米国は日韓間の和解に努力すべきか否か?

日韓間の和解はあるか 元々、民主党政権は、少なからず、外交的に低姿勢内閣であった。特に韓国に対しては、民主党内閣は余りにも低姿勢で、菅元首相などは卑屈な程であった。それが自民党内閣になってから、がらりと雰囲気が変わった。と言うよりは正常に戻ったのである。 産経の記事『(参考1)』によれば、昨年4月、斎藤勁元官房副長官が、李明…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

韓国の朴槿恵大統領に乗せられ、安倍政権をこき下ろす在韓米軍当局者???

会談に臨む(左から)小野寺防衛相、ヘーゲル米国防長官、金寛鎮韓国国防相(1日、シンガポール)=共同 9月30日の朴槿恵・韓国大統領は、日米韓の安全保障協力が重要だとして日韓関係改善への期待を表明したヘーゲル米国防長官に対し、日本政府と対話できない理由として、「歴史問題や領土問題で、時代に逆行した発言をし、旧日本軍の従軍慰安婦問…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

朴・ヘーゲル会談で、韓国は一方的に日本を罵倒した!!!

1日のNEW24の報道(参考1)によれば、米国のヘーゲル国防長官の『日米韓の安全保障協力が重要だとして日韓関係改善への期待の表明』に対して、韓国の朴槿恵大統領は、日韓関係の改善が行われないのは、韓国のせいではなく、日本のせいであるとの認識を示し、毫も韓国側から日本と和解しようとする態度を示さなかったそうである。 そして和解でき…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

韓国政府と米軍が韓国人元慰安婦を利用したと言う事実

半年以上前の報道になるが、今年の1月8日の米ニューヨークタイムズ(電子版)は、韓国の元慰安婦のグループが、①1960年代から80年代にわたって、米兵との性的行為を強制されたとして、当時の政府指導者に謝罪と賠償を求めた、 ②当時、組織的な慰安施設の設置に直接的に関与したとして、米軍と韓国政府をあわせて告発した、ことを報道している。 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

『慰安婦の真実』についてもっと知ろう!!!

日本人が知っておくべき慰安婦の真実 このまま放っておくと、韓国のデマ宣伝によって、韓国によってでっち上げられた『日本軍による慰安婦の強制性』が一人歩きし、これが真実であるかのごとく、世界に信用され、日本人及び日本の将来に禍根を残す。我々、日本人は、このような謂れのない中韓、特に韓国による嘘によって、多大の損害を受けることになる。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

韓国、旭日旗を禁止!困った隣人ではある!

自衛艦の旭日旗 韓国の旭日旗禁止法案を国会に提出したそうである。又も、性質(たち)の悪い韓国の日本への嫌がらせである。彼等は旭日旗を韓国への日本による侵略の象徴のように考えたいらしい。と同時に、これは日本への激しい嫌がらせである。 彼等は事毎に、日本にたいし、嫌がらせとタカリを繰り返そうとしている。しかも根拠の無い、意味のな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村山談話と河野談話を日韓関係修復の条件とする韓国政府の愚劣!!!

24日の産経新聞の記事『(参考1)』は、大畠章宏・民主党幹事長らが、23日、与党セヌリ党の黄祐呂(ファンウヨ)代表や姜昌煕(カンチャンヒ)国会議長らと韓国国会内で相次いで、日韓関係改善について会談した事を報じている。この会談で、韓国側は、日韓関係改善には、『過去の植民地支配と侵略を認めた』村山談話や、『慰安婦問題』に関する河野談話を…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

慰安婦問題への思い切った日本女性の取り組み!

「中国・韓国の常軌を逸した嫌がらせによって、普通の日本人も『これはおかしい』と気づきはじめた」と訴える大高未貴氏 =東京・永田町の参議院議員会館(注)  16日の産経新聞によれば、 「慰安婦の真実」国民運動(加瀬英明代表)が10日、参議院議員会館で記者会見し、騒動を泥沼化させた根源といえる「河野談話」の撤廃を求める署名3万8…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界の後塵を拝する我が国ステルス戦闘機!!!

日本のステルス戦闘機? 当初、防衛庁の技術開発本部は、米国と協力してステルス戦闘機を開発していた。機体のステルス性を向上させるために日本の開発した特殊塗料の技術を提供したはずである。その後、米国は、日本の情報秘匿の法率の甘さや、日本への技術提供の危険性や、その他の問題をを重視したのか、日本との共同研究を中止し、米国独自の開発を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何時までも古い頭の朴槿恵(パク・クンへ)韓国大統領

この記事は、韓国の槿恵(パク・クンへ)大統領が15日の第68回の光復節・記念式典で行った演説、「日本は北東アジアの平和と繁栄を共に開いていく重要な隣人だが、過去の歴史問題をめぐる最近の状況は両国の未来を暗くしている」と述べた上で、「過去を直視する勇気と、相手の傷に配慮する姿勢がないと後々まで続く信頼を築くことは難しい」などの指摘が、全く…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

尖閣問題への新たな対処

; 中国の唐家セン元国務委員と維新の会・小沢鋭仁氏 米国のオバマ大統領は、尖閣問題に関し、9月5日には、安倍首相に対し、『強制力で解決することには反対である』と伝え、又、9月6日には、中国の習主席に対して、中国が挑発行為を繰り返していることを念頭に、『対立の激化を避けるべきだ』と主張したそうである。そして両者に対して、外交努力で解…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

日本は右傾化したのではなく正常に戻っただけである!!!

中韓両国は、最近、特に安倍内閣になってから、『日本は、右傾化した。従来の歴史認識を修正しようとしている』などと言って、騒ぎ立てている。しかしこれは全く偏った一方的な視方であり、偏見そのものである。もし安倍内閣になってから、変わった、或いは変わろうとしているとすれば、それは、『中韓の誤った見方と主張に対し、彼等の禍々(まがまが)しい屁…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

2020年オリンピック・東京開催決定おめでとうございます!

2020年五輪の開催都市が東京に決まり、喜ぶ安倍首相(右から3人目)、 2013年9月8日(日)午前5時28分(日本時間)にアルゼンチンのブエノスアイレスのIOC総会会場で、IOC会長ロゲ氏によって、2020年のオリンピックとパラリンピックの開催都市が東京に決まったことが発表された。 竹田オリンピック招致委員長初め招致に向…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

尖閣で一歩も譲ろうとしていない中国の侵略外交

5日、安倍首相は、訪問中のロシア・サンクトペテルブルクで中国の習近平(シーチンピン)国家主席と約5分間、非公式に会談したことが報じられた。詳細はNHKの報道『(参考1)』や、日経の報道『(参考2)』を参照されたい。 安倍首相の「戦略的互恵関係の原点に立ち返って関係を改善すべきだ」という発言に対して、習主席は、●「日本が歴史を直…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

飽くまでも日本をしゃぶり尽くそうとする韓国の卑劣行為

8月18日の福井新聞の記事『(参考1)』は、朝鮮半島内での戦時徴用の韓国人ら4人が、新日鉄住金に対して起こした損害賠償に関する韓国内の訴訟で、ソウル高裁は、7月10日に韓国人4人に請求通り計4億ウォン(約3500万円)、1人に換算すれば1億ウォン(約870万円)の支払いを命じる判決を出した。ことを報じている。この判決は、戦後補償問題で韓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意味も無く無闇にたかろうとする韓国の腐った根性

8月19日のサーチナの記事(参考1)によれば、 新日鉄住金が、日本統治時代に韓国人を強制徴用したとする損害賠償訴訟で、韓国の裁判所の敗訴判決が確定した場合、支払いに応じる意向であることを明らかにした。産経新聞が18日報道したところ、複数の韓国メディアがこれを伝えた。 ソウル高裁は7月、新日鉄住金に対し、強制徴用されたヨ・ウンテク氏…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「村山談話見直し」を警戒する元首相を利用する中国

2日の産経の記事『(参考1)』によれば、村山元首相は、中国共産党機関紙・共産党機関紙・人民日報の記者の最近の取材に対し、①安倍晋三首相が植民地支配と侵略を認めた村山談話の見直しを進めており、「侵略を否定すれば、日本の歴代首相の発言に対する関係各国の信頼を大きく損なうことになる」と指摘した。 ②「日本の政治の右傾化」だと懸念した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村山元首相の「憲法改正に反対する集会」出席は問題!

村山富市元首相 2ヶ月前の少し古い話になるが、7月2日の産経の記事『(参考1)』によれば、村山元首相が「憲法改正に反対する集会」で講演し、「村山談話の見直し」の動きに反対し、牽制したそうである。恐らくは、憲法改正に反対する立場の演説の中の延長線上で語られたものであろう。 しかし今頃、憲法改正に反対すること自体が常識外れで、時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最低の見識! 国連事務総長にあるまじき潘基文(パン・ギムン)の発言!!!」について

中立性を欠くバン・ギムン事務総長の発言 「最低の見識! 国連事務総長にあるまじき潘基文(パン・ギムン)の発言!!!」について 筆者は、「最低の見識! 国連事務総長にあるまじき潘基文(パン・ギムン)の発言!!!」の中で、日本の憲法改正が韓国や中国を脅かすと言うが、これは、全く「潘基文」の言いがかりで、これまでのように、韓国や中…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

靖国神社参詣議員の名簿を入手する韓国の愚劣!!!

