尖閣で釘を打ち忘れた田中角栄・元首相!

画像
 
尖閣諸島

画像

1972年の田中・周会談

田中角栄元首相は、1972年の田中・周会談の折に、周恩来首相に対し、『尖閣諸島は日本固有の領土であり、中国との間で話し合う必要はない』ことを断言すべきであった。

----------------------------------

1972年9月29日に、日本と中華人民共和国が国交を回復するために、日中共同声明が北京で調印された。この調印を行った日本側の主要代表は、田中角栄首相と大平正芳外相であり、中国側は、周恩来首相(国務院総理)と姫鵬飛外相(外交部長)であった。

この調印に先立って、上記のそれぞれ2人の首脳間、特に田中・周両者間で、25日~28日の4日間にわたり、事前交渉が行われた。この会談の内容は(参考1)に詳述されている。

この会談の3日目の9月27日の会談の後半で、田中・周の両者間で、次のような応酬があった。
田中首相(注): 尖閣諸島についてどう思うか?私のところに、いろいろ言ってくる人がいる。
周首相(注): 尖閣諸島問題については、今回は話したくない。今、これを話すのはよくない。石油が出るから、これが問題になった。石油が出なければ、台湾も米国も問題にしない。
この中の周首相の発言の「台湾も米国も問題にしない」は、「中国も台湾も米国も問題なしない」あるいは「台湾も中国も問題にしない」とすべきであろう。中国という言葉を入れなかったところに、周恩来氏の本音が滲み出ている。

ここで極めて遺憾なことは、田中角栄首相は、初めから、
尖閣諸島については,色々な(中国側の思惑に関する)噂を聞いているが、古来、我が国の行政下にあり、尖閣諸島に関しては、領土問題は存在しない。
と、はっきり明言して置くべきであった。このような明確な日本側の認識を、相手に伝えておかなかったところに、言いがかりの隙を与えてしまった。自信の無さそうな所が見透かされたのである。田中角栄元首相は、肝心なところで、釘を打ち忘れたのである。


***************************************


(参考1)データベース『世界と日本』
日本政治・国際関係データベース
東京大学東洋文化研究所 田中明彦研究室
[文書名] 田中総理・周恩来総理会談記録

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPCH/19720925.O1J.html



日本政治の正体
朝日新聞出版
田原 総一朗

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本政治の正体 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

拝啓、田中眞紀子総理殿
ぱる出版
遠藤 隆

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 拝啓、田中眞紀子総理殿 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

田中眞紀子総理で日本はこうなる—崩壊寸前の日本を建て直す政策と理念
日本文芸社
渡辺 正次郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 田中眞紀子総理で日本はこうなる—崩壊寸前の日本を建て直す政策と理念 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




拝啓、田中眞紀子総理殿
ぱる出版
遠藤 隆

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 拝啓、田中眞紀子総理殿 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

イギリス政治システムの大原則
第一法規株式会社
田中 琢二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イギリス政治システムの大原則 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日本政治の正体
朝日新聞出版
田原 総一朗

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本政治の正体 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




従海部俊樹到福田康夫-冷戦後日本11位首相(中国語) (風雲人物系列)
社会科学文献出版社
王 志俊

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 従海部俊樹到福田康夫-冷戦後日本11位首相(中国語) (風雲人物系列) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来
日本僑報社
林 祐一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】「オヤジとわたし」早坂茂三&「リーダイの死」塩谷紘【価格2,100】
イーワン!
現在、版元にも在庫なし。田中角栄元首相の秘書の貴重な証言。一世を風靡した「リーダースダイジェスト」最

楽天市場 by 【中古】「オヤジとわたし」早坂茂三&「リーダイの死」塩谷紘【価格2,100】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 創刊号 2012年 1/24号 [分冊百科]
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 創刊号 2012年 1/24号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科]
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来
日本僑報社
林 祐一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科]
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来
日本僑報社
林 祐一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 創刊号 2012年 1/24号 [分冊百科]
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 創刊号 2012年 1/24号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科]
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来
日本僑報社
林 祐一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 創刊号 2012年 1/24号 [分冊百科]
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 創刊号 2012年 1/24号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科]
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来
日本僑報社
林 祐一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 創刊号 2012年 1/24号 [分冊百科]
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 創刊号 2012年 1/24号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科]
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 池上彰と学ぶ 日本の総理 2012年 1/31号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来
日本僑報社
林 祐一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日中外交交流回想録—関懐過去 探望将来 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

ハカセタロット
2011年03月10日 15:30
田中角栄さんか。僕としてはなかなか参考になりました。
深山飛水
2011年03月10日 16:48
丁寧にお読みいただき、有難うございました。
われわれは、外交の歴史の真実を知ることによって、今後の我が国の外交に役立てるべきだと思います。

その点から、過去の資料は貴重です。

この記事へのトラックバック

  • 尖閣諸島領有に関する中国政府の恐るべき欺瞞!

    Excerpt: 昨年の12月22日の産経の記事『(参考1)』は、尖閣諸島の領有問題について、日中双方に「棚上げ」論があったことを、明らかにしているが、尖閣に関する筆者の記事『(参考2)~(参考5)』は、早くからd.. Weblog: 深山飛水の思いつくまま日記 racked: 2012-01-24 12:25
  • 中国共産党政権は尖閣で虚言癖が出て来た!!!

    Excerpt: 尖閣は日本の領土. 03月18日の読売新聞の記事『(参考1)』は、中国外務省の洪磊ホンレイ副報道局長は17日の定例記者会見で、沖縄県・尖閣諸島が日本語名で表記されている中国政府発行の地図が見つか.. Weblog: 深山飛水の思いつくまま日記 racked: 2015-03-22 09:51