「直ぐに辞めなければならないのは菅首相である!」について

直ぐに辞めなければならないのは菅首相である!」について

もう既に国民の信用を失墜してるのに、辞めなければならない人が、「これだけの法案」を通さないと辞めないと言うこと自体、極めて奇妙なことに思えます。

国民からすれば、「後進に道を譲るために止めてもらう」のではなくて、「無能だから辞めてもらおうとする」訳であります。法案を通すことよりも、早く辞めてもらうことの方が、国民の願いなのです。

この辺が政治家の卑怯なところであります。有能であれば、後進に道を譲ることは後にして、政権の座に、いつまでも座ってもらいたいのが国民の願いです。その反面、有能でない人には、早く政権の座から降りてもらいたいのです。法案を通すことは、後の人に任せればよいのです。

一人の人間の栄光と政治的駆け引きで、国民が犠牲になる。このような政治家の「エゴ」は許すことはできません。彼等には、国民よりも自分の政治生命の方が大事なのです。

国民は、今後、政治家や政党を選ぶ時には、自分達のことや、党利党略に拘る人は、政治家としては排除すべきだと思います。

辞める辞めるといいながら、絶対に辞めない。このような人は完全な嘘つきです。国民は、今後、嘘つきは政界から排除すべきです。




アメリカ都市政治と官僚制 公務員制度改革の政治過程 (単行本・ムック) / 菅原和行/著
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by アメリカ都市政治と官僚制 公務員制度改革の政治過程 (単行本・ムック) / 菅原和行/著 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




レーニン トロツキー スターリン …二十世紀の大政治家1 【中古】afb
古書 高原書店
発行年:1977年備考:ヤケ、天ヨゴレ、カバヤブレ状態:CB6サイズ参考画像はありません

楽天市場 by レーニン トロツキー スターリン …二十世紀の大政治家1 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

noga
2011年08月06日 19:10
どうしてこれほど次元の低い、中身のない権力争いになってしまったのか。
たとえば、菅さんに代わって新しい方が総理大臣になったら、どういうことを国民にアッピールするのか。日本の政府は何をするのか。
大連立は手段であって、その目的はまた別であります。その話なしでは、国民は政治にはあまり興味はありません。

問題を解決する能力はない。だが、事態を台無しにする力だけは持っている。
これを実力者の世界というか、親分の腹芸か、それとも政党の内紛のようなものか。
意思がなくて、恣意 (私意・我儘・身勝手) がある。
哲学 (あるべき世界の内容) がなくて、陰謀 (たくらみ) がある。
スッキリがなくて、モヤモヤがある。
白日の下ではなくて、朧月夜か。
かくして、日本人の世の中は難しくなっている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
深山飛水
2011年08月14日 09:16
今唐加太朗様
ブログ玉を有難うございました。
深山飛水
2011年08月14日 09:23
風林火山様
TB有難うございました。

この記事へのトラックバック

  • 菅内閣打倒 渋谷デモ

    Excerpt: 昨日、8月6日に、「頑張れ日本!全国行動委員会」の主催で「菅内閣打倒」の街宣が渋谷で行われた。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-08-08 00:19