2020年オリンピック・東京開催決定おめでとうございます!

画像

画像

2020年五輪の開催都市が東京に決まり、喜ぶ安倍首相(右から3人目)、

2013年9月8日(日)午前5時28分(日本時間)にアルゼンチンのブエノスアイレスのIOC総会会場で、IOC会長ロゲ氏によって、2020年のオリンピックとパラリンピックの開催都市が東京に決まったことが発表された。
竹田オリンピック招致委員長初め招致に向けて必死の努力を続けられた関係各位、並びにこれを支援された東京都及び安倍首相を初め政府の関係各位のご尽力に敬意を表したい。

東京、マドリード、イスタンプールの中で、マドリードが落選し、最後の投票で東京が60票、イスタンプールが28票という大差で、東京に決定した。

日本でのオリンピック開催は、1964年以来56年ぶりの大会の開催である。1964年の総理は岸信介であった。今回招致に成功した12013年の総理は、その孫である岸信介氏である。今回の招致活動は、2016年開催のオリンピックをブラジルのリオデジャネイロに奪われると言う苦渋を飲まされた苦い体験を背負いながらの活動であった。

最後の追い込み時期に、しかも開催候補都市決定寸前になって、福島原発事故による放射能汚染問題が、外国メデイアなどによって厳しく追求された。8月中旬には、オリンピック開催都市決定のためのIOC(国際オリンピック委員会)総会を前に、寛仁親王妃信子様の長女、彬子様と高円宮妃久子様がIOC委員と面談されることなどを決定した。IOC総会前のプレゼンテーションでは、G20の各国首脳会談へ出張中の安倍首相が、ブエノスアイレスのIOC総会へ駆けつけ、東京をバックアップする演説を行った。

これらの行動の熱意がIOC委員へ伝わったのであろうか、福島原発汚染の問題を克服するのに効果があったことは間違いない。しかも今回の候補地決定の寸前に韓国政府は、福島さんの農産物の輸入を全面禁止すると言う暴挙に出た。しかしこのような非常識な嫌がらせもIOC委員の良識には勝てなかった。

この際、我々は、総力を挙げて、国を挙げて、可及的速やかに、遅くとも、ここ2-3年中に福島の放射線汚染問題を完全に克服せねばならない。それこそ、今回のIOC委員の決定に報いる唯一の手段であり、原子力汚染対策技術で世界に貢献し、尊敬される国家としての栄誉を獲得するまたとない機会である。日本国民は総力を挙げて団結・協力せねばならない。

**************************************

(参考1)2020年五輪 東京が開催都市に決定 9月8日 5時30分 NHK (http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130908/t10014372361000.html)
2020年のオリンピックとパラリンピックの開催都市が東京に決まり、1964年以来56年ぶりの大会が開かれることになりました。
2020年のオリンピックとパラリンピックの開催都市を決めるIOC=国際オリンピック委員会の総会は7日、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれました。
総会では開催都市に立候補していた▽トルコのイスタンブール▽東京▽スペインのマドリードの3都市が順番にプレゼンテーションをして最後のアピールをした後、94人のIOC委員による投票が行われました。
その結果、1回目の投票でイスタンブールとマドリードが同数で並び、再投票の結果、マドリードが落選しました。
最終投票は東京とイスタンブールを候補に行われ、その結果、東京が過半数を集めて開催都市に選ばれました。
東京は今回の招致レースで先進都市による安全で確実な大会の開催と東日本大震災で学んだスポーツの力を素晴らしさを世界に広げたいと訴え、IOC委員の支持を集めました。
この結果、1964年の大会以来56年ぶりに東京で2回目となるオリンピックとパラリンピックの招致に成功しました。

この記事へのコメント

さいたま市民
2013年09月08日 16:30
貴方は以前、東京オリンピツクに反対するブログを何度もしてましたよね。少しブレ過ぎではないですか。
深山飛水
2013年09月08日 20:54
小生のブログを古くから呼んでいただいていたことに驚きました。
確かに、以前は2016年開催のオリンピックに招致に関して反対意見を申し述べました。日本は地震国であること、当時の各種インフラ整備が十分ではないと予測されたこと、更にはテロなどの発生などを考えたことから、反対意見を申し述べました。

現在も、これらの問題、更には福島原発処理の問題が残っておりますが、今回は2020年の東京オリンピックでありますので、これらのマイナスの要因は2016年を見据えた場合よりは改善されると思います。勿論、これらが改善されたとした上での賛成です。

東京がオリンピック開催地に決定した以上、種々の問題点が改善されることを祈るや切であります。

この記事へのトラックバック

  • エピレ脱毛口コミ

    Excerpt: 脱毛口コミから人気脱毛サロンを集めた口コミ天国 Weblog: エピレ脱毛口コミ racked: 2014-04-22 22:09