日本国民は、独自で尖閣を守り抜く覚悟を新たにしなければならない。

画像

中国の海警局の船4隻が、現在、尖閣諸島周辺の領海内を航行しているそうである。うち3隻は午前9時現在で25時間以上領海内にとどまっているそうである。現時点で、同海域から立ち去ったとの情報は無いから、8日午後5時05分現在で33時間以上、領海にとどまっていることになる。

我が国も、徹底的に中国に舐められたことになる。彼らの尖閣領海侵犯作戦に対抗するには、物量による対抗しかない。中国以上の艦船を、この海域に集結させる必要がある。さらには艦船だけではなく、海上自衛隊の出動を考えてはどうであろうか。さし当たって、海上自衛隊の航空機に、頻繁に中国艦船上を飛行jさせ、威圧作戦を試みてはどうであろうか。

さらには、中国の侵略行為を、もっと世界に喧伝すべきである。国連を通じて、中国の行為を牽制する戦略は考えられないのであろうか。それも通用しないとすれば、今や世界的に通用する正義などと言うものは存在しないように見える。

今や、日本国民は、独自で尖閣を守り抜く覚悟を新たにしなければならない。

**********************************************


(参考1)尖閣周辺の中国船領海侵犯、過去最長に 菅長官「全く受け入れられない」
2013.8.8 12:10 [領土・領有権]
(http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130808/plc13080812130012-n1.htm)
 沖縄県・尖閣諸島周辺の領海内で8日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。第11管区海上保安本部(那覇)によると、うち3隻は午前9時現在で25時間以上領海内にとどまっており、2月4日の14時間16分を大幅に超えて過去最長となっている。
 8日午前、外務省の伊原純一アジア大洋州局長は中国の韓志強駐日臨時代理大使(駐日公使)に厳重抗議。菅義偉官房長官は記者会見で「今回の領海侵犯は昨年9月の(国による)尖閣保有後、最長となっており、極めて遺憾だ。全く受け入れられない」と非難した。
 4隻は「海警1126」「海警2102」「海警2146」「海警2166」。海警2146は7日午後9時20分ごろ領海に侵入。そのほかの3隻は7日午前7時半ごろから領海内にいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ツイッター速報さんのツイート_ _沖縄県知事玉城デニー氏わざわざ大阪にきて辻元清美氏とコラボ 尖閣の中国船のことなどどうでもいい模様・・
https://twitter.com/tsuisoku/status/1140090867568410624

ドクターヘリパイロット _ ■□ほーどー飛行機□■Aerial news gathering
https://pressair.exblog.jp/13840227/
いつも読むのを楽しみにしているブログがあります

この記事へのトラックバック