韓国原発の運営では信頼性工学の大原則を忘れている !!!

画像

韓国南部・釜山の古里原子力発電所(2012年4月28日Google 画像より引用)

筆者は、3日の記事『韓国原発に故障続発、信頼性に疑問あり? (作成日時 : 2012/04/03 14:24)深山飛水の思いつくまま日記』((参考1)参照)の中で、
韓国では、東日本大震災のような外的要因が何もないのに事故が起きている。
①釜山市の古里原発が、2月9日に全電源喪失事故を起こしたそうである。全電源喪失ということは、外部の送電線からの電力供給が途絶し、非常用発電機も作動しなかったということであり、これは、原子炉の燃料棒の冷却ができなくなったことを意味する。これは重大事故である。
②試験運転中の新月城原発1号機が原子炉冷却用ポンプの停止により、3月27日午後6時41分ごろに原子炉が自動停止したが、28日になっても、未だに自動停止の原因は明らかにされていない。
ことを述べた。

これらの事故で、不気味なのは、原因が釈然としないことである。

福島第一原発の場合は、想定外の大地震によって、外部送電線が破壊され、想定外の津波による浸水で非常用電源が機能しなくなったことにより、原子炉燃料棒の冷却水を循環させることができなくなり、燃料棒が過熱した結果、原子炉内で水素爆発が発生したことによる。原因がはっきりしているのである。

しかし上記の①の古里原発では、外部電源に繋がる部分が動作しなかっただけでなく、非常用電源まで動作しなかった。そしてその原因が明らかになっていない。そして外部電源が停電したのでもなく、非常電源が海水に浸かったわけでもない。とすれば発電所内の故障である。外部電源によって発電所システムが動かないということは、外部電源引き込みを行う変電所以降の故障であり、配線の接地や、断線などや機器自体の故障が原因である。また非常電源が動かないのは、その電源自体の点検不良、整備不良による故障が原因であろう。

また ②の試験運転中の新月城原発1号機で、原子炉冷却用ポンプが作動しなかったのは、ポンプを作動さる電動装置、すなわちモーターの故障である。

①と②について言えることは、原子力発電所の発電システムを構成する部品の信頼性が極めて低く、ある物は信頼度がゼロということになる。原子力発電所というシステムの信頼性は、そのシステムを構成する部品の信頼性によって定まる。一点でも信頼性の低い部品があれば、全システムの信頼性に影響しかねない。これは信頼性工学の基本的大原則である。

ところが、「韓国では原子力発電所の構成部品の信頼性を軽視し、もしくは無視している」という報道がある。

27日の共同通信の報道『(参考2)』や、産経の報道『(参考3)』によると、
①原発の職員が業者から賄賂を受け取って偽造品や中古の部品納入を認め、現在稼働中の複数の原発でそれを使っている。
②原発運営会社の韓国水力原子力(韓水原)は、偽造部品の性能が本物とほぼ同じで、点検もクリアしているので、安全性に問題はないと主張している。
③古里原発の職員は、敷地内にさびて放置されていた部品を横流しし、業者が洗浄して新品と偽って同原発に納入している。
④古里原発では、中堅幹部が原子炉の出力測定機器の密封に使うフランス製の部品を業者に横流しし、業者はこれを基に偽造品を製作。中堅幹部はこの納入を認め、この偽造部品を使って原子炉が運転されている。

これらの報道は、すべて部品の信頼度の極端な低下を実証するものである。そして原発構成部品の信頼度の極端な低下は、人間による倫理の極端な低下に直接繋がっていることが分かる。

日本では、現在、原子力発電所の外的破壊要因、特に天然現象、すなわち地震と津波による破壊要因に対する耐性が如何に強いかが問題にされている。ところが韓国では、原子力発電所の構成部品の信頼性の低下が、原子力発電所の事故原因になっている。しかもそれが人間の倫理観の低下によって生じている。

