次期首相候補として皆さんは誰を押しますか?

福田内閣の支持率が25%に落ちたそうである。だからと言って次期首相に誰がなるかなどと憶測するのは、福田首相に対し、極めて失礼なことである。ここでは仮に、内閣総辞職となり、衆議院の総選挙が行なわれて、政界再編成などが行なわれた場合、次期総理になりうる候補者にはどのような人がいるかを、模索したものである。決して福田内閣の総辞職、解散総選挙が行なわれることを願ったものではないことをお断りしておく。

現在、次期総理を目指して、麻生太郎氏が盛んに運動中のようであるが、麻生氏でなくても、外にも色々候補者がいると思う。強いて挙げれば、与謝野馨氏、谷垣禎一氏、小泉純一郎氏、鳩山由紀夫氏(民主党幹事長)、前原誠一氏(現民主党副代表)、町村信孝氏(現官房長官)、中川昭一氏、平沼赳夫氏、加藤紘一氏、小沢一郎氏などであると思う。これは、筆者の個人的意見であり、多少の個人の趣味・嗜好が入ることはやむを得ない。その点はお許しいただきたい。

なお、これらの人々の寸評を下記に述べる。筆者の独断と偏見にはご容赦いただきたい。

(1)麻生太郎氏については、既に総裁立候補を早くからアピールしており、ここではこの人に関する言及は避けることとしたい。

(2)与謝野馨氏は、財政関係に詳しく、その意見に筋が通った理論家であり、意見が乱れず、明確である。第二次安倍内閣で、官房長官を務めた。同氏がパソコン・マニアであることを知る人は少ない。小泉内閣の時に、与謝野・谷垣―麻布連合が、竹中・中川―慶応連合と、消費税値上げで議論して、ひるむことがなかった。無派閥である。

(3)谷垣禎一氏は、財務関係には造詣が深く、有能であり、努力家であり、弁護士でもある。麻生太郎氏と同じ宏池会の流れを汲む。麻生氏が鷹派に見えるのに対し、どちらかと言うと鳩派であり、対中関係では福田首相に近そうである。中国にどのように対抗するかが、未知数である。同氏は、表面、麻生氏のような強引さはないが、内に秘めた情熱がある。もっと自身の同調者や支援者を増やすべきである。惜しい人である。

(4)小泉純一郎氏は、一度、首相を経験した人である。対中外交では、中国には煙たい存在となろう。同氏を補佐する人々の如何により、国会の運営は今よりも好転するだろう。
(5)鳩山由紀夫氏は、民主党ではあるが、育ちがよく、上品であり、金銭面で悪いことをするようなけちな人とは思えない。元は工学博士の学位を持つエンジニアである。政治的手腕はどれほどか知らないが、上に立つ器であることは確かである。
(6)前原誠一氏は、年齢は40歳代であるが、京大法科出身の頭脳明晰な秀才である。発言の内容に筋が通っており、政治的手腕がありそうである。外交的見解もはっきりしており、日本の将来について、戦略的思考ができる人である。

(7)町村信孝氏は、自民党の最大派閥の長であった。これまで外務大臣を勤め、現在は福田内閣の官房長官の重職にある。

(8)中川昭一氏は、現在、真・保守政策研究会の会長である。加藤紘一氏とは思想・信条が対照的な存在であり、対中政策には正常な判断ができる人である。特に日本の将来について戦略的思考のできる人である。将来は首相候補の一人である。
(9)平沼赳夫氏は、郵政民営化に反対した気骨の人であり、正義の人と見受ける。岳父は徳川家の末裔である。政治力があり、媚中派ではないので、対中外交は期待できる。ただ、脳梗塞などの病歴がるようである。

(10)加藤紘一氏は、自民党の幹事長や官房長官の経験者で、自民党では、一時、YKKトリオの一人として首相候補であった。リベラル派をもって自認する人であり、媚中派であると噂する人もいる。官房長官時代に、慰安婦問題で韓国に低姿勢であったことなどから、親韓派とも目されている。
(11)小沢一郎氏は、20年位前に首相候補に推されたことがある。以前は自民党に在席した政界遊泳の達人である。ただ、心臓病に懸念があり、政治資金の扱いに黒い影が見える。それに外交政策をどう考えているのか、全く分からない。在日の地方参政権賦与の主張など、何を考えているのか全く分からない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月22日 08:47
普通、特定の人の学歴のことを言うのは禁句である。なぜならその人がそれを好まないということもあろうし、それによってその人にたいする中傷を招くこともありうるからである。そして学歴で人の色分けをするのも偏見である。しかしこの記事の中に出てくる人に学歴で共通点のある人が何人かいるので、あえて紹介する。
福田康夫氏、与謝野馨氏、谷垣禎一氏、中川昭一氏は期せずして麻布学園(麻布中学、麻布高校)の出身である。
USA
2009年07月07日 18:29
初めまして、こちらはアメリカからです。
次期首相に宮崎県知事も、、だそうですが、もしそれが実現したら日本国にとっては大恥にはならないでしょうかね? 宮崎県知事も間接的に加担した問題を公開中、、大阪府知事も加担しています。

芸能人知事ばかりが表舞台に、、アメリカから見ると滑稽ですが、、

http://mugcupsusa.cocolog-nofty.com/
「父の日*オバマ大統領からのお手紙」にて。
2009年08月24日 09:20
USA様
お返事が遅くなりました。
確かに芸能人やタレントと称される人たちが、実力以上にもてはやされ、実力以上に高く評価される傾向があります。しかしこれは間違っていると思います。
またそれに乗じようとするタレント政治家も怪しからぬ輩だと思います。
「テレビ映りが良いから、人の注目を浴びそうな気の利いたことを言うから」と云うだけの理由で、何も実績のない人を、日本国民の指導者に祭り上げることは慎まねばなりません。我々はテレビや新聞の報道を、自分なりの意見で見たり読んだりする批判的精神を持たねばならないと思います。
やさぐれ
2012年03月05日 20:09
今更ながらブログを拝見し、今現在では小泉純一郎氏のようなダイナミックな首相を望みます。谷垣氏は今はちょっと信頼が薄らいだ所です。それと、迫力がないですね。我が国も超高齢化社会になるのですから、政府は先が見えないのは当たり前でしょうが、私は五十年後、生きてるつもりですから、皇室の問題、日本国憲法改正、年金問題、少子化対策、世界でナンバーワンの国になって私だけでなく、国民が助け合い、より良い国となって欲しい、ただそれだけです。
深山飛水
2012年03月08日 10:51
やさぐれ様
4年前の古い記事に訪ねいただき、有難うございました。
日本国憲法改正、年金問題、少子化対策などは、今すぐ解決せねばならない問題です。
現行憲法は、60年前に米国の占領軍の強制的見解によって、その内容が押し付けられて作成されたものであり、元々、日本国民の民意が反映されたものではありません。特に外交・安全保障面では、一国平和主義に徹した独りよがりの憲法で、この憲法を固守していると、五十年後には、日本という国は消滅していると思います。

この記事へのトラックバック