深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹島に駐留する韓国は盗賊国家である!!!

<<   作成日時 : 2013/03/02 16:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

日本領土・竹島

朝日デジタルによる報道(参考1)によれば、2月28日の衆院本会議で、岸田外相は外交方針について演説した。その中で、竹島について、
「一朝一夕に解決する問題ではないが、韓国に対して、受け入れられないものは受け入れられないとしっかり伝える」
と述べ、日本の領有権を強調した。さらに、(参考2)によれば、これに対し、韓国の外交通商省は、早速、当日の18日に、
「独島の領有権を毀損する企ては、はなはだ遺憾だ。独島は明白な我が領土であり、日本のどんな企てにも断固として対応していく」
と反発している。
しかし韓国の所謂・独島すなわち竹島は韓国に領有権があるとの韓国の主張は全く間違っている。その理由については、筆者はこれまで幾度となく、説明して来た。(参考3)や(参考4)は、竹島が完全に日本領土であることを実証する記述である。例えば、(参考4)では、
@竹島所属については、1945年に日韓併合が解かれた後、韓国には、併合解除と共に竹島は韓国に譲渡されるという「思い込み」があった。しかし竹島は、本来、韓国併合以前から日本領土であったという事実がある。そして、1952年4月28日に効力を発生したサンフランシスコ条約は、この事実に従い、竹島を日本領土と規定している。
A韓国初代の李承晩大統領は、サンフランシスコ条約の条文の検討時に、竹島の所属に関する条文内容を知り、米国駐留の韓国大使に、この条文に対し、1951年8月10付の書簡で、異議申し立てを行わせた。しかし、これに対し、米国務省は、これを否定する同日付けの書簡を、当時の国務次官補・ラスク氏名義で、上記の韓国大使に送っている。これが有名な『ラスク書簡』である。 
B1954年、米国は、機密文書・『ヴァン・フリート特命報告書』によって、
アメリカ政府は竹島問題をサンフランシスコ平和条約により日本領として残したこと、李承晩ラインの一方的な宣言が違法であること、竹島問題は国際司法裁判所を通じて解決すること
を韓国政府に伝達している。
と記述している。なお、『ラスク書簡』と『ヴァン・フリート特命報告書』については、それぞれ(参考5)と(参考6)を参照されたい。

竹島に関して、厳然としたこのような事実が存在するにもかかわらず、韓国は依然として、『竹島の領有の主張』をアピールし続けている。彼らが、竹島領有に関して、それだけ自信があるのであれば、この問題については、国際司法裁判所への共同提訴に同調すべきである。「竹島は韓国の領有であり、国際司法裁判所に提訴する必要はない」との主張は、韓国の逃げ口上である。韓国は、現在、竹島を実効支配しているように見える。しかしそれは、李承晩大統領が、国際正義と国際常識に反する不法行為を実行して占領した結果、が未だに続いている物である。 これは韓国の主張する歴史認識以前の問題である。 『実効支配している限り、国際司法裁判所に頼る必要はない』との見解は、独りよがりで、世界的視野によるものではない。このままに推移すれば、韓国は盗賊国家と言うことになる。

**********************************************


(参考1)竹島領有権「韓国に伝える」 岸田外相が外交演説で強調 (2013年02月28日14時16分) 朝日デジタルhttp://digital.asahi.com/articles/TKY201302280126.html?ref=reca
 岸田文雄外相は28日の衆院本会議で、外交の基本方針となる外交演説をした。安倍晋三首相の施政方針演説では触れない竹島問題について「一朝一夕に解決する問題ではないが、韓国に対して、受け入れられないものは受け入れられないとしっかり伝える」と述べ、日本の領有権を強調した。
 演説では、日米同盟強化、近隣諸国との協力重視、経済外交強化を「3本の柱」と説明。「核兵器の惨禍を経験した広島出身者として、核軍縮・不拡散体制の維持、強化に全力で取り組む。北朝鮮とイランの核問題を深刻に懸念する」とも強調した。
 横浜で6月にある第5回アフリカ開発会議(TICAD)では「アフリカでの人間の安全保障や平和と安定の定着のため協力を進める」と表明。日本企業関係者が犠牲になったアルジェリアでの人質事件もふまえ、「日本企業の対アフリカビジネス展開を支援する」と語った。

(参考2)韓国政府「独島は我が領土」 岸田外相の外交演説に反発 (2013年02月28日17時40分) 朝日デジタルhttp://digital.asahi.com/articles/TKY201302280272.html?ref=reca
 韓国外交通商省の報道官は28日、岸田文雄外相が同日の外交演説で竹島(韓国名・独島〈トクト〉)の領有権を強調したことに対し、「独島の領有権を毀損(きそん)する企ては、はなはだ遺憾だ」とする論評を出した。論評は「独島は明白な我が領土であり、日本のどんな企てにも断固として対応していく」としている。(ソウル)
(参考3)テーマ「竹島」のブログ記事 (深山飛水の思いつくまま日記)http://mikitogo.at.webry.info/theme/ff0d969e41.html
(参考4)韓国国民の知らない竹島所属に関する重大な経緯!!! (作成日時 : 2012/08/19 12::22) 深山飛水の思いつくまま日記http://mikitogo.at.webry.info/201208/article_24.html
(参考5)竹島は日本領土であることを実証するラスク書簡!! (作成日時 : 2008/11/21 21:08 ) 深山飛水の思いつくまま日記http://mikitogo.at.webry.info/200811/article_19.html
(参考6)ヴァン・フリート特命報告書(ウィキペディア)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E7%89%B9%E5%91%BD%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8



竹島
実業之日本社
門井 慶喜

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 竹島 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

領土ナショナリズムの誕生?「独島/竹島問題」の政治学 (国際政治・日本外交叢書)
ミネルヴァ書房
玄 大松

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 領土ナショナリズムの誕生?「独島/竹島問題」の政治学 (国際政治・日本外交叢書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
保阪 正康

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の領土問題  北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




竹島密約
草思社
ロー ダニエル

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 竹島密約 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




決定版!尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 / 別冊宝島編集部 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル哲学・歴史・宗教フォーマット単行本出版社宝島社発売日2012年10月ISBN978

楽天市場 by 決定版!尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 / 別冊宝島編集部 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パク・クネ韓国大統領の間違った日本認識の重大さ!
今朝のNHK NEWSWEBによる報道『韓国 「日本は正しい歴史認識を」 (5月8日 8時16分) NHK NEWSWEB (http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130508/k10014418421000.html)]』は、韓国のパク・クネ大統領はワシントンで行われたアメリカのオバマ大統領との会談で、北朝鮮問題などについて話し合う一方、「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」と述べ、過去の歴史を巡る日本の対応を不満とする立場にアメリカの理解を得ようと... ...続きを見る
深山飛水の思いつくまま日記
2013/05/09 12:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹島に駐留する韓国は盗賊国家である!!! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる