大阪桜宮高校の自殺した男子生徒への償いは一体どうなfるのか?

画像

如何に、バスケットボール部を強くしたかったか知らないが、暴力に訴えて、生徒の発奮を促そうとした行為自体が間chがっている。そして、部員全体の発奮を促すために首相の生徒をスケープゴウートにして鉄拳制裁をやった。やり方が度を越した非常識な暴力によるもので、これでは生徒の奮起を促すどころか、逆に委縮させてしまう。かえって逆効果である。それよいりも、問題なのは、教育の場で暴力を教師自身が生徒に肯定して見せることである。

この教師は、何の罪もない特定生徒を、まったく理由もなく、制裁するという重大な過誤を犯した。さらには暴力が肯定されるという誤った考えを生徒に植え付けた。しかもうら若い未成年の生徒を、自殺という行為に追い込んだ。この教師の行為と、この教師にこの湯な行為を許していた学校当局の責任は徹底的に追及されねばならない。これは、間違いなく、殺人行為である。大阪府警は、一体何をb愚図愚図しているのか。少なくとも体罰を与えた教師は、即刻、拘留し、その罪をを問うべきである。

読売新聞の10日の記事『((参考1)』によれば、この生徒は自殺前日に、30~40発 殴られたと云う。普通であれば、殴られた直後に、ショック死亡する生徒もいるであろう。この生徒は1日耐え抜いた。しかし我慢の限界であった。さぞや無念であったことと思う。

『この無念』を、一体誰が、どのようにして晴らすと云うのか。

****************************************

(参考1)自殺前日「30~40発たたかれた」母親に話す(2013年1月10日13時45分 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130110-OYT1T00792.htm
 大阪市立桜宮さくらのみや高校(大阪市都島区)の男子生徒(17)が体罰を受けた翌日に自殺した問題で、市教委は10日、バスケットボール部キャプテンだった生徒が自殺前日の昨年12月22日、同部顧問の男性教諭(47)からの体罰について、母親に「今日もかなり殴られた。30~40発ぐらいたたかれた」と話していたことを明らかにした。
 一方、顧問は、市教委の調査にたたいた回数は「数回」と答えていたといい、両者に食い違いが出ている。
 自殺前日の体罰について、市教委は、顧問の証言をもとに、8日の記者会見などで「生徒の両頬を挟むようにして平手で数回たたいた」と公表していた。大阪市の橋下徹市長は10日、記者団に「双方、主張が食い違っているので事実確認しないとならないが、30、40発なら犯罪。完全な暴行、傷害です」と述べ、事実関係を調べる考えを強調した。(2013年1月10日13時45分 読売新聞)




自傷行為の理解と援助—「故意に自分の健康を害する」若者たち
日本評論社
松本 俊彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自傷行為の理解と援助—「故意に自分の健康を害する」若者たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


完全失踪マニュアル
太田出版
樫村 政則

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 完全失踪マニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー サングラス

    Excerpt: 大阪桜宮高校の自殺した男子生徒への償いは一体どうなfるのか? 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: オークリー サングラス racked: 2013-07-03 19:41
  • プラダ バッグ

    Excerpt: 大阪桜宮高校の自殺した男子生徒への償いは一体どうなfるのか? 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: プラダ バッグ racked: 2013-07-07 01:37