自衛隊の国際貢献への主体的判断可能な法整備を

画像

25日、菅副総理は、鳩山首相の代理として相模湾での自衛隊観艦式に出席し、護衛艦「くらま」の艦上で訓示した。そしてその訓示で、『わが国の主体的判断と民主的統制の下で、(自衛隊を海外に派遣し、) 国際社会の平和と安定に(積極的に)貢献していくことを望む』と述べたそうである。

この訓示について、敢えて言及すれば、これまでの自衛隊の海外派遣は、我が国の主体的判断と民主的統制で行われなかったかのような言い方である。この否定文を論理的に言い直せば、これまでの自衛隊の海外派遣は、
(1)「主体的判断で行われなかった」か、(2)「民主的統制の下で行われなかった」かのいずれかであるような言い方である。そして「主体的判断で行われなかったり、民主的統制の下で行われなかったりした」ことを、詰っているように受け止めることができる。そして主体的判断とはどういうことか、民主的統制とはどういうことか、これはまた、誠に意味不明な言葉である。

陸自のイラク派兵も、海自のインド洋給油活動も、また海自のソマリア沖派遣も、いずれも国会の承認を受けて、日本の国家として、堂々と行われている。主体的判断ではなかったか、民主的統制のもとでなかったかは、全く関わりがないように思える。菅氏は一体、何を勘違いしているのだろうか。

敢えて言えば、これらの海外派兵は国際社会、特に米国の要請によるものが多かった。その意味では主体的判断ではなかったかもしれない。しかし、日本は米国と安全保障条約を結び、日米同盟の関係にある。安全保障条約や日米同盟は双務的なものである。このような関係にある日米両国は、集団的自衛権の行使について、双務的な責任を負っている。この双務的な責任をこれまでにっぽんが放棄して来たことに大きな問題がある。

日本は、これまで双務的な行動を放棄するか、嫌ったので、それの実行を米国に迫られると、それが主導的行動であるにもかかわらず、主体的判断の下で行われたものではないと、特に民主党の人々に勘違いされた。
このような勘違いを今後も犯すことのないように、日本はそれなりの法整備を行わねばならない。

菅副総理は国家戦略担当相でもある。国家戦略を考える立場から、憲法改正まで踏まえた徹底した法整備を行うべきである。それが行ってないから、今回のような紛らわしい訓示をせねばならないiことになる。

要は憲法9条を見直せということである。しかし、社民党と連携している現政権では、それは無理かもしれない。早々に社民党と袂を別ったらどうか。

*******************(終わり)*********************


(参考1)「国際社会に貢献を」菅副総理、自衛隊観艦式で訓示
(http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091025AT3S2500T25102009.html)
 菅直人副総理・国家戦略担当相は25日、神奈川県沖の相模湾で開いた自衛隊観艦式に外遊中だった鳩山由紀夫首相に代わって出席した。菅氏は護衛艦「くらま」の艦上で訓示し「わが国の主体的判断と民主的統制の下で、国際社会の平和と安定に貢献していくことを望む」と述べ、自衛隊による国際貢献活動に積極的に取り組む考えを示した。(25日 22:06)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マッカーサーの遅すぎた悔恨

    Excerpt: 先日、ネットを閲覧していると、政治ブログ、「日本が好きなだけなんだよ」で、 清水馨八郎著の「侵略の世界史」という本の内容が紹介されていた。 Weblog: 風林火山 racked: 2009-10-26 23:00
  • 地域主権と地方分権

    Excerpt: 民主党は、「地域主権」をうたっている。 Weblog: 丹国前向き新聞 racked: 2009-10-27 15:56
  • 民主党を斬る! 平沼赳夫

    Excerpt: 10月17日に行われた国民総決起集会・有識者スピーチで、 平沼赳夫議員の動画を見つけたので貼り付けておく。 [拡散希望] Weblog: 風林火山 racked: 2009-10-28 02:51
  • 自衛隊,自衛隊YouTube,陸上自衛隊,航空自衛隊,海上自衛隊,防衛大学,自衛隊音楽隊

    Excerpt: 自衛隊を自衛隊YouTubeで紹介します。陸上自衛隊、航空自衛隊,海上自衛隊、防衛大学、自衛隊音楽隊もお楽しみください。 Weblog: 自衛隊 YouTube racked: 2010-01-31 05:19