テーマ:国際

国連のルールを踏み躙る潘基文・事務総長

「抗日戦争勝利70年」記念行参加の国連事務総長バンギブン氏 この潘基文(パンギムン)なる人物は、国連の事務総長に選ばれる前は、韓国の外交通商相であった。その当時から、日本に対する非難攻撃の急先鋒であった。彼は『竹島は韓国領土であり、日本海は「東海」だ』と主張し、それを世界に吹聴した。彼は、国連事務総長に赴任してからも、この態度は変…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

南シナ海における中国の悪行

図1 南シナ海で各国が主張する主な海域 図1は現在までにアセアン諸国の中で、中国、フィリッピン、ベトナム、マレーシャ、ブルネイ等の各国が自国の領有として主張する各海域を示す。各国が入り乱れて、利権獲得を主張し、特に中国が常識を絶する海域を自国領土として、所謂,『牛の舌(または9段線)』海域として、想像を絶する海域を領有しようとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連事務総長の対ドイツ戦勝70周年記念式典出席?

国連事務総長の対ドイツ戦勝70周年記念式典出席 5月9日にモスカの赤の広場で「ロシアの対独戦勝70周年記念式典」開催された。式典には、中国の習近平国家主席が参加したが、欧米主要国(米英仏独伊)の首脳は欠席した。 戦後、70年も経っていながら、過去の戦争での勝利を祝うという試みは、勝利した側にすれば、快いものかもしれないが、負…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国人権問題容認を批判される潘基文・国連事務総長!!!

筆者は昨年の記事『(参考1)』で、潘基文・国連事務総長が中国の人権問題に関して、極めて寛大であることを、次のように述べた。潘基文氏は、2010年11月1日、北京で胡錦濤国家主席と会談した。国連の人権委員会では世界各国の人権問題を取り扱っており、国連総長ともなれば、世界の人権抑圧への監視と警告、阻止には大きな責任があるはずである。にもかか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「国連までノーベル平和賞・授賞式に欠席とは狂っている!!!」について

「国連までノーベル平和賞・授賞式に欠席とは狂っている1!!」について 筆者の先の記事『国連までノーベル平和賞・授賞式に欠席とは狂っている1!!』の中で、中国の脅迫的説得工作の効果であろうか、劉暁波氏(54)に対する今年の平和賞授賞式典を欠席すると伝えてきた国が、19か国に上り、それらの国々は中国、ロシア、カザフスタン、キューバ、モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連までノーベル平和賞・授賞式に欠席とは狂っている1!!

受賞者不在のノーベル平和賞 読売新聞の7日の記事『(参考1)』は、ノルウェーのノーベル賞委員会は7日、中国の民主活動家・劉暁波氏(54)に対する今年の平和賞授賞式典を欠席すると伝えてきた国が、19か国に上ったことを明らかにした。  中国政府は同式典に出席しないよう他国に要請していた。出席を表明した国は44か国で、2か国はまだ回答…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日米合同演習によって何が得られるか

最近、韓国j』東岸の黄海寄りの海域で、米原子力空母「ジョージ・ワシントン」が主導して、米韓両国海軍の合同演習が行われたばかりであった。これは北朝鮮にたいする牽制であった。 今回、また、3日から、自衛隊と米軍による日米共同統合演習(実動演習)が、日本各地の基地と周辺の空海域で始まったそうである。3日の産経の記事『(参考1)』は、8日…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「「はやぶさ」,イトカワへ着陸!! おめでとうございます!!」について

「「はやぶさ」,イトカワへ着陸!! おめでとうございます!!」について 筆者は、5年前に、記事 『「はやぶさ」,イトカワへ着陸!! おめでとうございます!!』で、「はやぶさ」は,05年8月15日に地球から3億キロの距離にある小惑星イトカワの撮影に成功した。 その後,「はやぶさ」は(05年9月に)イトカワへの着陸を試み,今回,05…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北沢俊美防衛相の犯した過ち

ここでは北沢防衛相について筆者の感じている点を述べる。年齢72歳としては、よく頑張っている政治家ではあるが、2~3、苦言を呈したい。と云うのは、この人の残した実績は次に引き継ぐ人の規範となり得るからである。 (1)北澤俊美防衛相の行政能力に関する疑問 北沢防衛相には、普天間基地移設問題に関して、数々の発言のぶれがあった。鳩山首相…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国への日本の「フィンランド化」は絶対に避けねばならない!!!

最近、米国の軍事評論家、ロバート・カブラン氏の論文『"体制維持こそ重要” 崩れつつある米の対中戦略』が、フォーリン・アフェアーズに掲載された。産経は、その概要を、論説副委員長・高畑昭男氏が5月15日付けで紹介している。それを、『(参考1)』に示す。さらに『(参考2)』の5月19日付けの産経の正論では、田久保忠衛氏が、ロバート・カブラン氏…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日章旗、中国旗と共に掲げる五月かな?

日本館の日章旗と中国旗(注) 上海万博会場の日本館に初めて日章旗が掲げられたそうである。如何に中国の上海であろうとも、万博の会場である。そして、またその会場内の日本館の会場である。そこに日章旗が掲げられていないということを報道で聞いて、これは奇妙なことであると思っていた。日本が国外に置く在外公館には治外法権が適用される。しかし中国…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「天安」の沈没は「北朝鮮潜水艦の魚雷攻撃」

筆者は先の記事『韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没原因は北の魚雷攻撃か?(2010/05/17 13:48)東郷幹夫の思いつくまま日記(http://mikitogo.at.webry.info/201005/article_22.html)』の中で、3月27日の演習中の韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没は、北朝鮮の艦船の魚雷攻撃によるものと断…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

我が国・領域を侵害する中国に抗議できない日本政府!!!

筆者は、先の記事『「我が国EEZライン内で中国船に追跡される海保艦船???」について』の中で、中国外務省の副報道局長・姜瑜という女の5日の返答は、無礼極まるものであった。彼女は、例によって、胸を張って、 「活動は完全に正当で合法だ」と語った。殺してやりたい位に生意気な発言だ。それだけでも許せないのに、彼女はますます胸を張って、 「東シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「我が国EEZライン内で中国船に追跡される海保艦船???」について

「我が国EEZライン内で中国船に追跡される海保艦船???」について 前回の筆者の記事『「我が国EEZライン内で中国船に追跡される海保艦船???』の中で、4月にも、9日と24日ごろ、日本の海自の艦船にたいして、中国の艦載ヘリが50mという高度まで接近して、横暴な脅迫行為を繰り返した。そして極めて危険であったようである。しかも彼らの艦隊1…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

我が国EEZライン内で中国船に追跡される海保艦船???

<図1 海保測量船を追跡した中国船> <図2 EEZライン> <図3 奄美大島周辺> <図4 日本周辺排他的経済水域> <図5 公海等> 今日4日の47NEWSの報道 『(参考1)』 によれば、海保の測量船「昭洋」が、3日に海底調査中、図1に示す中国の…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

憲法改正への動きの高まりを期待する!!!

5月18日には、「憲法改正手続きを定めた国民投票法」が完全施行になるそうである。日本国憲法は昭和21年11月3日に公布され、昭和22年(1947年)5月3日に施行された。公布後63年経って憲法改正が可能となった。問題は、日本国民に憲法改正を行う意欲があるかどうかと云うことである。 昭和20年8月15日の昭和天皇によるポツダム宣言受…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

我が国EEZライン内を演習海域とする中国海軍の傲慢!!!

24日の朝日新聞の報道『(参考1)』 は、次のように伝えている。中国海軍の艦隊が今月上旬、沖縄本島と宮古島間の公海を通過した問題で、中国国防省の黄雪平報道官は23日、「公海上での正常な訓練は国際法にかなっており、世界共通のやり方だ」との談話を新華社通信を通じて発表した。  中国海軍のヘリコプターが海上自衛隊の護衛艦に接近したことに…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

万博テーマソングまで盗作とは、呆れる知的所有権無視!!!

中国の著名な作曲家・繆森氏が作曲した上海万博のテーマソング「2010年があなたを待っている」が、シンガー・ソングライターの岡本真夜(36)氏の1997年のヒット曲「そのままの君でいて」に酷似しているそうだ。当の繆森氏は「部屋を歩き回り、足でリズムを取りながらインスピレーションを得て、この曲を作曲した」と言っているそうだ。 如何に著…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

拉致「大きな問題とは思わない」は云い過ぎである!

3月31日、ワシントンで語る黄・元北朝鮮書記(注) 北朝鮮から韓国に亡命した北朝鮮政府の元書記・黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)氏が米国を経由して来日し、4月4~8日の間、日本に滞在した。その間、家族会の人々と面会し、中井洽・拉致問題担当相とも面会した。 彼は、北朝鮮で書記であった当時、拉致について知ってはいたが、関与してい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国政府の人権無視と鳩山政権の弱腰

今日の午前中、赤野光信氏の死刑が執行された。この報道を聞いて、筆者は同じ日本人の、外国での悲業の最後を思い、涙が止まらなかった。まだ65歳の若さである。余りにも早い死、それも強制的な処刑である。日本政府はこれを救おうとはしなかった。そして中国は、日本に少しの遠慮もしなかった。 犯した罪は、中国にとっては重いかも知れない。しかしその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人気回復に首相官邸へ韓流スターを招く愚!!!

鳩山由紀夫首相夫妻と並ぶ俳優、イ・ソジン 鳩山首相の幸夫人が、韓国の俳優、イ・ソジンさんと母親らイさんの家族を、3月17日に、首相公邸での夕食に招いて、手作りの料理などでもてなしたそうである。鳩山首相も、夜、このパーテイに参加したそうである。幸夫人は宝塚出身の元俳優であるからタレントや芸能人が好きで、鳩山首相が首相になる前から、有…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

鳩山左翼政権の持つ十悪を見逃して良いのか?!!

現・鳩山民主党政権の政策には、色々な問題点を感じる。それらを列挙してみよう。 ①外国人地方参政権付与の法案を通したがっている、 ②選択的夫婦別姓の法案を通したがっている、 ③日本領土を守る認識に欠けている、 ④防衛省への取り組みが間違っている、 ⑤支援母体が、自治労や日教組で閣僚に組合出身が多い、 ⑥憲法改正への取り組み…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

緊急時の核持ち込みを認める岡田外相の発言!!!

昨年、民主党が政権を取ってから半年が経っている。それ以来、民主党政権は、日米間の核密約について暴きたてることに「憂き身を窶して」きた。筆者は、昨年の7月以来、この問題について、(参考1)に示す見解を主張して来た。筆者の見解は、今さら核持ち込みの密約を暴き立てても無意味であり、むしろ積極的に核持ち込みを認めて、非核二原則を採用すべきである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の対日不信は募るばかり、まともな新政権に交代を!!!

藤田幸久氏(59歳、K大・文卒、民主党・参議院議員、党国際局長)が、ワシントン・ポスト紙の記者に雑談で話した内容が、同紙の8日付の社説に取り上げられた。同紙は、 藤田氏が、『2001年9月11日の世界貿易センタービルの倒壊と火災を含む米同時テロが、テロリストが乗っ取った飛行機の衝突によるものではなく、「株取引のもうけを狙った陰謀」による…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

国連による「高校無償化の朝鮮学校除外」への非難は内政干渉!!!

随分と訳の分からない「ふざけた」物言いをするのが、国連という所らしい。(参考1)の朝日新聞の26日のネット記事によれば、『国連の人種差別撤廃委員会は25日、『突如として、実に突如として』日本の人権状況を審査する会合をジュネーブで開いたそうである。 確かに、日本に依然として残る「部落差別」の問題などが取り上げられた。日本の部落差…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

国際救助機構Oxfamへの中国の圧迫は許せない!

(参考1)に示すように、2月24日の北京発AP電は、次のように述べている。中国政府は、「国際救助機構Oxfamの香港支部に、秘かに政治陰謀を持つ疑いがある」として、この機構がキャンパス内で同調者の募集活動をするのを禁止し、さらにこの機構との接触を避けるように、全国の学校に通達したそうである。 中国・教育省発行の勧告書によれば、「各…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

問題山積の外国人地方参政権付与をゴリ押しする狂気の鳩山政権?

外国人地方参政権付与は民主党の第一の党是であるようだ。したがって民主党の政策集には、はっきりと掲載されている。しかし民主党は、去年の衆議院選挙では、外国人地方参政権付与の問題はマニフェストから外した。これはこの問題で選挙民による民主党への嫌悪感が増し、選挙が不利になることを慮って、国民の目を欺瞞するためであった。ところが選挙が終わっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本にとって危険な危険な地方参政権付与!!!

民主党は、何と言っても、永住外国人に地方参政権を与えることを、党の第一の方針にしています。これは実は大問題なのですが、国民の多くがその重大さに気付いていません。永住外国人は、それ程、参政権が欲しければ、日本国籍を取得すればよいのです。彼らは、例えば韓国・国籍を持ったままで、日本の参政権を得ようとしています。この法律が成立したすると、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

近視眼的で偏向的な琉球新報・社説

2月1日の琉球新報の社説『台湾武器輸出 軍拡の連鎖招く暴拳だ』(詳しくは(参考1)を参照されたい)は、著しく近視眼的で、偏向した記事のように思える。 この社説は、初めに、『中国の外務次官が早速「強烈な憤慨」を表明、米中関係に「深刻な否定的な影響を及ぼす」と警告した。予定された米中次官級の戦略安全対話見送りや武器売却に関連した米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山首相、南京を訪問して、中国国民に謝罪とは?

中国政府が、最近、鳩山首相が南京を訪問し、南京事件について中国国民に謝罪すいるように要請した』との仏紙フィガロの報道を時事通信が伝えている。その記事は『鳩山首相の南京訪問要請か=中国主席の広島入りも-仏紙 (2010/01/05-22:54) 時事通信(http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/20100…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more