日本と韓国の原子力発電への取り組みが如何に違うかが実感できる。ここではっきり言えることは、
韓国は自国内の原子力発電で、このような低次元で破廉恥かつ技術的信頼性を低下させるの問題が取り沙汰されている。このような状態では、韓国から原子力発電を海外に売ろうというような試みは、自ら辞退すべきである
ということである。

韓国は、原子力発電システムの構成部品の信頼性向上の前に、人間の倫理の向上を計らねばならない。

*********************************************

(参考1) 韓国原発に故障続発、信頼性に疑問あり? (作成日時 : 2012/04/03 14:24)深山飛水の思いつくまま日記http://mikitogo.at.webry.info/201204/article_6.html
(参考2)韓国原発、偽造部品など納入横行 使用し稼働、事故頻発 2012/04/27 19:30 共同通信(http://www.47news.jp/CN/201204/CN2012042701002392.html)
 【ソウル共同】韓国の原発で、職員が業者から賄賂を受け取って偽造品や中古の部品納入を認め、稼働中の複数の原発で現在使われていることが次々と発覚している。同国は21基の商業用原子炉がある原発大国だが、停止事故も頻発し、技術とモラルへの不信が高まっている。
 報道によると、原発運営会社の韓国水力原子力(韓水原)は、偽造部品の性能が本物とほぼ同じで、点検もクリアして安全性に問題はないと主張している。
 しかし釜山の古里原発では、職員が敷地内にさびて放置されていた部品を横流しし、業者が洗浄して新品と偽って同原発に納入したことも発覚。韓水原の弁明を疑う声は根強い。
2012/04/27 19:30 【共同通信】

(参考3)韓国原発で不正納入横行 偽造部品で稼働中 2012.4.27 20:04  産経http://sankei.jp.msn.com/world/news/120427/kor12042720050004-n1.htm
 韓国の原発で、職員が業者から賄賂を受け取って偽造品や中古の部品納入を認め、稼働中の複数の原発で現在こうした部品が使われていることが次々発覚。同国は21基の商業用原子炉がある原発大国だが、停止事故も頻発し、技術とモラルへの不信が高まっている。
 釜山の古里原発では、中堅幹部が原子炉の出力測定機器の密封に使うフランス製の部品を業者に横流しし、業者はこれを基に偽造品を製作。中堅幹部はこの納入を認め、昨年5月から偽造部品を使って原子炉が運転されていることが蔚山地検の捜査で分かった。
 報道によると、原発運営会社の韓国水力原子力(韓水原)は、偽造部品の性能が「本物とほぼ同じで、点検もクリアした」として安全性に問題はないと主張。しかし古里原発では昨年、別の職員が敷地内にさびて放置されていたバルブ部品を横流しし、釜山の業者がこれを洗浄した上で新品と偽って同原発に納入していたことも発覚。韓水原の弁明を疑う声は根強い。(共同)




隠される原子力・核の真実?原子力の専門家が原発に反対するわけ
創史社
小出 裕章

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 隠される原子力・核の真実?原子力の専門家が原発に反対するわけ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


【送料無料】 東電・福島第1原発事故備忘録 原子力利権とco2地球温暖化説が日本を壊滅させた シリーズ「環境問題を考える」 / 近藤邦明 【全集・双書】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル社会・政治フォーマット全集・双書出版社不知火書房発売日2011年04月ISBN97

楽天市場 by 【送料無料】 東電・福島第1原発事故備忘録 原子力利権とco2地球温暖化説が日本を壊滅させた シリーズ「環境問題を考える」 / 近藤邦明 【全集・双書】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




原子力と50年「服部禎男」大激白 「超小型原子炉」なら日本も世界も救われる!
ヒカルランド
大下 英治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原子力と50年「服部禎男」大激白 「超小型原子炉」なら日本も世界も救われる! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


放射性廃棄物
緑風出版
ロール・ヌアラ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 放射性廃棄物 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック