テーマ:危機管理

まさかの場合の待機メンバー?

塩崎恭久氏 1月31日の読売新聞の報道『(参考1)』は、高市自民党政調会長が、塩崎恭久自民党政調会長代理のパーティーで、塩崎氏が政調会長代理の席に就いたことについて、『自分、すなわち高市氏の力量を、安倍首相が心配した結果でsあろう』という趣旨の発言をしたことを報じている。 確かに塩崎恭久氏は、古くから、安倍首相とは、入魂の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国資本の日本国土買収を防ぐ抜本対策を!!!

水源地や森林地が外国に買われた都道府県 未だに全国の水源地や森林地、場合により市街地が外国、特に中国に買われている。北海道などは、相当ひどい状態のようである。 たとえ自分の土地であったとしても、そしてそれが僅少であったとしても、外国籍の人間に土地を売却することは、日本国土を外国へ売り渡すことであり、厳に慎むべきであると考える…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「岩盤浴の遭難は、当然、起こりうること!!!」について

「岩盤浴の遭難は、当然、起こりうること!!!」について 玉川温泉の雪崩現場 筆者は先の記事「岩盤浴の遭難は、当然、起こりうること!!!」で、 (1)岩盤浴場と旅館との距離が1kmと推定した。宿泊施設の危機管理は不可能の距離にあったのかもしれない。 (2)岩盤浴場の上方にある続きの斜面にある積雪と山の斜面との接触部は岩盤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩盤浴の遭難は、当然、起こりうること!!!

玉川温泉岩盤浴 報道(『(参考1)』)によれば、昨日の1日夕方、秋田県仙北市の玉川温泉で、岩盤浴をしていた温泉客の3人が雪崩に巻き込まれて死亡した。 死亡した客は、秋田県仙北市の齋藤譲さん(59)、横浜市の草皆悦子さん(63)、東京・中野区の升川容子さん(65)の3人であった。3人とも60歳前後の男女で、平均寿命からは、はる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

菅内閣不信任案は是非とも可決されるべきである!

自民・公明両党は双方、協力して、早期に『菅内閣に対する不信任決議案』を提出する予定である。29日のNHKの日曜討論会で、自民党の逢沢国会対策委員長や公明党の漆原国会対策委員長がこれを表明した。 そして日本共産党、みんなの党、立ち上がれ日本はこれに賛同した。これに対し民主党と国民新党ははっきりと反対を表明し、社民党は賛否の表明を保留…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「韓国閣僚の竹島訪問」等に報復手段を示して強く抗議せよ!

25日の深夜のNHKの報道『(参考1)』によれば、松本外務大臣は、 ①韓国のペク・ヒヨン女性家族相が、島根県沖の日本海の竹島を訪問したこと、 ②韓国の国会議員3人が北方領土の国後島を訪問したこと、 について、韓国に抗議したそうである。 抗議の方法は、韓国のクォン・チョルヒョン駐日大使を外務省に呼び、直接、口頭で抗議をする…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

政府は、福島第一原発への対応で『政治主導・不可能』を露呈した!

これまでのところ、3月11日の東日本大震災発生の翌日の3月12日に関しては、福島第一原発の1号機への東電の処置は下記のようなものであると考えられていた。 ここで、東電側の行動を○印で、菅首相側の行動を●印で示す。 (1)○東電は、午後6時以前は、真水を使って炉心冷却を続けていた(筆者推定)。 (2)●菅首相は、午後6時に、炉心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の閣僚までが竹島を訪れる愚?

いよいよ韓国が竹島について奇妙な行動をとり始めた。それは(参考1)に明らかである。 韓国の閣僚までが奇妙な行動をとり始めた。自分の領土ではなく、日本の領土であると言うのに、飽くまでも、自分の領土だと言い張る。これを、彼等は講堂で示した。韓国の女性家族相が25日午後に竹島を訪問したと云うのである。こんぉような事を許しておくと、竹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「国歌斉唱で起立しない教員は免職」は当然のこと」について

「「国歌斉唱で起立しない教員は免職」は当然のこと」の中で、 元々、国旗掲揚や国歌斉唱の時に起立するのが当然である。それに対して違和感を感じること自体が、戦後60年間の日本国民への教育が歪んだものであったことを意味する。特に日教組の教員による教育の内容、教育に対する考え方が間違っていた。 この教育の間違いに対する責任は、日教組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高度人材・導入のための外国人優遇措置など全く不要!!!

産経の25日の報道『(参考1)』は、 法務省が専門的な技術や知識を持つ外国人(高度人材)を対象に、本人・配偶者の親や家事使用人の帯同、配偶者の就労制限を緩和するなどの優遇措置をまとめたことが24日分かった。政府が新成長戦略で掲げた「優秀な海外人材を引き寄せる」との方針に従う措置だが、専門知識のない外国人の入国を野放図に拡大する恐れが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ここで逃げたら末代までの名折れ、頑張って下さい、班目先生!

