慰安婦の存在を否定する米ジャーナリストのマイケル・ヨン氏!

画像

マイケル・ヨン氏

これまで米国人と言えば、テキサス神父のトニー・マラーノ氏以外には、日本軍・慰安婦の虚像を信じきっている人ばかりかと思っていた。ところが、最近、マイケル・ヨン氏(49)が、フェイスブックなどで日本を擁護する論陣を張っているそうである。(参考1a)と(参考1b)に示すように、在米ジャーナリストの古森義久氏が、JCASTで同氏について紹介している。その内容を参考にして、マイケル・ヨン氏の発言を紹介しよう。
①「軍隊と性」の観点から慰安婦問題に興味を持ち、アメリカやタイなどで、日本について本格的な調査を始め、10月には来日し、多くの関係者に会い、資料を調べた結果、欧米メディアが「日本軍が組織的に20万の女性を強制連行して性奴隷にした」としているのは作り話だと確信した。そんな国家犯罪となる事実は出てこなかった。
②どの時代でも軍隊に売春はつきものであり、日本の慰安婦も大多数は普通の意味の売春婦だった。
③米陸軍が戦時中の1944年にビルマで朝鮮人慰安婦を尋問したところ、『自分たちは単なる売春婦であって、(日本軍によって)強制連行されて来たわけではない』と語った。
④慰安婦強制連行は作り話だ。フラトン市は慰安婦碑を設置すべきではない(11月5日には、カリフォルニア州でグレンデール市に続きフラトン市にも慰安婦碑設置が提案されていることに触れての発言)。
⑤米側が慰安婦問題で日本を叩くのは敵性勢力を強め、友邦を弱めることに等しい。
米国政府は、現在、慰安婦問題に関し、日本を厳しく非難する立場にある。元々、米国では、日本政府への慰安婦に対する謝罪要求決議案が、2007年7月30日に下院本会議で可決されている。この可決案の上程者は日系三世の下院議員のマイク・ホンダであった。彼は、韓国や中国のロビー活動資金に買われて、慰安婦問題を捏造し、この決議案の原案を作成し、上程した。このような金に買われた日系人がいる最中で、マイケル・ヨン氏やトニー・マラーノ氏の存在は、我々、日本人に勇気を与えてくれる。

我々は、決して諦めてはならない。

******************************************


(参考1a)慰安婦問題でテキサス親父に次ぐ「外国人援軍」 マイケル・ヨン氏とはどんな人物なのか (2014/11/ 7 19:30) J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2014/11/07220386.html
慰安婦問題について、アメリカ人ジャーナリストのマイケル・ヨン氏(49)が、フェイスブックなどで日本を擁護する論陣を張っている。テキサス親父に次ぐ「外国人援軍」として、ネットなどで注目を集めている。
マイケル・ヨン氏を日本に紹介しているのは、在米ジャーナリストの古森義久氏だ。産経新聞の2014年11月1日付記事と週刊文春の6日発売号で、相次いで「慰安婦問題、米から支援の声」などとリポートを書いた。
リポートによると、ヨン氏は、ベトナム戦争以来、様々な任務を遂行してきた米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)の出身という異色の経歴を持つ。その後は、従軍記者となり、03年から米軍のイラク介入を取材し、臨場感あふれる報道で名を上げた。09年ごろからはアフガニスタンでも活動していた。ヨン氏は、「軍隊と性」の観点から慰安婦問題に興味を持ち、アメリカやタイなどで日本についても本格的な調査を始めた。10月には来日も果たし、多くの関係者に会ったり、資料を調べたりしたという
書いた記事は米ニューヨーク・タイムズ紙などに掲載され、テレビ番組にも出演した。08年には、その著書「イラクの真実の時」が全米でベストセラーになった。自らのオンライン・マガジンなどを通じても、情報発信していどの時代でも軍隊に売春はつきものであり、日本の慰安婦も大多数は普通の意味の売春婦だったのだろうる。
姓は、韓国の俳優ペ・ヨンジュンさんの愛称を連想させるが、ヨーロッパ系だという。
古森氏は、この間に東京で2回ヨン氏と会って、じっくり話を聞いた。その中で、ヨン氏は、欧米メディアが「日本軍が組織的に20万の女性を強制連行して性奴隷にした」としているのは作り話だと確信したと明かした。そんな国家犯罪となる事実は出てこなかったといい、「」との見方を示した

(参考1b)慰安婦問題でテキサス親父に次ぐ「外国人援軍」 マイケル・ヨン氏とはどんな人物なのか (2014/11/ 7 19:30) J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2014/11/07220386.html?p=2
「やっと一条の光が米国側から差してきた」
マイケル・ヨン氏はまた、米陸軍が戦時中の1944年にビルマで朝鮮人慰安婦を尋問したところ、自分たちは単なる売春婦であって強制連行されて来たわけではないと証言したと指摘した。そして、日本はアメリカの貴重な同盟国だとして、「米側が慰安婦問題で日本を叩くのは敵性勢力を強め、友邦を弱めることに等しい」などと主張している。
ヨン氏は、近く米国系メディアでその調査報告をするという。古森義久氏は、「慰安婦問題での世紀の冤罪を晴らそうとする日本の対外発信の試みにとっても、やっと一条の光が米国側から差してきた」と評価していた。
ヨン氏は、自らのフェイスブックでも、日本への誤解を解こうと努めており、2014年9月8日には、「調べてみれば彼女たちの殆どは売春婦達だ。今日でも世界中の軍隊の駐屯地の周りにいるのと同じだ」と英文と和文の両方を使って説明していた。11月5日は、カリフォルニア州でグレンデール市に続きフラトン市にも慰安婦碑設置が提案されていることに触れ、「慰安婦強制連行は作り話だ。フラトン市は慰安婦碑を設置すべきではない」と訴えた。
来日して日本のよさを知ったというエピソードも、10月9日に紹介している。
それは、タクシー運転手がメーターを回し忘れたり、車内に忘れた携帯電話を友人に届けたりしても、その分の料金を受け取らなかったことだという。ヨン氏は、「日本に注文をつける国はたくさんあるが、世界は日本にこそ学ぶべきだ」と言っている。
日本のネット上では、そんなヨン氏に対し、「発信、ありがたいねぇ」「敬意を表したい」と感謝する声が上がっていた。一方で、日本からの対外発信が乏しいとして、「日本ももっと本腰を入れないと」と自戒も出ている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 慰安婦像設置反対のテキサス親父 トニー・マラーノ氏を讃える!!!

    Excerpt: グレンデール市議会で話すトニー・マラーノ氏(左) 何故か、米国政府や米国議会を始め、米国州政府や州議会までが、日本を、慰安婦問題で非難攻撃するのが好きである。特に米国の新聞がいけない。言論の自.. Weblog: 深山飛水の思いつくまま日記 racked: 2014-12-07 10:44