尖閣に中国名!! あくまで反日的なGoogleMap?

画像

沖縄県・尖閣諸島。手前から、南小島、北小島、魚釣島(注1)

13日の産経の記事によれば、GoogleEarth(この頃はGoogleMapと名称変更したらしいが)は、反日的である。彼等は、今回も前と同じ過ちを犯した。以前にも、(参考1)に示すように、日本海(JapanSea)を東海(EastSea)と呼ぶ重大な過ちを犯した。「東海」呼称が全く世界的に認知されていないのに、韓国の捏造による「東海」呼称を日本海の場所に挿入ないしは併記した。Googleのなかに韓国人の被雇用者がいて、それが画策したか、韓国政府関連の機関が画策し、韓国でのGoogle開設への条件にしたのかもしれない。要はGoogleという会社は、営業本意、利益本意で、どのようにも動く。出鱈目な会社なのである。

一度あったことは、二度ある。今回も同じ様な重大な過誤をGoogleは犯した。これは重大な過誤では済まされない。あろう事か、GoogleMapは、我が国の(注2)領土である尖閣諸島と同諸島の魚釣島について、それぞれ中国側呼称である釣魚群島と釣魚島を併記しているというのである。日本領土であるのにGoogleが何故中国名を併記するのか。これは、尖閣を中国領土と認めるようにとの圧力が、何らかの形でGoogleに加えられた可能性があるからであるか、もしそうでないとすれば、Googleの中に反日分子が巣くっていて、事あるごとに、日本に不利な情報を流す輩がいるということを物語っている。

今後、このような会社は日本での営業を禁止したらどうか。何もGoogleが営業しなくても、外にもYahooなどの検索会社がある。日本自体で検索会社を立ち上げることを計画しても良い。日本で営業していて、我が国(注2)に害をなすような会社は断固排除すべきである。 

(参考2)によれば、
自民党は13日、「中国との領有権問題が存在するかのごとき表記になっている」として、日本法人「グーグル株式会社」(東京・六本木)に中国側表記の削除を求めた。<中略> グーグル側は「米本社に伝え、しかるべき時期に回答したい」と答えたというが、産経新聞の取材には「マップ運営ポリシーは中立的立場でユーザーにサービスを提供することだ。異なる主張のある地域は両方を併記する」と説明した。
そうである。しかしGoogleのこの主張は、重大な間違いを堂々と主張していることになる。何故なら、異なる主張がある場合には、どちらが正しいかという判断が 優先されねばならない。Googleの言い分には巨大なマーケットを敵に回したくないという会社の利潤本意の考えが入っている。彼等の場合、両方の主張を併記する場合には、真実よりも会社の利潤を優先するという考えが色濃く入っている。

以前の「日本海」と「東海」の併記問題と同じ様に、Googleは反日的である。このような会社は、日本には必要ない。排除すべきである。

(注1)この図は、(参考2)より借用した。産経新聞に謝意を表する。
(注2)「我が国」のことを「この国」とは呼ばないので、くれぐれもご用心を!!!

******************(終わり)********************


(参考1)日本海か東海か――Google Earthが海洋名の記載方針を発表http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/10/news015.html
  国によって呼び名が異なる海洋の名称をGoogle Earth上でどう表記するかについて、Googleがその基本方針を公表した。2008年04月10日 08時17分 更新
 米Googleが公式ブログで、Google Earthでの海洋名の表記方法に関する方針を明らかにした。今後、地名の呼称の決め方や国境の位置の定め方、一部の地域や場所の画像が不鮮明になっている理由などについても説明していくという。
 複数の国々が接する海洋の名称をめぐって合意できない場合、Googleはほかの地図製作会社同様、綿密な調査を実施する。「太平洋」など、大半の海洋は一般的な名称を持つが、地域や文化によって異なる名称で呼ばれているものもある。単に言語の違いによって異なる場合もあるが、日本側では「日本海」、韓国側では「東海」と通称されるなど、政治的、歴史的、文化的な論議を呼んでいるケースもある。
 Googleは地理的参照ツールを発行する立場から、国際的な地理的論争問題において、どちらか一方の肩を持たないとしている。この立場を守るため、「Primary Local Usage」方針を制定した。
 この方針により、Google Earth英語版は、その海洋に接する主権国において「主に、また一般に使われる地域名」を表示する。接するすべての主権国が名称に同意している場合、1つの名称のみが表示されるが、名称について国家間で合意が成立していない場合、それぞれの名称が海洋の各国沿岸近くに表示される。
 また2つの名称がある場合、テキストボックスをクリックすると詳細な説明が読めるようにした。例えば「黄海(北京語)」「西海(ハングル)」をクリックするとそれぞれの説明が表示される。
 また英語以外のバージョンでは、その言語で用いられいてる名称のみが表示されるようにした。例えば日本語版Google Earthでは「日本海」とのみ表示され、韓国語版では「東海」とのみ表示される。このケースでも、クリックすると名称に関する政治的論議が表示されるよう設定されている。

