米国、靖国問題で日本を非難???

米国は、安倍首相の靖国神社参詣で、日本に対して、中韓が嫌うことをするなと非難する。日本政府が、『靖国神社への首相の参詣は、不戦の誓いと戦死者の慰霊のためだ』と説明しても、米国は納得しない。 米国は、中韓にたいして、『靖国は日本の国内問題であって、日本非難の対象とすべきではない』と説得すべきであるのに、それをしない。逆に、靖国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

籾井NHK新会長の発言に対する報道機関の自虐的反応?

NHKは、1月25日の報道『(参考1)』に示すように、籾井勝人会長が、記者会見で、不偏不党の放送法を順守し、国際放送の充実に取り組む考えを示したことを伝えている。 同日の日テレの報道『(参考2)』は、籾井会長が、 「尖閣問題や竹島問題を諸外国に理解させるには、国際放送しかない」と述べ、国際放送の充実に努めると共に、従軍慰安婦問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国は非難する相手を間違えている!!!

米国政府は、日本に対して、『中韓と仲良くせよ』と言う。さらに『安倍首相の靖国神社参詣は、中韓との和解を難しくした』とまで言って日本を非難する(この件については、(参考1)などを参照されたい)。しかも、ひどくい強い調子で非難する。最近も、米国の駐日大使までが、同じように、日本を非難した。日本の側に立って弁護するのではなく、中韓と一緒に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

米国の日本への最近の対応に疑念を持つ!!!

米国は日本にたいし、『中国や韓j国と仲良くしろ』と言う。どうやら一方的に日本が悪いような言い方である。米国は中韓とは、直接、国境を接してはいないが、別の意味で強い接点を持っている。 中国は、GDPで、すでに日本を抜き、昨年の国民総生産高は、日本の2倍になった。そして米国債の保有率は世界一位となり、日本と同じく1兆ドル以上である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古基地移設は規定案に従って推進を!!!

大体、名護市の市民の感覚が狂っている。今回の名護市長選では、辺野古移設推進派の末松 文信氏と、反対派の稲嶺  進氏が立候補して、末松氏はよく戦ったが、公明党の造反などあったのであろうか、現職の稲嶺氏が再選された。この選挙の選挙の得票結果は、『名護市長選、稲嶺氏が再選 辺野古移設に反対 (2014年1月20日01時10分) 朝日新聞デ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

細川さんを政界の荒波に飲み込ませるのは気の毒である!

どうも細川さんの都知事選への立候補には、無理があるように思える。その理由は、①細川さんは75歳で歳をとりすぎている。次期の東京オリンピック開催時には82歳である。その政治活動には、年齢によるハンデイキャップが加わる。 ②未だに正式立候補の記者会見を開いていない。未だに、立候補のための政権構想が出来ていないからなのだそうである。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

名護市長選は国防の大義に従って投票を!!!

もともと普天間基地の名護市辺野古への移設は、2006年に日米間で合意され、その後、合意案について多少の変更はあったものの、当時の名護市長・島袋氏はそれに賛成し、仲井間知事も、それを諒承していた。 それがこじれにこじれた原因は何であったか。確かに沖縄県民による過重な基地負担への不満と、米軍の駐留への不満があった。これに拍車をかけ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自民党は世襲制を抜け切れるか?

「自民党の、若年層の一員として有能視されている人物が、党として決定した事項に反旗を翻す」と言う。腑に落ちない。党として、東京都知事選に舛添要一氏を押すことに決定しているのに、それに異を唱える。文句があるならば、もっと早く言うべきであったように思える。この人物は、年齢と党歴からすると、予想以上に優遇されている人のように思える。これまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国による南シナ海領有宣言は戦後秩序をも遵守していない!!!

1月9日~10日の報道『(参考1)~(参考3)』は、中国の海南省が、「南シナ海の行政区域内を航行する外国漁船に対し漁業管理・規制を行う」法的措置を取ったことについて、米国が非難し、中国に懸念を伝えたことを報じている。 しかも海南省が2011年に発表したデータによると、同省の行政区域とは、南シナ海(面積推定350万平方キロメートル)…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相・靖国参詣を批判する米国の本音?

今日、2014年(平成26年)1月5日のメデイアの報道は、極めて異常である。各メデイアは、一斉に『小野寺防衛相と米国のヘーゲル国防長官による4日夜の電話会談』について報じた。しかし新聞各社の報道と放送各社の報道が、完全に相違した。新聞社の報道する内容とテレビ放送会社の報道する内容が、全く180度相異しているのである。 勘ぐって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の首相が靖国参詣をしてどこが悪いのか?

昨年の12月26日に、安倍首相が靖国神社へ参詣した(参考1)。なお、1月1日には、新藤総務相も、同じく靖国を参詣した(参考2)。日本の首相が、これまで戦った戦争で命を落とした自分の国の人々の霊を祀った神社を訪れることは、我々、日本人からすると、至極、当然のことであり、全く違和感を感じない。ところが、戦争中、日本を敵国とした中国や、当…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

No2を死刑にした金正恩・残虐体制はいつまで持つか?

9日、北朝鮮の朝鮮中央テレビが放映した、8日の党政治局拡大会議の場から連行される張成沢氏 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)政権は、昨日の12月12日、金正恩の叔父で、彼の政権運営の後見人でもある、最も有能な張成沢氏を死刑に処した。この報道は北朝鮮の平壌にある朝鮮中央通信の13日の報道によって確認された。その概要は(参考1)によって…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

集団的自衛権の確立と韓国の思惑

韓国は、日本が、集団的自衛権の法整備を行うことに、警戒感を示している。韓国は自国と米国との結びつきよりも、日本と米国との間の結束力が強くなることを好まない。集団的自衛権の法整備により、日米安保条約は、文字通りの日米同盟になる。 韓国は、これまで日本の領土竹島の不当な占領と実効支配や、対馬に対する土地取得などで、日本にたいし、安…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

可能な限り厳しくありたい、国防上重要な土地の取得制限・新法

筆者は過去何回かに亙り、このブログ記事上で、我が国の国土が、外国に買い取られていることに、安全保障上、特に国防上、重大な懸念がある事に関し、対策の必要性を表明して来た。 2010年12月01日のブログ記事『(参考1)』では、北海道の倶知安町や留寿都村、幌加内町などの水源地の森林や土地、さらには自衛隊駐屯地の近くの山林など、33カ所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓流ブームがなかなか終わらないのは何故か?

NHK第一の18日(月)の深夜番組『「韓流ブームは今」 (2013年11月18日・月・24時00分~24時10分) NHK第一 総合 時論公論(http://nhk181.seesaa.net/article/380582571.html)』は、NHK論説委員:某氏が『韓流ブームは終わったのか?』と題して解説を試みている。 筆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中韓関係の問題に関し、EUに説明すべき諸要件について

産経の記事(参考1)によれば、日韓関係について、EU側の情報として、(1) 8日、EUのファンロンパイ大統領らは、ブリュッセルで朴大統領と会談。 (2)19日に東京で開かれる日EU定期首脳協議で、EU側が緊張の続く日本と中韓両国の関係に懸念を伝え、外交的な解決策を見いだすよう促す。 (3)21日に北京で中国首脳との会談で、同様のメッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカ女の口説きに屈したか?プーチン大統領の二枚j舌!

NHKの報道(参考1)の示すによれば、韓国のパク・クネ大統領は、13日、ロシアのプーチン大統領との共同声明の形で、日本を非難したそうである。 この非難に関して次のような大きな疑問がある。(1)非難の内容が、『北東アジアでは歴史の流れに逆らった言動で障害が起き、この地域では力強い協力を進められずにいる』という内容であること。 (2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「韓国と断交ともなれば、受けて立つべし!」について

「韓国と断交ともなれば、受けて立つべし!」について 筆者は、先の記事「韓国と断交ともなれば、受けて立つべし!」で、韓国の朴大統領が、仏誌フィガロとの会見で、「慰安婦問題で日本が韓国に謝罪しないことを、ドイツの戦後処理(アウシュビッツ問題への謝罪)と対比して、非難して見せた」ことを述べた。そして筆者は、この問題について、 「朴氏があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国と断交ともなれば、受けて立つべし!

ここのところ、韓国には、日本に接近し、友好を保とうとする意図は全く無い。これまでの状況を見ていると、接近するどころか、敢えて遠ざかる道を選んでいる。根拠の無い慰安婦問題を恰も真実であるかに尾ごとく捏造し、竹島、も自国領土だと言い張る。このような国家を日本人はしんようすることはできないし、信用してはならないし、信用しようとしてもい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「慰安婦問題・時効が無い」とはどう云うことか?

