尖閣で戦後国際秩序をゴリ押しする中国の不思議?

画像

11月6日のThe Voice of Russia の記事『(参考1)』や、11月7日のTBS NEWSの報道『(参考2)』は、6日にラオスで開かれた「アジア-ヨーロッパ」フォーラムサミットで、野田首相と、中国の楊潔チ外相との間で、尖閣諸島をめぐり激しい応酬がったことを報じている。

野田首相は、『尖閣諸島が歴史的にも、国際法上も日本領土であり、日本が古くから実効支配しており、尖閣に領土問題は存在しない』という立場を強調した。これに対し、楊潔チ外相は、『尖閣諸島は、600年以上も中国に属しており、日本は(尖閣諸島を領有することにより)反ファシスト戦争の結果を公然と否認し、戦後の国際秩序と原則に深刻な挑戦を突きつけている』と主張した。

楊潔チ外相の主張の一つである600年以上も中国支配であったとの主張は、全くの出鱈目である。バカバカしくて物も言えない。この点については、筆者の記事『中国の尖閣領有への主張は全く根拠がない!!! (作成日時 : 2012/10/11 14:45)』や『「日本は強盗の論理」と英紙で罵る中国大使の愚劣!!! (作成日時 : 2012/10/09 22:03)』を参照されたい。

さらには、楊潔チ外相は、例によって、第二次世界大戦で、日本が敗北したことを持ち出し、敗戦国は戦勝国の言い分に従えと云うことを、『反ファシスト戦争の結果を公然と否認し、戦後の国際秩序と原則に深刻な挑戦を突きつけている』と云う奇妙なセリフで、表現し、脅迫している。当時、日本と戦ったASEAN諸国と、路英仏蘭の諸国のいる中で、共感を得ようとした『さもしい根性』が、『反ファシスト戦争の結果を公然と否認し、戦後の国際秩序と原則に深刻な挑戦』と決め付けて見せた。

しかし戦後、日本から膨大なODAや経済援助、さらいは多くの技術支援を受けながら、未だに、太平洋戦争での勝利をちらつかせて、威張り散らす、さらには、『戦後の国際秩序と原則』などと言う奇妙奇天烈な謳い文句を主張する。南シナ海や尖閣を含む東シナ海で、元々、ありもしなかった問題を掘り起こして波乱を巻き起こし、国際秩序を乱そうとしているのは、中国自身である。

中国の発言は、国際的に許されるものではない。

********************************************


(参考1)野田首相 尖閣問題での日本政府の立場を確認 6.11.2012, 18:52 The Voice of Russia http://japanese.ruvr.ru/2012_11_06/nihon-shushou-senkaku-mondai-nihon-seifu-tachiba-kakunin/
日本の野田佳彦首相は本日、尖閣諸島(ジャオユイダオ)が日本の切り離すことのできない領土の一部であることを再確認した。
「アジア-ヨーロッパ」フォーラムサミットで発言した野田首相は、歴史的に、また国際法の観点からしても、尖閣諸島は日本の属しており、現在日本政府は同諸島を実効支配していることを指摘した。
一方、中国のヤン・チェチ外相は、それらの島々は中国に600年以上属しており、日本は反ファシスト戦争の結果を公然と否認し、戦後の国際秩序と原則に深刻な挑戦を突きつけていると指摘した。
東シナ海に位置する尖閣諸島(ジャオユイダオ)は日本と中国の間で長期にわたって領土問題の対象となっており、特に今年9月日本が5つある島のうち3島を日本政府が購入したことによって緊張が高まった。インターファックス

(参考2)首相、尖閣めぐりASEMで中国と応酬 (最終更新:2012年11月7日(水) 0時42分) TBS NEWSihttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5175529.html
 ラオスで開かれたASEM=アジア・ヨーロッパ首脳会議で、野田総理と中国の楊潔チ外相が尖閣諸島をめぐり激しい応酬となりました。
 「日本はいかなる紛争や主義主張の違いも、国際法に従い平和的なアプローチにより克服していくことを重視しております」(野田首相)
 ASEMの地域情勢に関する協議で、野田総理は尖閣諸島をめぐる日本と中国の対立を念頭に、名指しは避けながらも中国側をけん制しました。これに対し中国の楊潔チ外相は、尖閣諸島の領有権を主張しながら「反ファシズム戦争の結果は否定できなく、戦後秩序を否定してはいけない」と強く反論しました
 野田総理は「解決すべき領有権の問題はそもそも存在していない」と応じましたが、中国側は「明の時代から600年間、支配している」などと述べ、激しい議論となりました。
 「中国から尖閣に触れる不適切な発言が出ました。私の方から改めて日本の立場を明確に申し上げました」(野田首相)
 温家宝首相との首脳会談が見送られただけでなく、会議の場での応酬で日中関係の改善はさらに遠のいたと言えます。(06日22:01)




ゲーム理論から見た尖閣諸島・沖縄基地問題 [ 井沢開理 ]
楽天ブックス
井沢開理 東京図書出版(文京区) リフレ出版発行年月:2011年09月 ページ数:184p サイズ:

楽天市場 by ゲーム理論から見た尖閣諸島・沖縄基地問題 [ 井沢開理 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

誰にでも解る尖閣諸島と亡国の憲法第九条 [ 工藤隆哉 ]
楽天ブックス
工藤隆哉 創栄出版(仙台) 星雲社発行年月:2010年12月 ページ数:150p サイズ:単行本 I

楽天市場 by 誰にでも解る尖閣諸島と亡国の憲法第九条 [ 工藤隆哉 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

新訳・釈 宗演『西遊日記』
大法輪閣
釈 宗演

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新訳・釈 宗演『西遊日記』 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ アウトレット

    Excerpt: 尖閣で戦後国際秩序をゴリ押しする中国の不思議? 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ アウトレット racked: 2013-07-03 14:01