広島の菅発言に感染した長崎市長の原発排除宣言!

画像

菅首相は8日の広島での原爆式典で、事もあろうか兵器とは異なる原子力エネルギーの平和利用である原子力発電を封ずる発言をした。9日の長崎での原爆平和式典では、長崎市の田上富久市長が、同じく原子力エネルギーを発電に利用することに反対する声明を読み上げた。どうやら菅首相によるやらせのように受け取れなくもない。とすれば長崎市長は自己の見解を持たない、他力本願の人物とと受け取れる。政府からの特別地方交付金の増額でも狙っているのであろうか。それにしても菅首相の余命は幾ばくも無いはずである。

長崎市長の演説には、原爆と原子力平和利用を混同した感情的そくめんが浮き出たないようで、評価できない。

かてて加えて、菅首相は、この長崎の式典でも、原子力の電力への利用に反対する演説を行い、一国の首相としてあるまじき行為を犯した。

一体、このような状態で、日本の産業界はその発展を維持できるのであろうか。そして原子力の平和利用が長崎の平和宣言にどのように抵触すると云うのであろうか。

*************************************************

(参考1 )長崎平和宣言(市長)要旨 (2011.8.9 14:42)産経
 今年3月、東京電力福島第1原発の事故に、私たちはがくぜんとしました。「ノーモア・ヒバクシャ」を訴えてきた被爆国の私たちが、どうして再び放射線の恐怖におびえることになってしまったのでしょうか。どんな社会をつくろうとしているのか、根底から議論し、選択する時がきています。より安全なエネルギーを基盤にする社会への転換を図るため、原子力にかわる再生可能エネルギーの開発を進めることが必要です。
 多くの人たちが原発の安全神話をいつの間にか信じていました。世界に2万発以上ある核兵器はどうでしょうか。ヒロシマ・ナガサキの数百倍も強大になった核兵器がさく裂する恐ろしさを考えてみてください。非人道的な核兵器はいりません。
 一昨年4月、米国のオバマ大統領は、核兵器のない世界を目指すという演説を行いましたが、新たな模擬核実験を実施するなど逆行する動きさえ見られます。オバマ大統領、被爆地を、そして世界の人々を失望させることなく、「核兵器のない世界」の実現に向けたリーダーシップを発揮してください。
 核保有国をはじめ国際社会は、核兵器全廃を目指す核兵器禁止条約の締結に努力を始める時です。日本政府に憲法の不戦と平和の理念に基づく行動を取るよう訴えます。
 原爆と東日本大震災の犠牲者に哀悼の意を表し、今後とも広島市と協力し、世界に向けて核兵器廃絶を訴え続けていくことを宣言します。
  2011(平成23)年8月9日
  長崎市長 田上富久




自動車整備実技教科書—厚生労働省認定教材
社団法人雇用問題研究会
高地 昭彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自動車整備実技教科書—厚生労働省認定教材 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

核問題入門—歴史から本質を探る
勁草書房
長崎 正幸

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 核問題入門—歴史から本質を探る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

核廃絶と世論の力長崎平和シンポジウム【中古】afb
ブックセンターいとう
商品区分セルJANコード9784000030601タイトル核廃絶と世論の力長崎平和シンポジウムタイト

楽天市場 by 核廃絶と世論の力長崎平和シンポジウム【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー サングラス

    Excerpt: 広島の菅発言に感染した長崎市長の原発排除宣言! 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: オークリー サングラス racked: 2013-07-06 02:52