(参考2)自民党、グーグルに尖閣の中国名削除を申し入れ (2010.10.13 23:56) 産経http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101013/stt1010131942006-n1.htm
 地図検索サービス「グーグルマップ」が尖閣諸島と同諸島の魚釣島について中国側呼称(釣魚群島、釣魚島)を併記していることが分かり、自民党は13日、「中国との領有権問題が存在するかのごとき表記になっている」として、日本法人「グーグル株式会社」(東京・六本木)に中国側表記の削除を求めた。
 さらにグーグルマップにロシア語名が併記してある北方四島はロシア語名の削除を、表記自体がない島根県・竹島は島名の書き込みを求めた。
 グーグル側は「米本社に伝え、しかるべき時期に回答したい」と答えたというが、産経新聞の取材には「マップ運営ポリシーは中立的立場でユーザーにサービスを提供することだ。異なる主張のある地域は両方を併記する」と説明した。
 同じく検索サイト大手の米ヤフーの地図は日本名のみの表記となっている。

この記事へのコメント

せーちゃん
2010年10月16日 09:46
 飛水先生、小生も気がついていました。
グーグル・アース:尖閣諸島辺りの「落書き」は・・・。

さよう、落書きといっても良いくらいのようなものが含まれています。

曰く、「日本人は釣魚島から出て行け。 おまえら日本に我が国の友好国になる資格はない!」・・・これは一部パソコンの辞書に無いので自分なりに日本語に置換えました。

さらには、
「JAPS! GET OUT OF CHINESE LAND!」に続き、
中国の領土、倭奴 (野蛮な日本人)は出て行け!、などとの書込みも見られます。

 単純な「主張」とは思えない書込みが含まれていたため個人的には中国の悪がきどもによる悪意の書込み、ハッキングかと想像しておりました。

 是非、一度御精査下さい。

 最近のニュースで中国語での日本国、日本人に対する「非難」は否応も無く目に入って来てますから小生にも何とか理解可能なものが殆どですが、これらの雑言までグーグル社が承知の上でグーグル・アースに記載したのでしょうか?。

このストーリーが事実であるとすれば飛水 先生のご指摘のようにわが国からグーグル社を排斥することは必要な措置に思えます。

追伸:ペンネームの件は押し付けがましかったかなとも感じていますが、飛水 先生には軽く受流されて頂き、ほっとしている次第です。
2010年10月19日 15:23
せーちゃん様

お返事が遅れ申し訳ありません。
「グーグル・アースに関連した尖閣諸島」に関する中国人と思しき落書きは、実のところまだ見ていません。実は、小生には中国語も白文も分かりませんので、見る意欲が湧かないのですが、彼等中国人の尖閣を中心とした日本人への罵詈雑言は多分相当なものがあると思います。

彼等が尖閣諸島が中国領だと言い出したのは1970年代ですから、今から40年前です。その頃から、そういう「歴史」や「社会」の教育が行なわれていたのでしょうから、今の中国人の50歳以下の人は、本気でそう考えているのかもしれません。

中国の江沢民・前国家主席は徹底して反日教育をやった人ですから、少なくとも、ここ20年間は1990年に学齢期に達した中国人、すなわち27歳以下の人は、尖閣諸島は中国領土だと教え込まれていることになります。彼等が反日的になるのは偽りの教育のせいです。さらに中国は、この偽りを、「領海法」などと称する欺瞞の法律で、国民に押し付けているわけですから、たまったものではありません。これからすると、中国人というのは意外と欺瞞を欺瞞と疑わない単純な民族なのかもしれません。

次期中国国家主席には、例の習某氏が就任することになったそうですが、彼も「江沢民」一派のようですから、当分、中国の日本を見る目は変らないと思いますね。

なお、グーグル社はヤフー社あたりに較べると、反日的な感じがします。社員の中に反日分子がいると云ううことだと思います。中国人や韓国人が社員の中に多く雇われていると、用心せねばならないと思います。尤も米国人の中にもいろいろな人がいますから、一概には言えませんが。
矢張り、グーグルが無礼であれば、拒否すべきだと思いますね。

この記事へのトラックバック

  • 二つのアメリカ Part3

    Excerpt: 引き続き、「二つのアメリカ Part3」を、『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』から紹介しよう。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-10-16 02:06
  • 「尖閣に中国名!! あくまで反日的なGoogleMap?」について

    Excerpt: 「尖閣に中国名!! あくまで反日的なGoogleMap?」について 管理人さん・せーちゃんさんへ。 >以前の「日本海」と「東海」の併記問題と同じ様に、Googleは反日的である.. Weblog: *自由の翼*ITUKYUU racked: 2010-10-16 16:25
  • 日本海、竹島を東海、独島とする誤記問題

    Excerpt: GoogleのMapsを開いて、「日本島根県竹島」と入力したが、今や竹島は全く現れず、島根県の見知らぬ土地の地図しか現れなかった。そこで「韓国 独島」と入力したところ、目的の地図が現れた。その地図上の.. Weblog: 深山飛水の思いつくまま日記 racked: 2012-03-23 06:13