テーマ:国際

北方四島問題に係るヤルタ協定を顧みる!!!

ヤルタ会談(左からチャーチル・ルーズベルト・スターリン) 1945年2月4日から11日までの8日間にわたって、ソ連のクリミア半島のヤルタ市で、F.ルーズベルト(米)・チャーチル(英)・スターリン(ソ連)によって、第2次世界大戦の戦後処理に関して、首脳会談行われた。これが ヤルタ会談である。(参考1)によれば、その概要は次のと通り…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

国際司法裁判所で裁かれて当然の金正日!

金正日 国際司法裁判所 今朝の朝日新聞のネット報道 『(参考1a)と(参考1b)』は、日本人拉致に当たって、金正日総書記がそれを指導したことが、日本政府の調査で分かったことを報じている。 日本人の拉致は北朝鮮の公安が行ったことであり、公安は金正日直属の機関である。公安の行為を金正日が知らないはずはない。公安は金正日の指…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

まるで出鱈目、落第の鳩山首相の参院所信表明演説!!!

29日の午前中の参議院・本会議で鳩山首相は所信表明演説を行った。その概要は(参考1)に示す日経の記事によって明らかである。しかし衆議院の場合と同様に、その演説の表現が抽象的で具体性に欠け、かつ曖昧である。 鳩山首相は、「日米同盟は日本外交の基軸だ」と述べた。彼は敢えて「基軸」という用語を使っている。「基軸」という言葉は、「基本…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

護衛艦くらまと韓国コンテナ船衝突の別の理由

筆者は先の記事 『護衛艦衝突防止強化だけでなく、防衛体制強化を! (作成日時 : 2009/10/28 16:38) 東郷幹夫の思いつくまま日記 』の中で、海自護衛艦「くらま」と韓国コンテナ船「カリナスター」との衝突について次のように述べた。これを衝突原因(Ⅰ)と呼ぶことにする。韓国コンテナ船「カリナスター」の前方に別の船があったことは…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

護衛艦衝突防止強化だけでなく、防衛体制強化を!

前方破損の「くらま」(注) コンテナ船「カリナスター」(注) 27日夜、北九州市沖の関門海峡で護衛艦「くらま」と韓国のコンテナ船「カリナスター」とが衝突事故を越した。(参考1a)と(参考1b)のネット記事がこれを報じている。昨年、東京湾でイージス艦「あたご」と漁船が衝突し、漁船が沈没するという事故が起きた。このときは、漁…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日中間の微妙な相違と報道の信頼性

会談前の鳩山首相と胡錦濤・中国国家主席(注) 1ヶ月前の話になるが、9月21日夜(日本時間9月22日午前)、ニューヨークで行われた日中首脳会談の模様を、朝日新聞と中国の人民網日本語版が報道している。それぞれの内容を、(参考1)と(参考2)に示す。この内容は双方で大きな相違がある。「日中首脳会談」という同じ対象を扱っているのにもか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊の国際貢献への主体的判断可能な法整備を

25日、菅副総理は、鳩山首相の代理として相模湾での自衛隊観艦式に出席し、護衛艦「くらま」の艦上で訓示した。そしてその訓示で、『わが国の主体的判断と民主的統制の下で、(自衛隊を海外に派遣し、) 国際社会の平和と安定に(積極的に)貢献していくことを望む』と述べたそうである。 この訓示について、敢えて言及すれば、これまでの自衛隊の海…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

岡田外相の「天皇陛下のお言葉」発言の波紋?

ネット報道『(参考1)~(参考4)』の記事を引用して、岡田外相の「天皇陛下のお言葉」発言の経緯を纏めると次のようになる。 岡田外相は23日の閣僚懇談会で、 『国会開会式での天皇陛下のお言葉について「陛下の思いが少しは入ったお言葉がいただけるような工夫ができないか考えてほしい』と述べ、お言葉の見直しを宮内庁に促した。 こ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北京外語大の女子大生、外国語教育批判で退学

「外語大・強制退学」となったシャネルさん この女性はまた勇気のある女性だ。北京外語大という名門大学でドイツ語を専攻しながら、卒業を前にして強制退学になった。自分のニックネームをブログ上で「香奈尔」と名乗るこの女性は、そのブログで、中国の外国語教育を批判した。それが問題視されて大学当局から退学処分を受けた。おそらく大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国に「言論の自由」確立は困難?!

中国は共産党一党独裁専制による、しかも人民解放軍の基に支配統括された国家であり、国民の人権が著しく抑圧され、無視された非民主主義国家である。そして中国がそうであることは、『60年前に、中国が無法に侵略奪取したチベットと新疆ウイグルに対して、今なお続いている民族浄化や漢民族への同化政策という圧政』によって実証されている。 一方で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船舶貨物検査等、国際公約を果たせぬ政権の存続は無意味!!!

