「たね蒔きジャーナル」の打ち切りについて思う!

画像

たね蒔きジャーナル

朝日デジタルの今朝のネット記事『(参考1)』は、
毎日放送(大阪市北区)のラジオ番組「たね蒔きジャーナル」の打ち切りが検討されていること
を惜しんでいる。毎日放送という限りは、毎日新聞系であると思われるのであるが、他社のことであるという気軽さもあるのであろうか、その打ち切りを惜しんでいる。詳しくは 『(参考1)』を参照されたい。

朝日は、「たね蒔きジャーナル」という番組が脱原発の急先鋒であったために、経営陣あるいは外部からの干渉で閉鎖になろうとしていると考え、これに忌避感を抱いているように思える。

朝日は歴史的に、南京事件や慰安婦問題が事実であったと云う立場に立ち、その立場での新聞の論調を替えることはなかった。それと同様に、原子力発電の草創期から一貫して、『原子力発電は悪』という立場を変えることはなかった。この朝日の立場からすれば、今回の毎日放送の「たね蒔きジャーナル」の打ち切りは気にかかる出来事であろう。

一般に放送に関しては、
①放送内容は正しく、公平でなければならない。
②放送は一方の考え方を、視聴者に押し付けるべきではない、
のである。厳密に言って、放送する人の考えが、聴視者に、直接強調されて伝えられてはならない。放送する人は事実を伝えればよい。

今回の毎日放送の考えは、筆者の、このような考えに似ていたのではないかと思われる。「朝日新聞社」は他社のことまで口出しするのは、お節介と云うものである。それよりも原子力発電や、南京事件、慰安婦問題などについて、もっと歴史的事実を直視するように反省し直し、勉強し直しては如何であろうか。

さらに、国民に、『脱原発路線が絶対に正しく、原発推進路線は悪である』かのように思い込ませる情報伝達を反省し、修正すべきである。

原子力発電の技術については、我が国は世界に冠たる実績を持っている。日立製作所や東京芝浦電気は、現に海外へ原子力発電システムを輸出しようとしている。我が国はこの技術を絶対に失ってはならない。

なお使用済みの核燃料の濃縮技術は軍事転用可能であるという安全保障上の重要な要素を持っている。この技術も絶対に失ってはならない重要技術である。

*********************************************

(参考1)脱原発報道のラジオ番組打ち切り検討 毎日放送 (朝日新聞デジタル 2012年8月1日00時45分)http://digital.asahi.com/articles/OSK201207310193.html?ref=comkiji_txt_end
 原発問題を積極的に取り上げ、脱原発派の間で話題のラジオ番組、毎日放送(大阪市北区)の「たね蒔(ま)きジャーナル」の打ち切りが検討されている。31日には聴取者らが放送局前に集まり、存続を求めた。
 「たね蒔きジャーナル」は2009年10月に始まり、平日午後9~10時に放送中の報道番組。毎日放送のアナウンサーが司会を務め、様々なゲストと共に時事問題を幅広く取り上げてきた。東日本大震災後は原発報道に力を入れ、危険性を訴える京都大学原子炉実験所の小出裕章助教の解説などを伝えている。
 今年3月には一連の原発報道が評価されて、坂田記念ジャーナリズム賞特別賞を受賞した。テレビの視聴率に当たる聴取率も堅調という。番組の内容がネットを通じて広まるなど、脱原発を掲げる人々を中心に支持されている。
 打ち切りの検討について、毎日放送は「9月の番組改編の記者会見まで一切コメントできない」とするが、番組関係者によると、人件費削減などを理由に打ち切る方向という。「脱原発の報道姿勢に批判的な社幹部もいた」と明かす関係者もいる。小出助教は「ほとんどのマスコミが政府の発表をうのみにして流す中、真摯(しんし)に報道している番組だ」と評価する。
 31日午後、打ち切り検討を聞きつけた聴取者がネットで呼び掛け合い、放送局前に集合。約20人が「やめないで」などと書いたプラカードを掲げた。
.



知りたくないけれど、知っておかねばならない原発の真実 (単行本・ムック) / 小出裕章/著 MBSラジオ「たね蒔きジャーナル」/聞き手
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 知りたくないけれど、知っておかねばならない原発の真実 (単行本・ムック) / 小出裕章/著 MBSラジオ「たね蒔きジャーナル」/聞き手 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

原発を止めた町—三重・芦浜原発三十七年の闘い
現代書館
北村 博司

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原発を止めた町—三重・芦浜原発三十七年の闘い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

朝日ジャーナル わたしたちと原発
朝日新聞出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 朝日ジャーナル わたしたちと原発 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック