県内移設を如何にして沖縄県人に納得させるか?

鳩山首相は、4日、沖縄県を訪れ、午前中、仲井真県知事と会談し、『米軍・普天間基地の県外への全面移設は困難で、鹿児島県・徳之島への海兵隊訓練所移設との抱き合わせで沖縄県内の別の場所に移設したい』旨を、言明した。全面的県外移設を主張している仲井間氏としては、承知しましたと言えるわけはない。鳩山首相は、午後、稲嶺・名護市長に面会し、同様の趣旨を伝えている。いずれの場合にも、仲井間県知事と稲嶺市長は、鳩山首相の発言に先立って県外移設を主張し、その後で、鳩山首相は、上記の『』内の言明を行っている。

普天間基地の県外移設は困難との意思表示である。問題七尾は
●鳩山首相は、鹿児島県の徳之島へ米海兵隊の一部の訓練を移転させるから、普天間の県内への移設を了承してほしいと言っているように聞こえる、
●鳩山首相は、稲嶺名護市長との直接対決を避けるためか、県内移設先をどこにするか、どのような工事をするのかについて、明言しなかった、

このような状態では、普天間移設先を、5月末までに決定するという時間制限はとても守れまい。第一、徳之島の反対には凄まじいものがあり、米国自身が徳之島については反対である。普天間の一部を徳之島にも移すという鳩山首相の沖縄への約束は空手形となり、沖縄の反発を強めかねない。

ここのところは、鳩山政権の全力を挙げて沖縄県民を説得するしかあるまい。

今の様な状況であるのに、TVの放送などを聞いていると、コメンテーターの中には、「沖縄に基地が集中し過ぎている、ガムなどへ移転させるか、日本全体として考えるべきだ」と主張し、沖縄の地政学的・戦略的重要性を絶対に理解しようとしない人がいる。これは困ったことである。この地政学的。戦略的重要性を沖縄県人に納得させるのは、メデイアの力も必要であると思われるからである。

これ以上は、鳩山首相や、その周辺を責めることは止めよう。今は如何にして、現行案に近い案で、沖縄県、特に名護市を説得するかを考える以外に方策はない。

*****************(終わり)******************

(参考1)首相が県外全面移設断念、沖縄訪問の真意は ( 2010年5月5日 2:59)
 沖縄県を訪れた鳩山首相は4日、仲井真県知事と会談し、アメリカ軍普天間基地(宜野湾市)の県外への全面移設を断念する考えを伝えた。また、会談後、記者団に対し、基地の移設先として、沖縄県内と鹿児島・徳之島を想定していることを明らかにした。沖縄訪問の真意はどこにあるのか。また、普天間基地移設問題は今後、どうなるのか。
 鳩山首相は今回、「国外、最低でも県外」という発言を撤回した。当初から県外移設は相当困難とみられる中、撤回までに結局8か月を要したことになる。そして、この間、県民の期待は高まった。
 一方で、日米関係はぎくしゃくした。鳩山首相は4日、県外への全面移設を断念した理由について、海兵隊が沖縄に駐留することの抑止力を挙げ、首相就任前は「抑止力は海兵隊が沖縄に存在しなければならない理由にはならないと思っていた」と、自らの認識不足を認めた。8か月の迷走は何だったのかと思わざるを得ない。
 今回の沖縄訪問の真意はどこにあるのか。県民からは、鳩山首相に対して厳しい声が投げかけられていた。首相側近は、抗議は想定の範囲内で、「自ら沖縄に行って直接話を聞くことが大事だった」と話している。5月末の期限に向けて、鳩山首相が普天間基地移設問題に真剣に向き合っている姿勢を示すことが大事だという。しかし、4日も「辺野古の海を汚さない」ことや、滑走路建設や徳之島への分散移転を前提に沖縄の負担軽減などを約束している。自ら話せば自らを追い込むことにもなるわけだ。
 鳩山首相は7日、徳之島の3町長と会談する予定。しかし、3人とも反対の立場を取っている。徳之島がすぐに分散移設の受け入れを認めるシナリオは現実的ではない。また、徳之島移設にはアメリカ政府も難色を示している。しかし、普天間基地機能の徳之島への分散がなければ、鳩山首相が描いている移設案が大きく崩れることになる。
 鳩山首相が目指す「5月末までの決着」は絶望的で、妙案は見つからない状況だ。そんな中、首相周辺からは決着を先送りする案も浮上している。しかし、「5月末に沖縄、アメリカ、連立与党3者の合意を得て決着させる」と言い切ってきたのは鳩山首相自身だ。先送りとなれば、鳩山首相の言葉の信頼性をさらに大きく損なうことになる。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック