「またまた、韓国で邦人女性の行方不明者発生!!!」について

またまた、韓国で邦人女性の行方不明者発生!!!」について

筆者は、11月1日の記事『またまた、韓国で邦人女性の行方不明者発生!!! (2011/11/01 05:08) 』 で、
韓国で邦人女性の行方不明者が出た。11月1日の産経の報道『(参考1)』によれば、
ソウルの繁華街にあるホテルで9月26日、兵庫県出身の日本人女子大学生(21)が行方不明となり、10月中旬に両親が韓国を訪れて捜索願を出した。
そうである。どうしてこのような事件が起きるのであろうか。
おそらく今回の兵庫県の女性は、韓国男性による性犯罪に巻き込まれたのであろう。行方不明になってから1箇月以上、経っても行方が分からない。
と述べた。この記述の中で赤字下線部付きのくだりは、いささか断定的で、筆者としては、内心、そうでないことを願っていたのであるが、その後、この女子大学生について、確実な情報がない。9月26日に行方不明になってから、47日経ったが、確実な情報がない。

ただ、11月4日のFNN-NEWSの報道『(参考2)』によれば、
①兵庫県出身の女子大学生が、9月中旬、韓国に旅行した際、現地のタクシー運転手とトラブルになり、韓国男性が仲裁に入り、この女性を助けた。
②この韓国男性は、日韓両国語が話せた。
③この女子大学生は、男性からブランド品を買ってもらっていた。
④この女子大学生は、一度日本に帰国し、10月(多分、上旬)に再び韓国を訪れ、ソウル駅から歩いて10分ほどの距離にあるホテルに、上記男性と一緒に宿泊した。

⑤この男性は、チェックインの際、日本人の名前を記入したが、その名前は出入国記録になかった。
⑥この女子大学生は、上記の若い男性と一緒にホテルを出た。
⑦出たのを最後に、女子大学生とは連絡が取れなくなった。
⑧10月中旬に、女子大学生の両親が韓国を訪れて捜索願を出した。

⑨10月18日、釜山(プサン)市内のコンビニエンスストアで、この女子大学性のカードが 使われた。このコンビニエンスストアの防犯カメラの映像には、サングラスの若い男性が、タバコを買う姿のみで、この女子大学生の姿はなかった。釜山はソウルから、約400kmにある。
⑩10月22日に、韓国南部の釜山から、およそ90kmにある大邱(テグ)市内のATM(現金自動預払機)から、女子大学生のカードで現金が引き出された。防犯カメラには、女性らしき人影が映っていたが、行方不明の女子大学生本人かどうかは確認できなかった。
⑪韓国・警察によると、『この女子大学生は、失踪後も日本の友人とショートメールのやり取りを続けていた。』
そうである。

画像

このような情報がありながら、未だにこの女子大学性の行方が知れない。10月10日に渡韓しているとしても、1ヶ月過ぎて、杳として行方が分からない。事件と考えるしかあるまい。この事件の核心に触れることは困難であるが、この女性とトラブルを起こしたタクシー運転手を助けた男性の行為自身が、仕組まれたものであったような気がする。この韓国男性は、彼女を助ける行為と、ブランド品を贈る行為で女子大学生を釣り、性行為に及んだ。でなければ、この女子大学生が、再度、渡韓して、この男性を訪れ、ホテルでベッドを共にすることはありえない。

この女子大学生が、この韓国男性とホテルを出た時点以前から、この男性には、女性から金品を巻き上げようという魂胆があった。そして、この女子大学生が生存していることを偽るために、この男性は、彼女の友人に、この女子大生と偽ってメールを送る必要があった。生存を偽る偽装行為である。この男性は金品を巻き上げると同時に、この女子大生の処置に窮し、殺害に及んだ。


以上は、筆者による最悪の場合の予測である。どうか、そうでないことを願うのみである。

この女子大学生のご両親の心中を察し、心からご同情申し上げる。と同時に、日本女性は、どうか、韓国旅行では、単身旅行は避け、韓国男性には、くれぐれもご用心願いたいものである。

*******************************


(参考1)邦人女子大生、ソウルで不明 防犯カメラに男性と一緒の映像 (2011.11.1 00:11) [韓国] 産経(http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111101/crm11110100110000-n1.htm)
(参考2)韓国日本人女子大学生失踪 女性の友人「男性からブランド品を買ってもらっていた」
韓国で行方不明になっている日本人女子大学生の新たな足取りがわかってきた。韓国の警察も、事件の可能性があるとみて捜査に乗り出している。
10月に韓国を旅行中、突然、21歳の日本人女子大学生の連絡が途絶えた。
警察関係者によると、「女子大学生は男性からブランド品を買ってもらっていた」と、女性の友人が証言しているという。
9月中旬、韓国に旅行した際、現地のタクシー運転手とトラブルになった兵庫県出身の女子大学生。
その際、仲裁に入り女性を助けたのが、韓国語と日本語を話す若い男性だったという。
女子大学生は1度日本に帰国し、10月に再び韓国を訪れた。
女性の姿が最後に確認されたのは、ソウル駅から歩いて10分ほどの距離にあるホテルだった。
このホテルは繁華街からも近く、日本人観光客からも人気の高い。
このホテルから若い男性と一緒に出たのを最後に、女子大学生とは連絡が取れなくなった。
男性はチェックインの際、日本人とみられる名前を記入したが、その名前での出入国記録はなく、警察は偽名とみている。
そんな中、新たな足取りが判明した。
女子大学生のクレジットカードが10月18日、ソウルからおよそ400km離れた釜山(プサン)市内のコンビニエンスストアで使われた。
警察が、防犯カメラの映像を調べたところ、サングラスをかけた若い男性が、たばこを買う姿が映っていた。
しかし、防犯カメラに女子大学生の姿は映っていなかったという。
さらに、10月22日には、韓国南部の大邱(テグ)市内のATM(現金自動預払機)から、女性のカードを使って現金が引き出された。
大邱は、釜山からおよそ90km離れている。
防犯カメラの映像には、女の人と思われる人影が映っていたが、これが行方不明の女子大学生本人であるかどうかはわからなかったという。
韓国メディアは、「日本の外務省と協力して捜査中です。韓国の警察は、とても慎重に進めています」と語った。
韓国の警察関係者によると、女子大学生は失踪後も日本の友人とショートメールのやり取りを続けていたことが新たにわかったが、警察は、男性の行動から女子大学生が何らかの事件に巻き込まれた可能性があるとみて、2人の行方を捜している。
(11/04 18:47)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: 「またまた、韓国で邦人女性の行方不明者発生!!!」について 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-10 01:34