終戦の日の靖国神社 韓国のこの愚劣な行為を、一体どのように考えるべきなのであろうか。今回の終戦記念日の8月15日に靖国神社を参詣した日本政府や国会議員の名簿を、入手したと言って、鬼の首でも取ったように騒いでいる。騒いでいる主は、韓国国会・北東アジア歴史わい曲対策特別委の南景弼(ナム・ギョンピル)委員長(セヌリ党)なのだそうであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が国の防衛準備は待ったなしの限界点まで来ている1

朝日デジタルの28日の記事(参考1)は、小野寺五典防衛相は28日、米国のヘーゲル国防長官と訪問先のブルネイで会談し、北朝鮮の弾道ミサイル発射基地を念頭に、日本の敵基地攻撃能力の保有について日米間で協議を開始することで一致した。と述べている。しかし日本を狙う、あるいは米国を狙う仮想的基地は、北朝鮮とは限らない。北朝鮮が、日本に照準を合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はだしのゲン」閲覧制限は当然の事

「はだしのゲン」は、昨年12月に死去した漫画家の中沢啓治さんが、真実の原爆体験を基にして描いた貴重な作品で、芸術的にも歴史的にも世界的に貴重な作品であることは認める。この作品は、同氏が6歳の時、広島の爆心地から1・3キロで被爆し、父や姉、弟、妹を亡くした体験を基に描いた自伝的作品。1973年に週刊少年に掲載された。 しかし如何…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

最低の見識! 国連事務総長にあるまじき潘基文(パン・ギムン)の発言!!!

最低の見識!国連事務総長・潘基文 潘基文国連事務総長は、日本政府の歴史認識の不足への不満表明だけでなく、憲法改正の動きを批判したことを、FNNが報じている。詳しくは(参考1)を参照されたい。 彼は、日本政府の『歴史認識』について、中韓寄りの立場を表明しており、明らかに国連事務総長として、積極的に一方の側に立つ発言をした。そし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

国連の潘基文事務総長・歴史問題で日本を直接非難

これが国連事務総長とは? 強い相手や、自分に利益を与える相手には、媚を売り、諂う。そして弱い相手や、自分に媚を売らない相手には、自分の立場を利用して徹底的に攻撃し、痛みを与える。これは、人間として極めて非道徳的で卑劣なやり方である。 しかしこのやってはならない事が、現在の世界政治の中で行われている。しかも世界政治の頂点に立つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

看過できない米サンフランシスコ市議会による慰安婦非難!!!

22日午後、大阪市役所での定例記者会見する橋下徹大阪市長 (参考1)に示す時事ドットコムの報道によれば、22日午後、橋下徹大阪市長は、大阪市役所での定例記者会見に臨み、大阪市と姉妹都市の米サンフランシスコ市の氏議会への公開書簡送付を発表したそうである。橋下市長は、旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐる自身の一連の発言を非難する決議を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「「日本人に勇気を与えるマケイン上院議員」について」について

「「日本人に勇気を与えるマケイン上院議員」について」について 23日の産経の報道『(参考1)』は、マケイン氏の21日の東京都内での発言「尖閣諸島は日本の領土だというのが米議会と米政府の立場だ」に対する中国外務省の反発発言に驚いた米国・国務省は、日本の領有権を認めたマケイン氏の発言を否定し、『日本の施政権を前提としながらも領有権につ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「日本人に勇気を与えるマケイン上院議員」について

「日本人に勇気を与えるマケイン上院議員 」について 筆者は、記事「日本人に勇気を与えるマケイン上院議員 」の中で、『来日した米上院議員ンマケイン氏が、特に、①尖閣諸島は、日本の領土というのが米議会と米政府の立場である。 ②尖閣問題の本質は、中国が日本の基本的権利を侵害していることである。と述べた』ことを強調し、これに対し、深…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本人に勇気を与えるマケイン上院議員

米国上院議員のマケイン氏が、来日し、21日に、小野寺防衛相や安倍首相と会談した。そして記者会見も行った。 本文の付録として示す(参考1)~(参考4)の代表的報道記事の中で、特筆すべきことは、マケイン氏が、①尖閣諸島は、日本の領土というのが米議会と米政府の立場である。 ②日本が集団的自衛権を行使できるようになれば、「日米同盟は一層…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「武装勢力の離島占拠に自衛隊出動」は当然のこと

離島を守ろう 18日の読売新聞の記事(参考1)は、『武力攻撃とは、政府見解では「外部からの組織的、計画的な武力の行使」と定義されており、『武装外国人による離島占拠や突発的な衝突のようなケース』は、これに当てはまらないとされている。憲法解釈上は、こうしたケースで個別的自衛権を行使できるのかどうかは「グレーゾーン」とされ、確立されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党も結局は派閥の集合体か

二階俊博氏と言えば、衆院10回当選の自民党の古参議員でである。そして正に齢74歳の古狸である。このような人が未だに自民党でのさばり続けていること自体が何か狂っている。彼は自民党の多くの古参議員の中でも、特に古参であり、すでに議員引退の時期を過ぎている。自ら身を引く決意をせねばならないのに、未だに政界でのさばろうとしている。 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more