普天間基地の移設先は日米合意で決定済み!遅疑逡巡するな!

画像

 岡田外相は16日午前、沖縄を訪れ、宜野湾市の普天間基地や、その移設先として自ら統合を模索している嘉手納基地を視察したことを、「日テレNEWS24」のネット報道『(参考1)』や「日経」のネット報道『(参考2)』が伝えている。そして『岡田外相は、普天間基地の移設先として日米合意で決まっているはずのキャンプ・シュワブを訪れた』とは何一つ報道していない。ところで、今、岡田外相がこのような行動をとったことにどのような意味があるのであろうか。

筆者なりにその意味を考えてみよう。
①普天間基地の視察:この基地とその周辺の状況を視察して、その基地に隣接した周辺市街地に及ぼす航空機の騒音と落下物等の認識と、この基地の移設の必要性の再確認を行った。そしてこの普天間基地の移設は絶対的な至上命令であることを、自他共に再認識させた。

②嘉手納基地の視察:嘉手納周辺の住民代表者である嘉手納町長らは、現在の騒音状態から言っても、普天間基地を嘉手納基地に統合することは住民に極端な無理がかかるとの理由で、反対意見を表明した。

岡田外相は『無理がある』との意見に理解を示したものの、自説の普天間・嘉手納両基地統合案を撤回するとは言っていない。と同時に辺野古(名護市)に移設するこれまでの日米合意を白紙に戻し、他の場所に、(例えばこの嘉手納基地に)移設するす選択肢は封じられていると主張した。

岡田外相自身が、極めて矛盾した言い方をしている。嘉手納と辺野古の板挟みになった形である。日米合意の実行が迫られており、仮に住民の反対があるにしても、現在、名護市長は辺野古への移設受け入れ受諾を表明しているのであるし、国として決めたことである。何故、このように遅疑逡巡するのであろうか。

この際、名護市や沖縄県としての米軍基地の県外への移設コールは、無視せざるを得ないだろう。沖縄県民の苦情は苦情として主張せねばないことは理解できるが、沖縄県民は、日本として決めた国際的な合意には、如何に前政権の決定によるものであろうとも、従わねばならない。民主党は沖縄県での選挙対策を間違えた。間違えたのであるから、今から修正せねばならない。鳩山首相の言うように、遅くとも来年1月の名護市長選挙を見てそれまで待とうと言うのは、どういうことか。その時、普天間基地の(名護市の)キャンプ・シュワブへの移設に反対の市長が名護市長となったらどうすると言うのか。

これ以上遅疑逡巡することは、外交上の禁反語則への違反である。日本外交の信用の失墜につながる。勿論、鳩山内閣の支持率の低下にも繋がるだろう。要は早急に、日米合意通りの線に従うことを表明し、名護市民および沖縄県人の再説得を行うべきである。

それと同時に沖縄県人の他県への移動を容易にし、136万人の人口を半減する計画を打ち出すべきである。これは従来、南西諸島へ外国人を1000万人住まわせようとしていた民主党の考えと全く異なる発想である。民主党は政策の大変革が必要である。


******************(終わり)*******************


(参考1)岡田外相 普天間、嘉手納両基地を視察 (2009年11月16日 16:22) 日テレNEWS24
http://www.news24.jp/articles/2009/11/16/04147912.html
 沖縄を訪れている岡田外相は16日午前、宜野湾市の普天間基地や、その移設先として自ら統合を模索している嘉手納基地を視察した。
 嘉手納基地を視察した岡田外相は、嘉手納基地を抱える3つの自治体の首長らと意見交換した。この中では、嘉手納町長らが、岡田外相が普天間基地と嘉手納基地の統合を模索していることに懸念を示し、騒音など地元の実態を伝えた。
 これに対し、岡田外相は会見で「単に普天間の機能を持ってくることは無理があるという意見があったが、それはその通りだと思う。嘉手納統合案の実現可能性について、今中身を話すのは早い。ただし、日米合意を白紙に戻す選択肢は封じられていると思う」と述べ、早期に結論を出す意向をあらためて明らかにした。
 一方、鳩山首相は16日朝も、記者団の質問に対し、普天間基地移設については、辺野古(名護市)に移設するこれまでの日米合意を前提とはしない考えをあらためて強調した。しかし、年内に結論を出したいとする岡田外相とどう連携して結論に導くのか、道筋は見えていない。

(参考2)外相「日米合意、白紙は困難」 普天間移設
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091116AT3S1600Y16112009.html
 岡田克也外相は16日、沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の移設問題を巡り、同基地と嘉手納基地(嘉手納町など)を視察した。視察後、那覇市内で記者会見し、「日米合意をすべて白紙に戻すのは、日米同盟に様々な悪影響が出る」との見解を示した。
 外相は嘉手納町役場で、宮城篤実嘉手納町長ら地元の首長と会談。自らが実現の可能性を探る嘉手納基地への統合案に関し「検討しているが一つの案。騒音レベルが今以下になるのが大前提だ」と指摘。宮城町長らは「現状では無理だ」と否定的な考えを伝えた。
 外相は会見で、17日にも初会合を開く日米両政府による閣僚級の作業グループで、嘉手納基地の機能の一部移転など騒音被害の軽減策も話し合う考えを示した。ただ宮城町長らが会談で、騒音軽減策が前提でも嘉手納基地統合案に否定的だったことを明らかにした。(14:40)





基地の島沖縄 国策のまちおこし??嘉手納からの報告
凱風社
渡辺 豪

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

沖縄を撃つ! (集英社新書 415D)
集英社
花村 萬月

ユーザレビュー:
新しい切り口で大衆に ...
タイトルは良いのだが ...
下から見ないと、物事 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





1/48 米空軍 F-15C イーグル Wing King #1 嘉手納基地
アフターバーナーデカール

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/48 米空軍 F-15C イーグル Wing King #1 嘉手納基地 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ZIPPO KADENA AB 嘉手納基地(沖縄限定販売)
沖縄ミリカジ 楽天市場店
商品名 ☆軍用品☆ZIPPO KADENA AB 嘉手納基地(沖縄限定販売)商品説明沖縄限定販売ZI

楽天市場 by ZIPPO KADENA AB 嘉手納基地(沖縄限定販売) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「沖縄問題」とは何か—「琉球処分」から基地問題まで
藤原書店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「沖縄問題」とは何か—「琉球処分」から基地問題まで の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 鳩山由紀夫 vs 鳩山由紀夫

    Excerpt: ブーメラン鳩山内閣のパロディ動画を紹介しよう。 Weblog: 風林火山 racked: 2009-11-18 04:38
  • 鳩山首相は早急に普天間基地移転の日米合意を認めよ!

    Excerpt: 名護市辺野古キャンプ・シュワブ沖のV字滑走路(案) 普天間基地の移設問題で、北沢防衛相は日米合意案の踏襲(多少の修正を含む)を主張し、岡田外相は日米合意案で決まっている名護市のキャンプ・シュワブ.. Weblog: 東郷 幹夫の思いつくまま日記 racked: 2009-11-19 19:46
  • 普天間放置は保険の切れた車を運転しているようなものだ。

    Excerpt: 「ただいま検討中政権」について  いま、この瞬間にも継続している普天間の危険は議論の余地がない。いつ、事故がおきても不思議ではない状況が継続しているわけだ。普天間や沖縄住民にとっては、その危険の未然の.. Weblog: 罵愚と話そう「日本からの発言」 racked: 2009-12-06 15:00