テーマ:南京事件

『南京事件の自由な議論』を嫌う中日新聞?

12日の産経の報道『(参考1)』は、有識者でつくる団体「河村発言を支持し、『南京』の真実を究明する国民運動」が、中日新聞(名古屋市)に対し、南京事件について自由な議論を呼びかける意見広告を掲載する契約を取り交わしていたが、その後、「社論に合わない」と云う理由で拒否された。この事実が11日に判明した。ことを報道している。 中日新聞と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南京事件を誇大記述する教科書を放置する文科省?

図1 南京事件についての各社の記述(注) 先ごろ、河村・名古屋市長が中国の名古屋市訪問団の団長に『南京事件は無かったのではないか』と言って、彼等を怒らせたことが報道で喧伝された。 日中戦争の初期の1937年(昭和12年)に日本軍が中国の当時の首都南京市を攻略した後、1ヶ月余の間に、主に民間人を多数殺戮し、その数が30万余に…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「南京事件」の教科書記載は間違い!!! 文科省の見識を疑う?

文科省による日本の青少年への教育方針は、一体どうなっていたのであろうかと思う。日本の将来を背負って立つ青少年に、自分の国を忌まわしいものとして教え込もうとしているとしか思えない。彼等には、我が国(注)を今後ますます発展させてもらわねばならない。そして我が国(注)を種々の面で世界に伍し、かつ世界よりも抜きん出た国家に仕上げて行かねばな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

南京事件に関する河村発言に対する政府見解?

24日の毎日新聞の記事『(参考1)』 によれば、外務省の横井裕外務報道官は24日の記者会見で、河村たかし名古屋市長が南京事件を否定する発言をしたことについて「旧日本軍の南京入城後、非戦闘員の殺害、略奪行為があったことは否定できない」と述べ、政府見解とは異なるとの認識を示したそうである。この発言は、何となく歯切れが悪く、自信が無さそうであ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「河村市長の考えは極右ではない !!!」について

「河村市長の考えは極右ではない !!!」について 筆者は、記事『河村市長の考えは極右ではない !!! (作成日時 : 2012/02/25 07:25 ) 深山飛水の思いつくまま日記』の中で、野田政権の弱腰外交とは対照的に、石原東京都知事の発言『(参考1)』は、賛同に値する。石原都知事は、河村市長の言うことは正しい。彼を弁護したい。当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

河村市長の考えは極右ではない !!!

中国の名古屋市訪問団への河村・名古屋市長の「なんきんじけんはなかったのではないか」発言は、ちゅうごくの反発を買っている。それは『(参考1)』の23日の産経の報道が、中国紙、環球時報が、名古屋市の河村たかし市長による「南京大虐殺」否定発言を受け、同市長の中国入国を禁止する「個人制裁」や、名古屋市への観光旅行を取りやめるなどの圧力を加えるべ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

南京事件を肯定して、中国に媚びを売る藤村官房長官談話

陥落直後の南京 筆者は昨日の記事『 「南京事件はなかった」、筆者もそう思う!! (作成日時 : 2012/02/22 14:17) 深山飛水の思いつくまま日記 ( http://mikitogo.at.webry.info/201202/article_45.html)』の中で、彼らが嘘つきだということは、いろいろな面で現れて…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「南京事件はなかった」、筆者もそう思う!!

中国人は嘘つきなのである。そして恐ろしくプライドばかり高くて、自分が間違っていても、絶対にそれを認めようとしない。それに平気で他人のものを自分のものと言う。さらに悪いことは、彼らは人権を無視することに平気だということである。自分たちの人権すら無視する連中だから、人の人権を無視することには、なおさら平気である。 中でも彼らが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more