中国最高指導部がGoogleへのサイバー攻撃を指令

5日のNHKの報道『(参考1)』は、
Googleが中国から撤退する10ヶ月以上前に、中国の最高指導部の指示で、何か月か前に、サイバー攻撃を受けていたことを、ウイキリークスが明らかにした
ことを述べている。どうやらこの攻撃は、Googleの経営する個人のためのGメールの中を勝手に検索し、検閲するものであったらしい。さらにGoogleの重要なソフトが盗まれるというものであったようである。

これまで、ウイキリークスが、世界の国々の国家機密情報を勝手にネット上に乗せ、公開したことは、その国家機密を持つ国にとっては重大な脅威であり、許しておけないことに違いない。

しかし今回の中国によるGoogleへのサイバー攻撃を、ウイキリークが世界中に公表したことは、『中国は、このような卑劣な行為を、個人、企業、国家に対し見境なく行う地球上の最悪の無法国家である』ことを、ネットを通して世界中に知らしめたことになる。これは実に大きな功績である。

元々、中国のGoogleへの上記の行為は、産経の3月25日の記事『(参考2)』によって明らかになっていた。この記事は、
米国の議会と政府が合同で中国の人権問題などを調査する「中国に関する議会・政府委員会」が、3月24日、Googleなどのインターネット規制について公聴会を開き、議員側はGoogleの中国本土撤退の措置を超党派で礼賛した。そしてGoogle 側代表は中国政府関する抑圧の実態を改めて証言した。
と述べている。

結局、今回の ウイキリークスの発表は、Googleへの非条理な行為が、中国という国家ぐるみで行われたことを強調した点に功績がある。

なお、筆者は、中国が、国家ぐるみのサイバー攻撃に、いかに熱心であり、それが他国にどのように危険であるかについて、こlれまで何度か述べている。参考までにそれらを列挙する。

中国公安のスパイ活動とハッキング攻撃をこのまま見過ごすのか? << 作成日時 : 2009/05/03 13:50 >>
http://mikitogo.at.webry.info/200905/article_3.html
中国が後押しする北朝鮮のハッカー行為 << 作成日時 : 2009/07/16 21:15 >>
http://mikitogo.at.webry.info/200907/article_24.html
官民を挙げて防諜意識の徹底を!!! << 作成日時 : 2009/06/27 19:39 >>
http://mikitogo.at.webry.info/200906/article_40.html
サイバー・テロは大量破壊兵器に匹敵する!!! << 作成日時 : 2009/05/31 21:33 >>
http://mikitogo.at.webry.info/200905/article_40.html
中国のサイバー攻撃に耐え得る日本政府計算機システムの構築を!!! << 作成日時 : 2009/05/25 15:19 >>
http://mikitogo.at.webry.info/200905/article_32.html

*********************(終わり)***********************


(参考1)“中国指導部メンバーが攻撃指示” (2月5日 16時50分) NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20101205/t10015653991000.html
インターネット検索最大手のグーグルが中国国内から高度なサイバー攻撃を受けた問題について、この攻撃は、中国最高指導部のメンバーの指示によるものだったと関係者が証言していることが、「ウィキリークス」が公開したアメリカ政府の外交文書で明らかになりました。
この問題は、インターネット検索最大手のグーグルが中国国内のハッカーから高度なサイバー攻撃を受けていたもので、グーグルはことし3月、中国での検索事業からの撤退を発表しました。ウィキリークスは、この問題について書かれたアメリカ政府の外交文書を入手し、アメリカの有力紙「ニューヨークタイムズ」などが、4日、その内容を伝えました。それによりますと、アメリカの外交文書には「中国最高指導部のメンバーで、思想・宣伝部門を統括する李長春政治局常務委員と、治安維持を担当している周永康政治局常務委員の指示で、グーグルへのサイバー攻撃が行われた」という関係者の証言が記載されていました。この関係者は「信頼できる情報源」とだけ記され、誰なのかは分かっていません。また、グーグルが中国からの撤退を発表する10か月前に、北京のアメリカ大使館が作成した文書には、李長春常務委員がグーグルで自分の名前を検索したところ、自分を批判する記事が出てきたことも記載されています。中国政府は、グーグルに対するサイバー攻撃への関与を一貫して否定しています。
 
(参考2 )グーグルが中国政府の「抑圧」実態を証言 米政府・議会合同委で (2010.3.25 17:43) 産経http://sankei.jp.msn.com/world/america/100325/amr1003251743016-n1.htm
 【ワシントン=古森義久】米国の議会と政府が合同で中国の人権問題などを調査する「中国に関する議会・政府委員会」は24日、グーグルなどインターネット規制についての公聴会を開き、議員側はグーグルの中国本土撤退の措置を超党派で礼賛した。グーグル側代表は中国政府の抑圧の実態を改めて証言した。
 同公聴会では民主党の大物のバイロン・ドーガン上院議員が議長となり、冒頭に「グーグルの中国撤退は表現と情報の自由を支持する強固な一歩であり、中国政府のインターネット検閲への強力な非難だ」としてグーグルへの支持を表明した。共和党のベテランのクリス・スミス下院議員も「中国政府の抑圧に抗議したグーグルの行動は中国側の民主主義信奉者たちにも強い支援となり、まだ中国の独裁政権に対し自由擁護の明確な態度がとれないでいる他の米国企業にとっての見本となった」と高い評価を送った。
 グーグル側からはアラン・デービッドソン公共政策部長が証言し、中国政府が同社の検索事業の検閲だけでなく(1)グーグル社のインフラ組織にサイバー攻撃をかけて侵入し、情報や知的所有権を奪おうとする行動を継続している(2)グーグルが管理するGメールのうち在外中国人の民主活動家多数のサイトに侵入し、情報を盗んだり、サイトの混乱を図っている-と述べた。
同部長はまた中国政府の検索検閲について「中国当局はグーグルに対して、この検閲の是非は交渉の対象にはまったくならないと告げており、中国側の検閲の方針は揺らいでいないようだ」とも証言した。




起きていることはすべて正しい?運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
ダイヤモンド社
勝間 和代

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 起きていることはすべて正しい?運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スープラバーズダイエット

    Excerpt: 細く美しくありたいという女性の願いはやむことがありません。そんなあなたの願いをかなえるための商品が次々と発売されています。しかしたいして効果がないようなものをダイエット効果があるといっていることもある.. Weblog: ダイエット:ダイエット総合サイト racked: 2010-12-07 16:05
  • 我が国の耐ハッキング対策はどうなっているのか?

    Excerpt: 3月4日のAFPBBの報道『(参考1)』によれば、韓国では、4日午前10時ごろから、政府機関などの29ウェブサイトがサイバー攻撃を受けたことを、韓国放送通信委員会、KCC)が発表したとのことであ。さら.. Weblog: 深山飛水の思いつくまま日記 racked: 2011-03-05 16:38