原発再稼働アンケートの結果に異議を唱える朝日新聞!

画像
 

九州電力玄海原発(佐賀県)の運転再開について、国民の賛成が反対を大きく上回ったそうである。この頃にない喜ばしいことである。『(参考1)』の報道がそれを示している。最近、野田政権は菅前政権が、異常なほどの原発嫌いであったのの較べ、来夏までに検査中の原発再稼働を明言している。これは、菅首相の狂気のような『脱原発宣伝』に惑わされた国民が、少しずつ正常に戻ってきた証拠である。

(参考1)では朝日新聞が、これに関する経産省エネ庁の発表の『賛成票が反対票を上回った数字』が、発表が途中直段階で最終段階と異なることを主張している。しかし、途中の段階でも、最終段階でも賛成票が反対票を上回っていたことは確かである。

朝日新聞はこのこの投票には『やらせがある』と非難しているが、どこまでその真実を握っているというのであろうか。いかに朝日新聞が『原子力嫌い』であるからと言っても、アンケート調査の結果が、その意に沿わないものであることに不満を表明するのは、行き過ぎではないのか。

***************************************


(参考1)原発賛否の投稿数の差、少なく公表 エネルギー庁http://www.asahi.com/national/update/0928/SEB201109280051.html
 経済産業省資源エネルギー庁が、九州電力玄海原発(佐賀県)の運転再開について説明したテレビ番組で、番組への投稿意見数を117件少なく公表していたことがわかった。実際の総数の17%に当たる。公表分では再開賛成が反対を大幅に上回っていたが、総数ではその差が縮んでいた。
 エネ庁などによると、番組は6月26日に佐賀県民向けにケーブルテレビなどで中継され、メールなどによる視聴者らの意見や質問も紹介した。番組後、エネ庁は投稿意見が計589件で、内訳は賛成286、反対163、その他140と公表したが、これは途中集計だった。最終集計は計706件で、内訳は賛成302、反対241、その他163だった。
 賛成意見から九電などの「やらせメール」141件を除くと、途中集計、最終集計ともに反対が賛成を上回るが、その差は途中が18件、最終が80件だった。




原子力発電がよくわかる本
オーム社
榎本 聰明

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原子力発電がよくわかる本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: 原発再稼働アンケートの結果に異議を唱える朝日新聞! 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-03 23:04
  • エアマックス 2013

    Excerpt: 原発再稼働アンケートの結果に異議を唱える朝日新聞! 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 23:01