さらに,「海峡両岸の市民相互利益のため,北京と台北に実質的な両岸対話を実現するよう促す」として中台対話を呼びかけたそうである。 しかし対話をするからには,両者対等…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more