家族会への野田首相の発言は責任逃れ!

画像


共同通信の8日の報道『(参考1)』によれば、
野田佳彦首相は8日、北朝鮮による拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表ら15人と官邸で面会し、自身の訪朝について「私が行くことで拉致問題を含めた諸懸案が解決するならいつでも行く」と述べた。
そうである。しかしこの発言は、家族会への言明としては、極めて曖昧な責任逃れとも受け取れる空々しい発言である。その理由は次の各項による。

①拉致問題のみに限定せず、「拉致問題を含めた諸問題」に範囲を拡大し、始めから拉致問題のみに取り組む姿勢を曖昧にしている。これは拉致問題以外に範囲を拡大し、拉致問題の重要性を曖昧にするものである。これは責任逃れの方向と視てよい。

②拉致問題と一概に云うが、政府認定の拉致被害者の数17人((参考2)参照)は、特定失踪者調査会認定の288人((参考3)参照)とは極端に離れている。政府はこの差を説明しようとしないし、拉致認定を拡大する努力をする意思は全くない。さらに真相究明の努力が行われているとは聞いたことがない。日本政府は真相が判明することを恐れているように見える。

③諸懸案とは何か。戦後補償問題、核開発、ミサイル開発、日本の歴史政策などを言っているのであろうか。とすれば、野田首相の発言のニュアンスには、拉致問題を、これらの諸懸案の中に埋もらせようとする底意が見て取れる。

野田首相は、家族会の人々に、巧妙に同情しているように見せかけながら、実は拉致問題から逃げようとしている。
家族会の人々や、国民は、巧妙な発言の言い回しに騙されている。

政権が変わったからと言って、今まで通りのやり方では、一挙に拉致問題が解決するはずがない。野田首相はこのことをよく知っているので、『拉致問題と諸懸案』という新造語を考え出した。初めから逃げ腰である。これは卑怯である。


(注)写真は(参考1)より引用した。共同通信社に謝意を表する。

********************************************


(参考1) 野田首相「拉致解決なら訪朝」 2011年 10月 8日 17:53 JST (共同通信) (http://jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2011100801000619)
 野田佳彦首相は8日、北朝鮮による拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表ら15人と官邸で面会し、自身の訪朝について「私が行くことで拉致問題を含めた諸懸案が解決するならいつでも行く」と述べた。首相が就任後に家族会と会うのは9月11日に続いて2回目。今回は首都圏以外に住む家族会メンバーも出席した。飯塚氏は拉致問題について「国の最重要課題だという強い姿勢を示してほしい」と要請した。
(参考2)北朝鮮による日本人拉致問題出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E6%8B%89%E8%87%B4%E5%95%8F%E9%A1%8C
北朝鮮による日本人拉致問題(きたちょうせんによるにほんじんらちもんだい)は、1970年代から1980年代にかけて、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作員などにより、多数の日本人が極秘裏に北朝鮮に拉致された問題。日本では国民の生命と安全に大きな脅威をもたらすテロとされている[1]。北朝鮮は長年事件への関与を否定してきたが、2002年平壌で行われた日朝首脳会談で、ようやく日本人の拉致を認め、謝罪し、再発の防止を約束した。
日本政府が認定した拉致事案は12件、拉致被害者は17人[2]。 北朝鮮政府側はこのうち13人(男性6人、女性7人)について拉致を公式に認めており、5人が日本に帰国しているが、残り12人については「8人死亡、4人は入境せず」と明らかにした。[3]しかし、日本政府は「全員が生存しているとの前提で対処する」との立場をとっている。
<以下略>

(参考3) ■失踪者公開リストについて■  「特定失踪者問題調査会」発表http://www.listserver.sakura.ne.jp/cgi-bin/list/list3.cgi?mode=list2



さらば外務省!?私は小泉首相と売国官僚を許さない
講談社
天木 直人

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by さらば外務省!?私は小泉首相と売国官僚を許さない の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 中国 下水から食用油

    Excerpt: カネ儲けの為なら、人命軽視というより、完全に人命を無視する支那人。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-10-09 23:26