韓国憲法裁判所長、朴漢徹(パク・ハンチョル)氏 韓国の憲法裁判諸の所長・朴漢徹(パクハンチョル)氏が、米国のハーバード大ロースクールに招聘されて、日本非難の講演を行ったと言う。『(参考1)』の読売新聞の記事や、『(参考2)』の朝鮮日報がそれを報じている。この講演には、次の点で重大な懸念事項が潜んでいる。それは、(1) このようなデ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

我が国の文化財である仏像を返そうとしない韓国の非道!

長崎県指定有形文化財の「観世音菩薩坐像」 韓国の国立文化財研究所に保管中 筆者の記事『(参考1)』は、昨年、10月8日午前、長崎県対馬市の海神神社の宝物館から、国の重要文化財に指定されている仏像「銅造如来立像」が無くなり、また午後 市内の別の観音寺でも県の文化財に指定されている仏像「観世音菩薩坐像」が無くなっていることが発見さ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

韓国による日本非難、事態はそれ程、甘くは無い!!!

韓国や中国は、日本非難や反日政策を、彼等の政権の維持に使っている。中国の前々代の国家主席・江沢民氏は、日本憎悪の歴史教育を行った。中国国民の政府への不満を、日本のせいにしようとする企みである。 弱小国家とは言え、韓国の教育も、特に歴史教育もまるで出鱈目で、日本を悪者として扱っている。韓国の国民の政治的不満をそらすためrである。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

慰安婦問題に関し、『朝日』の心からなる反省を求める!!!

報道機関の重要な役割は、正確な情報を、出来るだけ正確に、かつ出来るだけ早急に、一般の人々にに伝えることである。そして報道の内容には、報道機関の、あるいはその報道機関に属する記者の、独自見解が入れられることは、避けるべきである。 報道される内容は、正確でなければならない。ところが独自見解なるものは、正確性に関して問題がある。時と…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「一体、どこに世界的正義があると言うのか?」について

「一体、どこに世界的正義があると言うのか?」について 筆者の丁度2年前の記事 『一体、どこに世界的正義があると言うのか? 作成日時 : 2011/10/15 10:59深山飛水の思いつくまま日記』は、有りもしない日本の『慰安婦』が取り上げられ、実際にあった韓国による『ベトナムでの婦女子への目に余る暴行』は無視される。これでは国連の…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

南シナ海に関する安倍首相の呼びかけに賛同する!!!

筆者は、2年前の当ブログ記事『南シナ海問題の解決を、いかにして促進するか! (作成日時 : 2011/07/21 14:13 ) 深山飛水の思いつくまま日記(http://mikitogo.at.webry.info/201107/article_32.html)』の中で、 2002年にASEANー中国間で署名された「南シナ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

『慰安婦』が事実かのように拡大伸張を図る『朝日』の狂乱!!!

嘗て朝日が歪曲した慰安婦資料 13日の朝日新聞の第一面トップの記事の目的は、明らかに、従軍慰安婦の問題を、朝鮮半島だけではなく、東南アジアにも存在することを仄めかせて、一挙に拡大を図かろうとしている。 朝日新聞は、日本政府や国民の大多数が忌避し、縮小と解消を計る『慰安婦問題』と云う『韓国を中心とする一大偏見』を、アセアン方面…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

崔天凱・中国駐米大使の日本を侮るワシントン市内の講演

中国の崔天凱・駐米大使による8日のワシントン市内で講演 中国の崔天凱・駐米大使による8日のワシントン市内で講演は、極めて乱暴で、横柄極まるものだ。更には明らかに国際常識を無視したものだ。読売新聞の報道『(参考1)』がその演説内容を伝えている。大よその趣旨は、日本は米国に原爆を落とされたのが敗北の原因で、米国に敗北したとしか思ってい…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

国連で証拠不確実な慰安婦問題で日本を攻撃するのは国際犯罪!!!

FNNの12日の報道によれば、カンコクガ国連の委員会で、今年も慰安婦問題を取り上げ、日本伊謝罪と賠償を要求したそうである。国連の事務総長が、韓国人尾バンギブンであることもあってか、彼らは、いかにも 威勢がよく、自信過剰である。国家韓の出来事を、しかもその事件自体が極めて不確かな証拠不十分な出来事を、事実として世界に吹聴する。実に嫌な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無礼極まる韓中の靖国参拝中止要求!!!

憎々しき面構えの中国外務省・女性報道官 第二次世界大戦では軍人230万人、一般人80万人が死亡した。 その中で、中国本土では、465,700人(内軍人455,700人)が、満州では、245,400人(内軍人46,700)が死亡した。現在の中国大陸に換算した場合の死亡者数は811,100人(軍人502,400人)である。これら502…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more