民主党政権は、北朝鮮の船舶が国連の安保理で禁止する貨物の輸出入を監視することに極めて不熱心である。まるでやる気がない。困ったものだ。 そもそも、この問題には次のような経緯がある。今年(2009年)5月25日の北朝鮮の核実験に伴い、今年の6月13日、国連安保事は北朝鮮に対し、これを非難し、強い内容の安保理決議第1874号を、全会一致…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

まさかウイグルまでも国内問題とは言えまい!!!

 亡命ウイグル人組織である「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長が読売新聞と、21日、都内で記者会見した。同女史は、鳩山新政権にたいし、 ①7月の中国・新疆ウイグル自治区の暴動への厳しい対応、 ②現地への調査団派遣、 ③人権問題の担当者任命 などの積極的対応を取るよう求めたそうである。これについては(参考1)の読売新聞…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

核先制不使用の宣言は危険!!!

岡田という人は、また何と融通の利かない人なのであろうか。「核廃絶以外に、核兵器先制不使用の考えを米国に要求する」ということが、彼の頭にこびり付いているのだ。「日本政府が核の廃絶を訴えていながら、米国には核兵器先制不使用を訴えないのはおかしい」というのが、彼の主張である。彼は、この主旨の演説を、18日、京都市で行っている。これについて…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

国際線の基幹空港・成田こそハブ空港!!!

国交相に申入れ書を手渡す小泉・成田市長 前原国交相は12日、大阪府に赴き、橋下・大阪府知事と会談した。前原国交相はこの会談で、 (1)2010年10月に再拡張される羽田空港について、24時間空港化された国際的拠点空港(ハブ空港)として優先整備する、 (2)国内線は羽田空港、国際線は成田空港とする「内際分離」の原則も廃止し、両空…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

羽田より成田を国際ハブ空港に推奨する理由

筆者の最近の記事 『羽田の国際ハブ空港化は一極集中を助長する! (作成日時 : 2009/10/13 04:34 ) 東郷幹夫の思いつくまま日記(http://mikitogo.at.webry.info/200910/article_13.html)』にたいして、次のようなコメントが寄せられた。千葉には色々と込み入った事情というのがあ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

羽田の国際ハブ空港化は一極集中を助長する!

成田国際空港 羽田の国際空港化は米国高官の一言で決まった。東京が首都であり、羽田が東京の中にあるということは、日本政府と往来の盛んな米国高官にとっては好都合である。しかしこれは、ただでさえ東京一極集中が問題視され、首都機能が地方へ分散されることが主張されたことに逆行するものであった。どうやら東京に一極集中させようとする陰謀は、当時…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

オバマ大統領のノーベル平和賞受賞の意味するもの?

10月9日、米国のオバマ大統領はノーベル平和賞を受賞した。その授賞理由が、(参考1)の朝日新聞のネット記事(参考1)に示してある。その受賞理由を列挙してみると、 ①大統領としての立場で、国際政治の中で新たな機運を作り出した、 ②国連やその他の国際機関の果たし得る役割を主張したおかげで、多国間外交は、中心的な位置を取り戻した、…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

断じて許せぬ!! 「中国の北朝鮮への経済援助」

5日、握手する温家宝首相と金正日総書記 中国の温家宝首相は、4~6の3日間にわたって北朝鮮を訪問した。首相自ら北朝鮮を訪問するのは、北朝鮮にたいする最高の儀礼である。6日に行われる中朝国交60周年の祝賀行事に出席することを表面上の理由として、実際には、この訪問で中朝間で重要な交渉が行われた。 温家宝首相の訪朝の背景には、最近…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

これでいいのか?閣内・完全不一致のインド洋給油問題!!!

民主党・政権の中で、我が国の外交と防衛・安全保障の問題が、未だに明確になっていない。 (参考1)の7月26日の日経の記事を参照にすれば、選挙前には、当時、幹事長であった岡田克也氏はインド洋での自衛隊の給油活動への対応について「政権を取れば、派遣の場合、国会事前承認のための法改正もできるし、必要な修正を加えて給油活動の延長を認めるこ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

中川元財務相の突然の死を悼む!!!

中川昭一・元財務相は、4日の午前8時に、ベッドの上で亡くなっているのが、同氏の夫人によって発見された。56歳であった。余りにも早い死である。新聞報道によれば、夫人が前日の3日午後9時に帰宅した折には眠っていたように見えたそうである。実際に近くで、それが確認されたのかどうかは分からない。恐らく確認されなかったのではないだろうか。警視庁…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

2016年五輪、東京誘致に失敗!リオデジャネイロに決定!

