中国の消費者物価上昇? インフレの到来か?

画像

中国『(参考2)』が示すしめすrようにの消費者物価指数は、今年3月には、上図に示すように、5.4%であった。それが、5月には、産経の6月14日の報道『(参考1)』が示すように、5.5%に上昇し、さらに6月には、産経の7月9日の報道『(参考2)』が示すように、6.4%に上昇した。確かに、中国の消費者物価指数は、上昇し続けている。消費者物価指数は1年以上にわたって上がり続けている。

要するに物価が上がり続け散るということである。中国では一部の富裕層と、そうでない人や農民との格差は、想像を絶する程に大きい。中国のGDPは日本を抜き、世界第二位になったとは言うが、その人口は日本お10倍であることを考えると、国民一人あたりのGDPは日本お10分の1に過ぎない。すなわちうに全体としての生産活動は、国民一人に換算すれば、極めて小さい。国民全体からすれば、所得格差は極端である。

このことは、物価の高騰は一部の富裕層内は影響はないが、一般の国民の生活に厳しく影響する。一般国民は、物を買いたくても変えないのである。正にインフレの情況が、中国に蔓延しようとしている。(参考2)は、
物価高は低所得者を中心に貧富の格差への不公平感を強め、各地で発生している暴動の要因ともなっている
と伝えている。

中国はこのような危険な国内事情を持ちながら、膨大な資金を投じて、人民解放軍の装備や陣容のの拡充改善を行っている。そして周辺諸国には極めて手覇権主義的であり、核心的国家利益を主張する。南シナ海や東シナ海、南西諸島付近で採っている侵略的態度には、目に余るものがある。

中国は、現状の不況を乗り切るためには、その領土拡張主義を捨て、内政の充実を図るべきである。現在、中国に出資したり、工場を展開させたりしている外国企業は、中國・国内の頻発する暴動や、賃上げ闘争で、中国から撤退しようとする企業が続出することになろう。

中国は、今や、内部崩壊を招きかねない危険な状態にある。

********************************************

(参考1)中国の消費者物価、5.5%上昇 追加利上げで苦慮か (2011.6.14 11:44) 産経 (http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110614/fnc11061411470008-n1.htm)
 中国国家統計局は14日、5月の消費者物価指数が前年同月比で5.5%上昇したと発表した。世界的な資源価格高騰などを背景にインフレが加速し、2年10カ月ぶりの高水準となった。5%を超えたのは3カ月連続。
 物価安定のため中国人民銀行(中央銀行)が近く追加利上げに踏み切るとの観測が強まっているが、これまでの金融引き締め強化による景気減速の懸念も台頭しており、中国政府は難しいかじ取りを迫られている。
 中国政府は物価の抑制目標を昨年は3%、今年は4%に設定したが、物価上昇率は11カ月連続で目標を上回った。(共同)

(参考2)中国の暴動要因、物価高さらに インフレ加速、市民の不満一段と (2011.7.9 11:24) 産経http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110709/fnc11070911260005-n1.htm
 中国国家統計局は9日、6月(の消費者物価指数が前年同月比で6.4%上昇したと発表した。景気が過熱した北京五輪前の2008年6月以来、3年ぶりの高水準。インフレが加速し、市民の不満が一段と高まるのは確実だ。
 物価上昇率は3月に5%を超え、わずか3カ月で6%を突破した。政府の抑制目標(4%)を大きく上回っている。
 物価高は低所得者を中心に貧富の格差への不公平感を強め、各地で発生している暴動の要因とも指摘されている。社会の不安定を警戒する胡錦濤指導部はインフレ対策に全力を挙げる考え。(共同)




デフレとインフレの経済学—グローバル化時代の物価変動と日本経済
日本評論社
法專 充男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デフレとインフレの経済学—グローバル化時代の物価変動と日本経済 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

インフレ・ターゲティング—物価安定数値目標政策
日本経済新聞社
伊藤 隆敏

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インフレ・ターゲティング—物価安定数値目標政策 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

物価迷走 ——インフレーションとは何か (角川oneテーマ21)
角川グループパブリッシング
神田 慶司

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 物価迷走  ——インフレーションとは何か (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック