2月26日の「朝まで生テレ」には失望した!

2月26日(土)の早朝(AM1:30~4:30)、テレ朝で、『朝まで生テレ』の討論放送が行われた。議題は、後で新聞の40面の番組表を見て、『激論国民に国を守る義務がある?』と分かった。この番組には、個人的な依怙地な見解と、声の大きな出演者の主張が通り、時に、筋の通らない理不尽さと怒りを感じることが多いので、今後は見ないことにしようと思っていた。ところが、偶然、夜中に目が覚めて、何となく視てしまった。そして後に残ったのは、出演者の言っていることがバラバラで、いつものように烏合の衆の集まりで、出演者が、勝手気ままなことしか言っていないことに失望した。

今回の放送で、局側は、司会者の田原総一郎氏、渡辺宜嗣アナウンサーおよ長野智子アナウンサーの3人であるのに対し、討論者は13名であった。この中で、在日外国人は3人であった。その経歴がかなり特徴的だと思われる討論者は、「9条の会」の高田健氏、「一水会」代表木村 三浩氏、日本共産党の笠井 亮(あきら)氏らであった。

この番組には失望した点が多かった。それらを箇条書きにして、次に述べよう。

(1)北方四島に関し、サンフランシスコ条約締結当時から、今日に至る領有問題の日ロ間の交渉の経緯を、元外交官である孫崎 享氏が比較的詳細に説明した。これについて討論者からは何の反応もなかった。少しは、日本側の今後の対応について、例えば北方四島への防衛の強化などについて、意見が出るかと思ったら、何の反応もなかった。

(2)竹島の不法占拠や、これに関連する最近の韓国の動きについて、同じく孫崎 享氏が、
●竹島が日本領土であることを実証するラスク書簡の存在や、
●ブッシュ大統領時代にアメリカ地理院が竹島の韓国名を認めたこと、
なども、事例として述べたが、それでは今後どうするかということについては、何の反応もなった。

(3)普天間基地移設問題については、2006年の日米合意を守ろうという話は全くなく、安全保障問題の専門家である森本敏氏からは、有益な示唆はなかった。肝心の孫崎 享氏は、『沖縄の抑止力』について否定的であった。この人は、鳩山前首相のブレーンだったそうであるが、どんな思考パターンを持っているのか理解に苦しむ。

さらには、この問題では、沖縄出身の無所属・参議院議員の糸数慶子氏が、俄然、張り切って、普天間基地の県外・国外移設を訴えた。彼女の独壇場で、余人に口を挟ませなかった。この場が、彼女の沖縄県人に対する選挙の票稼ぎの場になったように思える。

(4)共産党の笠井 亮氏は大声で多くの発言をしていたが、憲法改正や防衛力の拡大に反対したかったのであろう。喚き声ばかりが大きくて、意味不明の発言が多かった。

(5)番組出籍者には、全般的に危機意識が低く、建設的な意見はほとんどなかった。我が国をどのようにして守ろうという意見は全くなかった。討論者の中に外国人、特にシナ人を入れるのは良くない。番組の目的を疑う。

(7)民主党の長島 昭久氏や自民党の佐藤 正久は比較的正論を吐いていたように思えたが、もっと積極的に声高く発言してほしかった。

(8)今回も女性討論者3人を除く9人の中で3人までが、司会者と学歴が同じであった。この傾向は前と全く変わらない。

この番組で、唯一、救われたのは、番組の最後で、渡辺宜嗣アナウンサーと長野智子アナウンサーが、アンケートをとった結果、「『国民の手で我が国を侵略から守り抜かねばならない』と答えた人が80%を超えた」と告げた時であった。

なお参考として、この討論会への出席者の略歴を下記に示す。

◎討論者・略歴

●アレズ ファクレジャハニ: 東京外国語大学産学官連携研究員 テヘラン生まれ。91年シャリフ工科大入学、同年イラン革命後初の日本国費奨学生として来日。松江工業高等専門学校を経て、東京工業大学社会理工学科博士課程修了。.03年のイラン大地震発生後、 ...

●アレクサンドラ・ハーニー(Alexandra Harney、女性)。36歳。アメリカ出身、香港在住のジャーナリスト。東京での生活が長く、親日家。著書;『中国貧困絶望工場』。

●佐藤 正久: 50歳。日本の政治家。自由民主党参議院政策審議会副会長。参議院議員(1期)。元1等陸佐。元陸自・幹部学校・化学科主任教官。

●大西 健丞:43歳。日本のNGO「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ)の代表理事兼統括責任者。上智大・文卒。ブラッドフォード大・平和研究卒、修士。

●孫崎 享(うける): 67歳。元外交官。元防衛大学校教授。作家。外交評論家。東大・法(外務省合格のため中退)。

●木村 三浩::54歳。日本の新右翼団体「一水会」代表。元統一戦線義勇軍初代議長。三田文学会、日本ペンクラブ会員。国際組織NASYO(非同盟諸国学生青年会議)常任理事(1998 - 2003年)。慶大・法卒。

●森本敏:69歳。 安全保障研究者。拓大・大学院教授。 防衛大学校・電気卒。タフツ大学 ・法律外交修士。

●潮匡人:50歳。評論家、軍事ジャーナリスト。元航空自衛官。帝京大学短期大学人間文化学科准教授。早大・法卒。早大・法学研究科・修士

●笠井 亮(あきら):58歳。政治家。日本共産党・衆議院議員。元参議院議員(1期)。日朝国交正常化推進議員連盟副会長。東大・経済卒。

●糸数(いとかず ) 慶子:63歳。政治家。無所属参議院議員(2期)。沖縄社会大衆党委員長。バスガイド、沖縄県議会議員(3期)を歴任。

●葉千栄(よう せんえい):53歳。日本の大学教授。ジャーナリスト。元・中華人民共和国・俳優。東海大学総合教育センター教授。専門は現代中国政治、東アジア・外交安全保障、中国文明史。早大・政治研究科・修士。

●長島 昭久:48歳。政治家。民主党・衆議院議員(3期)。前防衛政務官。政策シンクタンク国家基本問題研究所理事。慶大・法・法律学科および政治学科卒。慶大・法学研究科・修士。

●高田健:66歳。護憲派。「9条の会」推進者。早大・文・中退。


◎司会者の氏名
●田原総一朗:76歳、ジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター 早大・一文卒、 『朝まで生テレビ!』司会


◎テレ朝側・協力司会者
●長野智子:48歳、フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー、報道キャスター、上智大・外国語学卒

●渡辺宜嗣 :57歳、テレビ朝日のアナウンサー、明大・商卒。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • なぜ格差は広がるのか? 

    Excerpt: Tweet なぜ格差が広がるのだろうか? これはもちろん、日本だけでなく今先進国でかなり広く見られる現象である。日本だけがおかしいわけじゃないし、まして小泉改革が問題だ.. Weblog: ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ racked: 2011-02-28 06:49
  • カナダの農業が崩壊したですって?

    Excerpt: 【書き下ろし】カナダの農業がNAFTAでひどいことになったからTPPはだめだとか言う意味のわからないTPP反対論が出てきているらしい。本当に、既得権益を守るためにわけ ... Weblog: 「小さな政府」を語ろう racked: 2011-02-28 10:31
  • オークリー

    Excerpt: 2月26日の「朝まで生テレ」には失望した! 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: オークリー racked: 2013-07-04 00:09