落選に滅入る五輪招致委メンバー(注) コペンハ-ゲンで開催中の2016年五輪開催地を決定するためのIOC委員会は、10月3日早朝2時(日本時間)にブラジルのリオデジャネイロに決定した。第1回の投票でシカゴが最下位で落選し、東京は二回目の投票で 落選した。今回の開催地投票では、米国のオバマ大統領夫妻が現地に赴き、最後の招致活動や演…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

何でも内政問題にしたがる中国政府!!!

9月21日、鳩山・胡 会談 日経新聞の報道 『(参考1)』は、ニューヨークでの9月21日の鳩山首相と胡主席の会談について述べている。それによれば、鳩山首相は、『チベット問題は中国の内政問題』として理解を示したそうである。恐らくは、胡錦濤・国家主席が、鳩山首相が民主党幹事長の時に、ダライ・ラマ14世と会見したことを気にして、この理解…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岡田外相に好意を示す中・韓の報道?

中国や韓国メディアによる9月上旬の岡田氏評が、(参考1)の毎日新聞の記事に述べてある。 それはそのはずである。彼は媚中派であり、かつ媚韓派であるからだ。 このブログ記事で何度も書いてきたが、かつて台湾の要人が岡田氏に面会を申し込んだところ、「私は台湾は中国領土と考えているから」と言って、にべもなく断ったのは有名な話である。これは田中…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

東アジア共同体・構想は中国の思う壺!!!

朝日新聞の9月23日の2面で、東アジア共同体に関する次の記事を発見した。同じ記事がネット上に発表されていると考え、隈なく探したが、見当たらなかった。下記に示すものは、その記事を手動入力したものである。題目:東アジア共同体中国が歓迎姿勢   【北京=坂尻健顕吾】中国外務省の姜瑜(Jiang Yu)副報道局長は22日の定例会見で、鳩山首相…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

鳩山・オバマ会談の問題点

9月23日午前、握手するオバマ米大統領と鳩山首相(注) 鳩山首相は、9月23日午前、ニューヨーク市内のホテルで、オバマ大統領と約30分間会談したことを、(参考1a)と(参考1b)に示す朝日新聞の記事が伝えている。この会談は先ずは日米両首脳の信頼関係の構築が目的であろうから、詳細な話し合いはできなかったことは事実である。しかし短い…
トラックバック:10
コメント:2

続きを読むread more

北の安全の保証は「核放棄」と「人権尊重」の両方である!

北朝鮮は米朝二国間協議で、核放棄の見返り条件として、現体制の保持を条件としていることは、すでに、筆者の記事『米国は北朝鮮の「核と人権」の包括的解決を!(作成日時 : 2009/09/18 16:48 ) 東郷幹夫の思いつくまま日記 (http://mikitogo.at.webry.info/200909/article_9.html…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

地方参政権付与の実現に反対する!!!

民主党は今回の衆議員選挙で、民団の絶大な選挙支援を受けているはずである。民団がそこまで民主党に肩入れしたのは、民主党の主張する「永住外国人には地方参政権を賦与する」という政策を実現してもらいたいからである。しかし民主党は選挙直前になって、「地方参政権付与」の項目をマニフェストから外した。日本国民の反発を招くことを恐れ、得票に響くことを警…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

核密約の暴露よりも非核2原則の確立を!

民主党政府がどうしても日米間の核密約を暴き立てたいという。(参考1)の朝日の記事はそれを書き立てている。 一体、民主党政府は何をしたいと云うのか。 日本政府は、非核三原則の中で、「核を持ち込ませず」と言いながら、日米安保条約にしたがって、「米国の傘の下に入る」ことを米国に懇願し、米国もこれを認めた。その結果、日本に核が持ち込まれ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

民主党の隠された不当な政策に強く反対する!!!

今回の衆議院選挙で発表された民主党のマニフェストは、選挙民の関心を引くための宣伝文であり、選挙に不利になるようなことは何も盛り込まれていない。選挙民にとって、良い事ずくめのマニフェストである。要は選挙民を、いかにして騙し、欺くかを主眼とした美辞麗句を羅列しただけに過ぎない。良い事ずくめの政策などは、誰でも書ける。最初から嘘を承知で、選挙…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

民主党政権では、日本の将来が不安である!!!

今日30日は投票日ですが、マスコミが、挙って報道する民主党有利の結果が出るのでしょうか? しかし民主党の政策には受け入れ難い多くの政策があります。 「在日外国人地方参政権付与」については、すでに党内で一致を見ているようですが、許し難い政策です。 外交・安保などで民主党の政策を押し通そうとすると、挙句の果ては、日本は米国との間で…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more