驕り高ぶり、人を見下した小沢一郎の記者会見

小沢一郎の14日の記者会見は甚だ横柄、かつ高圧的で記者を極端に見下げた態度であった。
(1)「君は憲法を知らないのか」、
(2)「憲法上から言えば、天皇陛下が内閣の決めたことに従うのは当然だ」
(3)「天皇陛下への拝謁申し込みは1ヶ月以上前などというのはだれが決めたのか。そんなルールはない」、
などと数々の横柄な物言いをした。

このような乱暴な侮辱的な物言いをされても、参加した記者には全く気にならないらしい。第一、初めから記者を「君たち」と呼んだ。「君たち」と呼ぶのは、初めから記者を自分よりも下位の相手と視た態度である。このような侮辱的な態度をとられても、記者たちは後難を恐れて黙っている。以前、自民党が政権与党のときには、政権の中の大臣である誰かが記者会見をやれば、どこかに揚げ足取りの隙がないかと探し回り、発言の穴を見つけて徹底的に叩きまくった。記者の態度も変われば変わるものだ。

小沢一郎の言う(1)の「憲法」とは、憲法第三条のことであろう。ここには、
天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言を必要とし、内閣が、その責任を負う。
と規定してある。従って、小沢一郎は、今回の鳩山内閣が決めた天皇陛下と中国の習国家副主席との面会を、内閣府の下位組織である宮内庁は素直に受け入れて内閣の指示に従うのは当然のことであると言いたいのであろう。だから(2)のような発言をしたのであろう。

実際には、小沢一郎は、(2)の発言以外に、もっと強く、(3)の発言をしている。さらに「宮内庁長官は文句があるならば、辞任してから言え」という極めて乱暴な言い方をしている。これはおかしい。宮内庁長官の立場で物を言ってこそ意味があり、辞任してから言っても全く意味がない。宮内庁は、たとえ内閣府の下部組織だとしても、皇室側の立場をも代表する機関であることは当然である。小沢一郎の発言は、宮内庁および宮内庁長官の立場を無視した非常識極まる侮辱発言である。

1ヶ月ルールは宮内庁で作られたもののようであるが、小沢一郎は、「これが宮内庁で作られたものであり、上位組織である内閣で作られたものではない。上位組織である内閣の意思決定が優先されて当然だ」と言いたいようである。しかし小沢一郎のこの考えも間違っている。このルールは宮内庁で作られたかもしれないが、当然、内閣で採用され、定着していた。それを知らないはずはないのに、小沢一郎および彼に脅された鳩山首相が、知らぬふりをしてこのルールを破った。許せない。


今回の習副主席の天皇陛下との会見は、安倍元首相が主張するように、600名を引き連れた小沢一郎の中国・胡錦涛・国家主席訪問と引き換えにセットされたものであることは、まず間違いない。これは明らかに、天皇の政治的利用である。天皇は内閣の助言によって国事(特に政治に係る事項)に関与するが、特定国家や特定政治家によって利用されてよいとは、どこにも規定されていない。鳩山内閣や小沢一郎は天皇陛下を政治利用した。小沢は、今回の件について、中国政府の斡旋依頼はなかったと言うが、それは真っ赤な嘘である。

日本国民は小沢一郎や鳩山内閣に騙されながら、今なお民主党を高く支持している。日本国民は実に愚かであると言わねばならない。


*******************(終わり)*********************


(参考1a)
(参考1b)小沢幹事長が宮内庁長官を批判 ( 2009年12月15日 4:20 ) 日テレNEWES24
 15日に予定されている中国・習近平副主席と天皇陛下の会見が、1か月前までに打診するという慣例に反して決められた問題で、民主党・小沢幹事長が記者会見を開いた。
 小沢幹事長は「一部局の一役人が内閣の方針についてどうのこうの言うのは、日本国憲法の精神、理念を理解していない。民主主義を理解していないと同時に、もしどうしても反対なら辞表を提出した後に言うべきである」と語り、不快感を示した宮内庁長官を痛烈に批判した。
 また、天皇陛下との会見は1か月前までに打診するという慣例については、「宮内庁の役人が作ったからって絶対ということはない」「天皇陛下のお体がすぐれないならば、優位性の低い行事はお休みになればいいことではないか」と述べた。
 



細川護煕のウラ、小沢一郎のハラ
楽天ブックス
日本をまかせられない二人の魂胆実学百論 著者:第三書館出版社:第三書館サイズ:単行本ページ数:143

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




小沢一郎 嫌われる伝説
小学館
渡辺 乾介

ユーザレビュー:
小沢一郎の毀誉褒貶好 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年12月15日 16:39
我が国は今や最大の危機にあります。今回の中国の国家副主席のこの時期の急な来日と慣例を破った天皇陛下との急な面会は、小沢一郎のゴリ押し以外の何物でもありません。
普天間問題の解決引き伸ばしは、米国への嫌がらせであり、中国の圧力が陰で働いていると視て間違いないと思います。沖縄に米軍の基地があることは戦略的、地政学的に視て、日本には極めて重要なことですが、これは逆に中国からみれば極めて目障りなことに違いありません。鳩山内閣がこれだけ抵抗するのは、中国による我々の知らない謀略が働いていると視て間違いないと思います。
日本人はもっと国の危機に目覚めねばならないと思います。
風来坊
2009年12月20日 12:53
天皇陛下を馬鹿にしているのか、ともとれる国会議員としては、恥ずかしい発言であるのに、所属の民主党からは何のコメントが無いのはどうしたことだろう。
私は二大政党になるのを心待ちにしていたのに・・・・。
今の民主党400人は全部議員をやめよと言いたくなる。
独裁者の言いなりで発言(異存)も言えないのなら
税金のムダずかい。兎に角同じ国民の代表なのだから
自分達の主張ははっきり声に出して言わなくては・・・。
それが出来ない人は、”国会議員をやめよ”
2009年12月22日 11:51
風来坊 様
コメント有難うございました。
<天皇陛下を馬鹿にしているのか、ともとれる国会議員としては、恥ずかしい発言>とのご意見に賛成です。小沢一郎の発言には、天皇陛下のご健康をも気にせず、内閣の思うようにこき使おうという気持ちが含まれています。そして、天皇陛下は内閣指示のみでしか動くことができず、それが当然であるかのような発言をしております。憲法上の規定はともあれ、天皇陛下に対する尊敬の念というものが全くありません。憲法の規定が優先されるべきかもしれませんが、長年、継続されてきた一定のルールというものは、政権が変わったからと言って、破ってよいということにはなりません。政権が変わっても、天皇陛下は変わられたのではないのですから、これまでのルールを踏襲するのが当然です。
この辺に小沢一郎の行き過ぎがあります。もしかすると600人の馬鹿どもを引き連れて胡錦涛・主席に会ってきたので、自分が胡錦涛・中国皇帝からお墨付きを貰った従属国・日本の皇帝のような気持ちに舞い上がっているのではないでしょうか。
2009年12月22日 11:59
(上に続く)小沢一郎のこのごろの言動は特にひどく、驕り高ぶっています。国民の中には「小沢大好き人間」が多いようですが、これ等の人々は彼の裏の「悪玉ぶり」を全く見ていない烏合の衆と云うことになります。小沢に日本を預けるとどういう事になるか全く見えていない人々が多いようです。ガソリン税や子供手当で、政府の文句を言うのであれば、普天間問題で何故政府に文句を言わないのでしょうか。実は普天間問題を難渋させているには小沢なのです。小沢は選挙対策に名を借りて、社民党の普天間海外移設の主張を許しているのです。小沢は米国よりも中国寄りなのです。
そして小沢は外国人地方参政権を法律化することを最近、ソウル大学の韓国人学生にぬけぬけと約束してきました。
日本は今や最大の危機にあると思います。民主党を敢えて潰せとは言いませんが、小沢一郎は駆逐せねばならないと思いますね。民主党の中の心ある人々は一体何を考えているのでしょうか。民主党に中には小沢一郎の考えに拒否反応を持つ人もいると聞きましたが、やはり小沢一郎やその取り巻きの輿石東・幹事長や山岡賢次・国会対策委員長 が怖くて物が言えないのかもしれません。

ただ放っておくと日本は大変なことになります
ぽん
2010年01月06日 19:35
平和ボケの日本人は、1度は中国 朝鮮に占領にでもされれば、過去の歴史を学ぶことのできない体質を変えられるのでは?異民族に自分の妻とか子供が犯されようが、そうゆう時まで分からないでしょう。だから世界から馬鹿にされるのです。
2010年01月14日 14:11
ぼん様
コメントを有難うございました。
民主党はいよいよ外国人地方参政権付与法案を今国会に提出するそうです。
国民に公開した選挙のマニフェストには、書いていなかったが、政策集には述べてくあったと言って、あたかもこの法案の提出が当然であるかのように振舞っています。

これはとんでもない事です。今こそ、国民は眼を覚まさねばならない時だと思います。これでも民主党に賛成する国民が多い事は嘆かわしいことです。
日本人
2010年01月16日 07:36
もうそろそろ田舎っぺ大将いや、田舎将軍様は政治拝金心理教の教え通り入院して診断書、車椅子になるんじゃねーのか?お決まりの入院、診断書、車椅子。だったら笑えるな。
2010年01月18日 08:29
日本人様
政治資金規正法の第1条と第2条は次のようになっております。
(目的)第1条 この法律は、『議会制民主政治の下における政党その他の政治団体の機能の重要性及び公職の候補者の責務の重要性にかんがみ、政治団体及び公職の候補者により行われる政治活動が国民の不断の監視と批判の下に行われるようにする』ため、政治団体の届出、政治団体に係る政治資金の収支の公開並びに政治団体及び公職の候補者に係る政治資金の接受の規正その他の措置を講ずることにより、政治活動の公明と公正を確保し、もつて民主政治の健全な発達に寄与することを目的とする。
(基本理念)第2条 この法律は、『政治資金が民主政治の健全な発達を希求して拠出される国民の浄財であることにかんがみ、その収支の状況を明らかにすることを旨とし、これに対する判断は国民にゆだね、いやしくも政治資金の拠出に関する国民の自発的意思を抑制することのないように、適切に運用されなければならない。』
2『政治団体は、その責任を自覚し、その政治資金の収受に当たつては、いやしくも国民の疑惑を招くことのないように、この法律に基づいて公明正大に行わなければならない。』
どうやら、今回の事件は、上記の『』の部分から逸脱するように見えます。政治家はもう一度、襟を正してその政治活動が公明正大に行われているか反省すべきだと思います。

この記事へのトラックバック

  • 小沢氏の不敬・横暴を許すまじ

    Excerpt:  天皇陛下が本日、中国の習近平国家副主席と会見された。外国の賓客が陛下と会見する場合、1カ月前までに文書で正式に申請する「1カ月ルール」と呼ばれる慣例がある。ところが、1ヶ月をきっていながら、中国政府.. Weblog: ほそかわ・かずひこの BLOG racked: 2009-12-15 15:50
  • 民主党議員よ、小沢一郎を引きずり下ろせ!

    Excerpt: 『民主党』の政治家達よ、国民のための政治を行うのであれば小沢一郎幹事長(67)を Weblog: 本質 racked: 2009-12-17 22:30
  • 今や日本は最大の危機にある!!!

    Excerpt: ここで述べるのは、筆者の記事『驕り高ぶり、人を見下した小沢一郎の記者会見 (作成日時 : 2009/12/15 11:05) 東郷幹夫の思いつくまま日記』に対するコメントを纏めたものである。 Weblog: 東郷 幹夫の思いつくまま日記 racked: 2009-12-22 13:32
  • プラダ 財布

    Excerpt: 驕り高ぶり、人を見下した小沢一郎の記者会見 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-06 12:40