限りなくゼロに近いゼロであっても、ゼロで無いことは確かである。だから、原子力安全委員長である班目(まだらめ)春樹・東大教授は、『再臨界の可能性は、ゼロではないが、限りなくゼロに近い』か、あるいは、『再臨会の可能性は、限りなくゼロに近いゼロである』と言うべきであった。しかし多くの、しかも緊急時の政治家諸君は、無学である上に慌てふためいてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真面とは思えない細野首相補佐官らの誤った発表

衆院東日本大震災復興特別委で答弁する原子力安全委員会の班目春樹委員長=23日午後(産経) 23日の産経の報道によれば、福島第一原発の1号機への海水注入を巡る問題で、政府・東京電力統合対策室が、注入中断の判断材料となったと主張する班目春樹・内閣府原子力安全委員会委員長の発言内容の記述に、大きなミスがあることを、安全委』側が指摘し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力安全委員会の班目春樹委員長は全く辞任の必要はない!

衆院で答弁する原子力安全委員会・班目委員長(産桂) 国民新党の亀井代表(産経) 原子力安全委員会の班目春樹委員長が何故辞めなければないのか、全く分からない。斑目氏の 辞任を主張しているのが事もあろうか、国民新党の亀井代表である。その理由は、 (1)亀井氏に内閣府の原子力安全委員会の委員長である斑目氏を止めさせる権限は全くない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相の重大な一言

参院予算委員会での菅直人首相【20日午後、国会・参院第1委員会室で】(注) 21日の産経の報道『(参考1)』によれば、3月11日の東日本大震災発生の翌日の3月12日に、福島第一原発の1号機の全炉心溶融(メルトダウン)の被害を拡大させたのは、菅首相の一言が被害を拡大させたとの疑いが出ているそうである。 筆者は、念のために、『(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

民主党・菅政権の『人権侵害保護法案』の目指すもの

民主党には、「人権侵害救済に関する法律」を作ろうという考えがある。(参考1)の「民主党の政権政策Manifesto」には、それが明記されてはいないが、(参考2)の「民主党政策集INDEX2009」はそれに触れている。この法案は、民主党が目玉とした「子供手当」、「高校無償化」や、提案して散々問題になった「外国地方参政権付与」や「夫婦別…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「北朝鮮の拉致総数17万人とは!」について

「北朝鮮の拉致総数17万人とは!」について 最近の傾向として、拉致問題に関する日本人の関心は薄くなっているように思えます。それは拉致問題がなかなか解決しないのが、原因だと思います。 熱しやすく、冷めやすい我が国の国民は、拉致問題解決には飽き飽きして来ているのでしょう。筆者はこれまで何回となく拉致問題に関して、記事を書いてきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災に係る台湾への熱き思い!!!

『阪神淡路大震災』は1995年(昭和60年1月17日の午前午前5時46分52秒、兵庫県南部で発生した。マグニチュード7.3の大地震で、死者:6434人、行方不明:3名、負傷者43,792名を出した。村山内閣の時であった。 『台湾大地震』、俗に云う『921大地震』は、台湾時間の1999年9月21日1時47分18秒(日本時間2時4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県民の本州移住を計画してはどうか?

先の筆者の記事「降って湧いた「地獄に仏」の『普天間・嘉手納統合案』!!!の中で、菅政権は2006年の日米協定を再確認して、普天間基地の辺野古移設を押し通さざるを得ない状態にある。しかし沖縄の了解を得ているかと云うと、未だに仲井間県知事らの厳しい反対に遭っている。このように日本側が、極めて苦しい実情がある。交渉の当事者にとっては、早く片付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の拉致総数17万人とは!

13日の共同通信の記事『(参考1)』によれば、米国の民間組織「北朝鮮人権委員会」が、12日、日本人拉致問題などに関する報告書を公表し、 ●北朝鮮に拉致された外国人の総数は最多で計18万人に上る、 ●拉致被害者や拘束中の人がいる日韓意外に、米国、中国、タイ、ルーマニアなどが連携する、 ●北朝鮮に対して、これらの国が協力して、完全…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

福島第1原発事故の原因・責任の解明のための調査委員会を国会に設置か

12日の共同通信のネット記事『(参考1)』によれば、自民党は11日、福島第1原発事故の原因や責任を解明する調査委員会を国会に設置する独自法案を議員立法で今国会に提出する方針を決めた。政府が設ける調査委では独立性に問題があると判断した。法案は調査委から原子力関係者を極力排除し、証人喚問を含めた強い調査権を付与するのが柱。東京電力や行政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降って湧いた「地獄に仏」の『普天間・嘉手納統合案』!!!

