社民党は連立を即離脱し福島党首は鳩山政権を去れ

この時期、しかも普天間基地移設先が辛うじて纏まろうとしている現在、福島少子化担当相は「現行案に戻るようなことがあれば断行反対し、社民党として連立を離脱する」構えを見せている。彼女は、社民党の党首であることを優先し、鳩山内閣の一員であることを忘れている。であれば、鳩山首相は、鳩山内閣の方針に反するものとして断固福島氏を罷免すべきである。

また社民党が現在の考えを変えず、普天間移転先について、県外や国外のような非現実的な考えを主張する限り、我が国にとって決して利益にはならない。この政党は我が国に害悪を及ぼす政党以外の何物でもない。社民党を与党から早急に排除すべきである。

このままでは、我が国の安全保障と防衛に支障を来す。第一、鳩山内閣の漸く固まろうとしている普天間基地移設先について、真っ向から水を差すことを平気で公言する福島態度を放任する鳩山内閣の信用は、下がるばかりである。今や断の一字あるのみである。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック