石原都知事の節電案を完全否定する蓮舫氏に反省を促す!

画像

奇妙と言えば、奇妙である。何でも節約を旨とし、予算の無駄を省き、切り捨ててきた蓮舫氏にしてみれば意外である。しかも、現在、節電啓発担当相といういかにも長ったらしい肩書で、国民の節電を促す役割を担っている一種の宣伝マン、いや宣伝ウーマンである。その人が節電への重大なヒントを与える石原都知事の『自動販売機の不使用提案』を、いとも冷たく切り捨てた。そして石原氏の提案への返答の形で、13日の衆院内閣委員会で、『節電と経済効果への支障を最小限に抑える知恵は、同時進行で取り組むべきだ』と発言した。
節電啓発担当相という肩書であれば、『石原氏の提案は、大いに尊重する。なおこれによる経済効果に負の面があるとすれば、それも検討する必要があると思う』とでもいうべきであった。

にもかかわらず、余りにもすげない態度なので、もしかすると、蓮舫氏は、自分の役職のお株を奪われたような気がしたのかもしれない。もっとも、こういう喋り方をするのは、この人の特徴であることも確かである。母親が、「ミス・シセイドウ」であったという遺伝子を継いだ人であることから来る美貌のために、しかも切り口上ではっきりと物を言う性格の人であるために、その発言は一際、冷たく聞こえる。

『何故、スパコンが世界一でなければいけないのですか』といった時の切り口上とよく似ている。相手を切り捨てることが好きな人である。

自販機での売り上げは1・9兆円で清涼飲料剤財売り上げの42%を占めるそうであるが、この分をスーパーへ回し、安く売った方が売れ行きはそれほど落ちることはあるまい。むしろその分を他の生産業に回した方が経済効果が高いというのが、石原案であろう。もっと石原案を支持し、自分の案も」い加味するというyた立場をとって、彼女よりも2倍も年上の大先輩を尊敬する立場をとってこそ、節電効果が上がるというものである。

一時は彼女も目指した東京都知事への道も、大先輩に敬意を表してこそ開ける。ただ対抗して、気が強くふるまうのが得策とは言えないのである。

なおこの記事を書くに当たり、(参考1)と(参考2)を参照した。

***********************************

(参考1)蓮舫氏、石原氏の自販機悪玉論に反論 (2011.4.14 00:18) 産経 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110414/plc11041400200000-n1.htm
蓮舫節電啓発担当相は13日の衆院内閣委員会で、東京都の石原慎太郎知事が節電のため自動販売機の不使用を求めていることに言及し、「石原氏がどういう思いで言ったのかは分からないが、節電と経済効果への支障を最小限に抑える知恵は、同時進行で取り組むべきだ」と反論した。両氏は事業仕分けで廃止判定とされたスーパー堤防や、節電をめぐる花見自粛論などで対立している。

 石原氏は「軒並み自販機が並んでいるバカな国は、世界中にない。便利かもしれないが自分の家で冷やせばよい」と自販機設置を強く批判している。一方、蓮舫氏は内閣委で「清涼飲料業界は主要19社で4・5兆円の売り上げがある。自販機での売り上げは1・9兆円で42%を占める。自販機をなくすのか。そこで働いている人もいる」と、石原知事の批判に反論した。

(参考2)「てにをはの分からない大臣」石原都知事 節電めぐり蓮舫氏批判 (2011.4.15 17:14) 産経 http://sankei.jp.msn.com/life/news/110415/trd11041517140019-n1.htm
 東京都の石原慎太郎知事は15日の定例会見で、蓮舫節電啓発担当相が「経済活動に影響がでる」などと自動販売機の節電に疑問を呈していることについて、「ばか言っちゃいけない。工場止めるより自動販売機止めたほうがよっぽど国民の役にたつ」と批判した上で、「そんな『てにをは』の分からない大臣だったら悲しい話だな。国民は」と切り捨てた。
 石原知事は、パチンコや自動販売機に使う電力こそが「日本の経済を疲弊させている。その分有効な生産手段にまわしたらよい」と持論を展開。その上で「彼女(蓮舫節電啓発担当相)は非常に私に腹を立てているみたいですが結構。腹立つのは良いんだが、トンチンカンというんだああいうのは」と一笑に付した。
 清涼飲料水の自動販売機の節電対策をめぐっては、東京都議会の民主党が14日、自動販売機で日中の電力使用の停止を求める条例案を提案する方針を表明。党本部と地方議会との間でも意見が食い違うまとまりのなさも露呈している。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック