人権無視の朝日新聞、個人の尊厳をどう見るのか?

画像

17日の読売新聞の記事『(参考1)』は、
朝日新聞グループの朝日新聞出版が発行する「週刊朝日」(10月26日号)で始まった、ノンフィクション作家佐野真一氏の執筆による橋下氏の肉親らの系譜を探る連載について、「血脈主義、身分制に通じる極めて恐ろしい考え方だ」と批判した。
ことを報道している。

週刊朝日は, 何故、個人の肉親を含む系譜を発(あば)こうとしたのか。恐らくは、週刊朝日は、この行為によって、暴かれる有名人の痛みよりも、その人の知られたくない秘密の内側を瞥見できる大衆の興味の方を重視したのであろう。

しかしこのような行為は、個人の尊厳を傷つける行為であり、重大な人権無視に繋がる。特に今もって、部落問題などに悩む人がいたとすれば、それを暴くような行為は、エリート意識の強い朝日新聞が、これらの人々を蔑視し、貶める行為であり、到底許すことはできない。

朝日新聞には、最近、許すべからざる奢りが見える。新聞報道によって、人権を貶められる個人の尊厳はどうしてくれると言うのか?

*************************************


(参考1)橋下氏、朝日新聞の取材拒否へ…週刊朝日記事で(2012年10月17日13時02分 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121017-OYT1T00603.htm?from=top
 新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長は17日、市役所で記者団に対し、朝日新聞グループの朝日新聞出版が発行する「週刊朝日」(10月26日号)で始まった、ノンフィクション作家佐野真一氏の執筆による橋下氏の肉親らの系譜を探る連載について、「血脈主義、身分制に通じる極めて恐ろしい考え方だ」と批判した。
 そのうえで、「朝日新聞社からきちんと考え方をお聞きするまでは質問には答えたくない」と述べ、当面、朝日新聞と系列の朝日放送の取材に応じない考えを示した。
 連載のタイトルは緊急連載「ハシシタ 救世主か衆愚の王か」。
 橋下氏は、「政策論争をせずに先祖を徹底的に調査して暴き出すことは、言論の自由の一線を越えている。身分制度を肯定するような言論機関はナチスの民族浄化主義につながる。非常に恐ろしい考え方だ」と話し、朝日新聞側の見解を求めた。
 朝日新聞出版は同日、「橋下徹市長の発言内容については、現在確認中です」とのコメントを発表した。(2012年10月17日13時02分 読売新聞)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「人権無視の朝日新聞、個人の尊厳をどう見るのか?」について

    Excerpt: 「人権無視の朝日新聞、個人の尊厳をどう見るのか?」について 筆者は、日の記事『人権無視の朝日新聞、個人の尊厳をどう見るのか?(作成日時 : 2012/10/17 16:31)深山飛水の思いつくまま日.. Weblog: 深山飛水の思いつくまま日記 racked: 2012-10-19 04:38
  • 血脈主義を突き詰めると・・・

    Excerpt:  同和問題は天皇制にリンクすることになるだろう。  生まれながらにして卑しい人がいないならば、  生まれながらに尊い人もいないはずだ。 橋本徹は母子家庭、父が暴力団で自殺(これは、殺されたとの話もある.. Weblog: 外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法 racked: 2012-10-20 17:01