中国の汚職問題を否定するジャッキー・チェン氏?

画像

<ジャッキー・チェンさん>

ジャッキー・チェン氏と謂えば著名なアクション・スターである。米国籍かと思ったら、中国の香港だという説もある。この人には、時々、目だったことを言いたい性癖があるようである。13日の産経の報道『(参考1)』によれば、中国の汚職問題を批判するマスコミに反発して、香港のテレビ局のインタビューで、
「米国には汚職がないというのか? 世界一の汚職の国じゃないか」
と語ったそうである。どうもこの人には、中国を擁護しようという根強い欲求があるようである。俳優業で巨万の富を築いている人であるから、まさか中国公安のご機嫌をとって、謝礼金をせしめる必要もないことであろうから、根強い『中国びいき』の感覚があるように思える。しかし、彼の考えは、米国を中心に活躍してきた人物としては、個人の人権問題や民主化の考えに疎く、中国の帝国主義と侵略主義には寛大であるという珍しい主義と主張を持った人のように思える。こう云う人に同調する人がいるとすれば、中国の民主化にとって良い結果をもたらすとは言えない。残念なことである。

彼は過去にも中国政府の方針に阿(おもね)る発言をしている。筆者の過去の記事『(参考2)や(参考3)』を参照されたい。彼が如何に中国共産党政権びいきであるかが判明する。

********************************************

(参考1)「米国が汚職一番ひどい」 ジャッキー・チェンさんが発言 「中国に洗脳されている」と非難の声
2013.1.13 00:57
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130113/chn13011301000002-n1.htm
 香港の映画スター、ジャッキー・チェンさんがこのほどテレビで「世界で一番汚職がひどいのは米国」と発言、米ブロガーが「反米的だ」と批判するなど物議を醸している。12日付の香港各紙が伝えた。
 各紙によると、チェンさんは香港のテレビ局のインタビューで、汚職問題について語った際に「米国には汚職がないというのか? 世界一の汚職の国じゃないか」などと述べた。
 官僚らによる汚職が深刻化している中国を擁護する意図だったとみられるが、インターネット上では「中国での汚職を奨励するのか」「中国に洗脳されている」と非難の声が上がっている。
 チェンさんは昨年12月にも中国誌で、香港で行われる反中デモを規制するべきだと発言、香港市民の批判を招いた。(共同)

(参考2)台湾・民進党に嫌われるジャッキー・チェン氏  (作成日時 : 2009/04/22 10:31)深山飛水の思いつくまま日記http://mikitogo.at.webry.info/200904/article_40.html
(参考3)尖閣を中国領土と主張するジャッキー・チェン氏の視野の狭さ! (作成日時 : 2012/10/03 20:39 ) 深山飛水の思いつくまま日記 http://mikitogo.at.webry.info/201210/article_5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック