『慰安婦』が事実かのように拡大伸張を図る『朝日』の狂乱!!!

画像

嘗て朝日が歪曲した慰安婦資料

13日の朝日新聞の第一面トップの記事の目的は、明らかに、従軍慰安婦の問題を、朝鮮半島だけではなく、東南アジアにも存在することを仄めかせて、一挙に拡大を図かろうとしている。

朝日新聞は、日本政府や国民の大多数が忌避し、縮小と解消を計る『慰安婦問題』と云う『韓国を中心とする一大偏見』を、アセアン方面から開始して、ますます拡大し、アジア全体のものとすることにより、この問題の『縮小、払拭への国民や政府の努力』を、粉砕し、無駄な努力に終わらせようとしている。真に、悪辣卑劣な試みである。 如何に自虐史観を旨とする朝日新聞とは言え、この記事は、新聞の一記者の思いつきの報道ではなかろう。朝日新聞という会社組織の行為である。

『これに激怒しない日本国民は、日本国民ではない』 と言っても過言ではなかろうと考える。筆者は、この見出しを見ただけで、精神的な強い違和感を味わった。長年、慣れ親しんだ新聞に完全に裏切られた思いであった。

しかもこの発表は、現在、国連で、韓国代表が、慰安婦問題を取り上げ、日本を攻撃している最中に行われた。明らかに朝日新聞は、韓国への利敵行為を行った。日本の代表的大新聞と言われるこの新聞が、このような時期に、このようなデリケートな問題を、何の遠慮もなく、書きまくる。どの程度の自信があってのことか知らぬが、「これは明らかに日本政府及び日本国民への挑戦である。国益に係わる報道には、如何に言論の自由を尊重するとは言え、何らかの規制が必要である。このような言論機関が存在する限り、この規制は必要である

最初、慰安婦問題が、採り上げられ、「河野談話」と言う歴史への汚点を残す政府談話の発表に至ったそもそもの発端は、朝日新聞による『慰安婦の強制性』という大誤報であった。それが今に至っても続く日本への誇大非難と謝罪、賠償への重大な原因になっている。これを国民に謝罪して、騒ぎの沈静化を図るのが当然であるのに、それどころか、逆にこの問題を誇大に拡大・宣伝しようとしている。明らかに日本政府と心ある日本国民への挑戦である。

この新聞は、最早、日本の新聞ではない。断固、朝日新聞を排撃する。何らかの重大な国家的制裁が、朝日新聞に下されなければならない。

**********************************************


(参考1)【朝日新聞】「日本政府、92~93年に東南アジアで聞き取り調査せず慰安婦問題の拡大防止」[10/13]

この記事へのコメント

coffee
2013年10月15日 09:00
朝日新聞を絶対に許すな!
深山飛水
2013年10月17日 09:08
韓国での慰安婦問題を拡散し、結局、河野談話を出すに至らしめた元凶は朝日である。それが明白であるにもかかわらず、謝罪するどころか、新たにアセアン方面で慰安婦問題の拡散を計っている。日本国民として断じて許せぬ状況が続いている。国家が朝日に対して、何も出来ないのであれば、国民が一致して朝日を排撃するしか方法がない。

この記事へのトラックバック