中国版ツイッター『微博』の内容に部分的に賛成する!!!

画像

1月2日の朝日新聞デジタル記事『(参考1)』の記事に、中国版ツイッターである『微博』上でに述べられた日本を中心とする選挙や領土問題に関する内容が述べてある。その内容について、筆者なりに簡単に纏めてみた。その内容を下記に示す。

(1)世襲について
中国の政治家の世襲は日本よりもひどく、さらには民主的な選挙がない。さらに世襲が続けば国が亡ぶ心配がある。さらにそれよりも心配な賄賂の横行である。
○筆者見解:日本の政治家の場合、確かに世襲の人が多い。小選挙区の地盤の引継ぎに強固な世襲が残っており、余人の介入を許さない。中国でも習近平・国家主席は、父親が副首相を務めたことから、世襲であると言われている。世襲でない、より優秀な人材が、政治家として育たないという弊害があるという意味で、どこかで世襲を断ち切らねばならないのは事実である。
なお官僚の収賄事件は、中国では、目に余るものがあることは、確かで、官僚と民間人の貧富の差を拡大させている。これは日本と異なるところである。

(2)日中関係改善について
①日本に好意的な内容
●抗日ドラマや愚民政策を止め、民間交流を強化する。日本は入国の便を図る。
●日本を含む世界各國から学び、先進的な事項、特に自由民主と立憲政治を導入し、人権を高め、法制度のレベルを上げる。
○筆者見解:中国に、個人の自由を尊重し、人権を尊重する機運があることは喜ばしいことである。しかし、この動きは、個人の人権や自由の尊重よりも、国土の膨張を優先する中国人民解放軍との衝突を免れない。中国には、軍を含む政権担当者には、民間お意見を尊重しようという考えが存在しない。

②日本に強硬な内容
●日本は賠償し、侵略戦争問題を解決せよ。
●尖閣を中国に返せ。
●米軍を日本から撤収させよ。
○筆者見解:これらの見解と筆者の見解は、まるで正反対である。上記の3点をを中国が主張する限り、中国との和解はありえない。


************************************************

(参考1)世襲問題に中国人共鳴? つぶやき分析、目立つ政治不満 (朝日新聞デジタル記事2013年1月2日22時32分)http://digital.asahi.com/articles/TKY201301020265.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201301020265
微薄分析「日本総選挙」と共につぶやかれたことば
 【守真弓】「中国の庶民はなんと無力なことか」「どれだけ汚職官僚がいるんだ」「日本の10倍世襲が多い」
 中国で活動する日本企業に微博の情報を提供しているプラップチャイナ(北京)の協力を得て、大手4社の微博上のつぶやきを分析したところ、中国の社会や政治に対する様々な不満が浮かび上がった。
 日本の総選挙の結果が大々的に報じられた後の12月19日、「日本総選挙」という言葉がつぶやかれたのは863回。そのうちの3割以上が「CCTV(中国中央テレビ)」「世襲」「コナン」といった言葉と一緒につぶやかれた。
 実はこれらの言葉は、すべて同じ文脈で使われていた。CCTVが選挙で勝利した自民党の安倍晋三総裁を紹介する際に、中国で人気の日本アニメ「名探偵コナン」の一場面を引用した。劇場版の「ベイカー街の亡霊」で、登場人物が「政治家の息子は政治家」と話すシーン。日本の世襲を批判する意味合いで使われたのだが、これが微博上で大評判となった。
 その中には「習仲勲―習近平」というつぶやきもあった。中国共産党の総書記に就いた習近平(シーチンピン)氏の父、仲勲氏が元副首相だったことから、「中国だって世襲だ」という意図を込めたと見られる。「国営放送だが、高度に風刺的だ」といううがった見方を示すつぶやきも。韓国の大統領選に触れて、国内では選挙でリーダーを選べない不満を表すつぶやきもあった。
 12月7日から4日間、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)」「環境問題」など、微博上で多く話題に上っていたキーワード30語を含むつぶやきを分析したところ、特に「物価」と「収入」への言及が目立った。物価上昇と収入減少は、セットで語られる傾向にあった。
 物価に関連して、最も多い1328回も転載されたつぶやきは「中国の民衆はなんと無力か」と物価上昇や老後の生活を嘆く書き込み。「給料が年間11%上がり、大学生の就職率も99%だというCCTVの報道のような生活ができたらどんなにいいか」というコメントも多く転載された。
 このほか目立ったのは「官僚」の話題。「愛人」「腐敗」と一緒につぶやかれる言葉の上位にも「貪官」「官員」といった官僚を意味する言葉が並び、批判の強さが際だった。ただ、官僚関連のつぶやきには「面接」という言葉も多かった。批判の一方で、志望者も多いようだ。
 劉志明・中国社会科学院メディア調査センター長は「金融危機の際の刺激策の資金が腐敗官僚に流れ、腐敗の規模が膨大化した」と指摘。「給料は物価ほど上がらず、生活が苦しくなったのは腐敗官僚のせいだという認識が共有されている」とみる。
■微博の質問に対する回答
 微博に中国語の質問を投稿。多くの答えが寄せられました。
質問(1) 中国では安倍首相の世襲が話題だそうですが、世襲についてどう考えますか?
●完璧な政治制度はない。能力があれば問題ない。米国のブッシュ元大統領も世襲だ。
●中国の世襲は日本より深刻。日本や韓国との違いは民主的な選挙がないことだ。
●世襲が続けば国は腐る。
●中国では世襲より問題なのは、賄賂だ。
質問(2) 日中関係を改善するにはどうすればいいですか?
●唯一の道は中国に対して戦争の賠償をし、徹底的に侵略戦争の問題を解決することだ。
●毎日(中国の)テレビで流れる抗日ドラマを止めてほしい。愚民教育をやめること。
●中国が発展を続け、日本をはるかに超越したとき、自然に問題は解決する。
●米国の軍隊を米国に返すこと。 ●(中国は)日本を含む世界各国から学び、先進的なことを取り入れるべきだ。特に自由民主と立憲政治。
●日本がビザをとりやめ、中国の若者が日本に行きやすくし、理解を深められるようにすること。
●日本人は我々を挑発したり、差別したりしないでほしい。同時に中国も人権を高め、法制度のレベルを上げなければ、他国に尊重してもらえない。
●民間交流。草の根交流だけが、国家に対抗できる。
●釣魚島(尖閣諸島)を中国に返すこと。
●中国人は日本の過去の過ちだけを見る。日本人は中国の将来の脅威だけを見る。どちらも不健康だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: 中国版ツイッター『微博』の内容に部分的に賛成する!!! 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-10 06:41