12日ないし13日のネット記事『(参考1)、(参考2)、(参考3)』によれば、米上院軍事委員会のカール・レビン委員長(民主)とジョン・マケイン筆頭理事(共和)、ジム・ウェッブ委員(民主)は11日、東アジア・太平洋地域の米軍再編計画の大幅な見直しを求める声明を発表し、沖縄県宜野湾市の米海兵隊普天間飛行場移設問題について、同県名護市辺野…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

辻元清美首相補佐官、6日間、出張旅費は114万円?

辻元清美首相補佐官(注) この人は、「その主義・主張がどの辺にある」のかは、よく分からぬ気の強い政治家である。公衆の面前に立つ政治家であれば、いい加減に標準語を話せばよいと思うのに、絶対にそのようにしようとはしない、灰汁の強い大阪弁を大声でしゃべる人である。その挙句、この人の主義・主張がよくは分からない人でもある。 この人に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「憲法96条」の改正を目指す超党派議員に声援を送る

筆者は、最近の記事『憲法審査会の早急な始動を渋る民主党・菅政権? ( 作成日時 : 2011/05/03 09:00) 深山飛水の思いつくまま日記(http://mikitogo.at.webry.info/201105/article_5.html)』で 大震災からの復興に尽瘁せねばならない現在、憲法改正などに取り合っておれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校校庭の使用基準は年間20ミリ・シーベルトでよいのか?

今回の原発事故を受けて、小学校の校庭の利用基準については、政府は、菅首相が任命した内閣官房参与の小佐古教授の辞任まで巻き起こして、『小学校の校庭の利用基準である年間20ミリ・シーベルト』を決定した。勿論菅首相による決断であった。菅首相は、文科省の科学技術・学術政策局の「原子力安全課」が推奨し、内閣府に直結する「原子力安全委員会」の推…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「浜岡原発を中心とする原子力発電に関する最近の鳩山発言について」について

「浜岡原発を中心とする原子力発電に関する最近の鳩山発言について」について 筆者は先の記事「浜岡原発を中心とする原子力発電に関する最近の鳩山発言について (作成日時 : 2011/05/08 17:57) 深山飛水の思いつくまま日記」の中で、菅総理は、表面上は、「羹に懲りて膾を吹いている」ように思える。それはともあれ、政府部内で十分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜岡原発を中心とする原子力発電に関する最近の鳩山発言について

7日、北京で「友愛の伝道師」と自己紹介する鳩山前首相(注) ここのところ鳩山前首相はは政府特使として北京を訪れ、福島第一原発の事故について、中国当局に謝罪した。そして北京で記者会見して、『菅首相が浜岡原発の再運転開始を許可しなかった』ことを評価すると同時に疑問をも呈して見せた。 浜岡原発は駿河湾の東側の御前崎にある原発である…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鳩山前首相による理由不明な中國への謝罪訪問?

産経の5日のネット報道によれば、民主党の鳩山由紀夫前首相は5日、中国の次期最高指導者に事実上確定している習近平国家副主席と北京市内の釣魚台迎賓館で会談した。会談で習氏は、東京電力福島第1原子力発電所事故に関し、「一刻も早く問題を解決していただきたい。放射性物質(放射能)汚染が続いているから、止めるために頑張ってもらうことを期待してい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

民主党の窮状は、このまま放っておいてよいのか?

4月29日の時事の報道『(参考1)』によれば、菅首相は、3月19日に、自民党の谷垣総裁に、電話で「副総理兼震災復興担当相として入閣を要請」したそうである。これは、いかにも菅首相の慌てふためいた精神状態を表しており、前後の見境のつかなくなった様子がよく窺われる。いくら何でも、野党とは言え、現在では、自民党の支持率は民主党を上回る。このよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「何故、小佐古教授は内閣官房参与を辞任したのか?」について

「何故、小佐古教授は内閣官房参与を辞任したのか?」について 政府が示した『小学校の校庭の利用基準である年間20ミリ・シーベルト』については、文科省の科学技術・学術政策局の「原子力安全課」が推奨し、菅首相は、内閣府に直結する「原子力安全委員会」の推奨を経て了承認可したという経緯をたどっているようである。これは5月1日の参院予算委や、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故、小佐古教授は内閣官房参与を辞任したのか?

内閣官房参与を辞任する小佐古・東大教授 29日の読売新聞の報道『(参考1)』によれば、福島第一原発の事故対応のために内閣官房参与に任命された小佐古・東大教授が29日、自ら辞任したそうである。しかも小佐古教授の提案はそして小佐古教授の提出した辞職届は、何らの慰留もなく受理されたとのことである。 筆者は、いやしくも東大の大学院のその…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more