政府は中国への技術転移に歯止めをかけるべきだ!!!

1日の時事通信の記事『(参考1)』によれば、
日本ポリプロ(東京)は1日、中国石油化工(シノペック)にポリプロピレン製造技術「ホライゾンプロセス」をライセンス供与することで同社と合意したと発表した。シノペックが2012年末をめどに広東省広州市に新設する年産20万トンの製造設備に採用される
そうである。

日本ポリプロは、中国石油化工にこのような高度技術を供与するのはよいが、いずれは中国石油化工が、この高度技術を基に、それ以上の技術開発を進め、日本ポリプロの競争相手となったらどうするのだろうか。.

何故、日本の会社は、こぞって中国に身売りをしたり、中国に技術を売りたがるのか。日本の会社の考えがよく分からない。もう一つ分からないのは、何故、日本のメ企業は中国ばかりに技術供与をするのか。もっと精神的に
日本に好意的な国家、例えば台湾やインドなどに技術供与を考えないのか。

安全保障上からすると、中国は敵性国家であり、経済的にも国内総生産GDPで日本を抜いた。このような経済大国を応援する代わりに、親日的で近く発展の可能性のある国を支援する方が我が国のためである。

日本政府は国策として、中国への技術転移に歯止めをかける法規制が必要である。

***********************************************


(参考1)日本ポリプロ、シノペックにポリプロピレン製造技術を供与(http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2011030100677)
三菱ケミカルホールディングス傘下の日本ポリプロ(東京)は1日、中国石油化工(シノペック)にポリプロピレン製造技術「ホライゾンプロセス」をライセンス供与することで同社と合意したと発表した。シノペックが2012年末をめどに広東省広州市に新設する年産20万トンの製造設備に採用される。(2011/03/01-16:16)

"政府は中国への技術転移に歯止めをかけるべきだ!!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント