相手は尊敬すべきお医者様なのである

筆者は、歳相応に身体に疲労を生じている。 したがって、月に一度は定期的に病院を訪れることにしている。筆者の診察をする医師は、当然、筆者よりも遥かに年下である。こちらは10年以上も前に現役を退いた身である。したがって、彼等は筆者の子や娘に相当する年代であることが多い。しかし相手は、筆者の健康を預かる、場合によっては命を預かる立場であるから、当然、尊敬すべき、あるいは尊敬せねばならない偉大な先生なのである。

尊敬すべきその医師は、こちらからは勝手に選べない。専門によって医師は限定され、それに医師不足の昨今である。これは当然のことである。いやしくも国家試験に合格し、多くの経験を積んで来た医師であり、その経歴と経験と能力に感謝の意と尊敬の念を抱かねばならない相手なのである。

しかし、患者側からすると、なかなかそうも行かない。患者も人間である。医師にかかるからには、何らかの期待がある。尊敬するにも、できない場合がある。現に、筆者のかかっている医師は、

○ただ無言で血圧を測り、薬をいつもどおりに処方する。
○一言もものを言わない。こちらの顔すら見ようとしない。むしろ見るのを避けているようだ。
○そして、ものの1分もかからない診察で終わってしまう。

これでは長時間の間、待たされて、何のために医者へかかったか分からない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、筆者のかかっている医院では、診察のカルテが電子カルテに変わった。医師はパソコンのデイスプレイを見ながら、キーボードを叩くことに熱中し、ますます患者の顔を見なくなった。それに今までのカルテと違って、医師の入力した内容がデスプレイ画面に表示されるのが、患者からもよく見える。

先日のことである。この医師は、疾患名、血圧、薬の処方を入力し、最後に
○ 『変った考え』
と入力した。

しかしこれは、筆者の身体的状況の診断結果からは逸脱した余分な『付言』であった。他の医師に対する一種の警告なのであろうか。全く意味不明の記述である。さすがの筆者も気にかかったので、後でこの記述の理由について考えてみた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これまで何回も診察を受けている間に、この医師との間で全く会話が無かったわけではない。その間に彼が感じ取った意見なのであろうと思った。彼は去年の4月に前任者と交代した。前任者からの引継ぎはカルテやレントゲン写真以外には無いはずである。 『変った考え』なる感想は、前任の医師からのものではなく、現在の医師自身のものであることは明らかであった。

前任医師とは4年間近くの付き合いであったし、前任医師との間ではかなりの会話があった。これは前任医師が年齢的に筆者に近かったことと、筆者の発症時に、筆者を最も適切に診断した最初の医師であったことなどから、筆者自身が前任医師にたいして信頼の念を持っていた。前任者はそのようなことは書くはずがないと確信が持てたのである。

******************************************

現在の医師が、『変った考え』と書くからには、この医師自身の固有の考えがあり、彼の固有の考えが筆者の考えと違うことを彼が微妙に認識したということであろう。

ただ『変った考え』と書くからには、『彼自身の変っていない―正常―と思い込んでいる彼固有の考え』 があり、それとは異なっていると独断せざるを得なかった何かが、筆者との極く少ない会話の中に発見されたのであろう。

ただここで言える事は、この彼自身の基準となる考えが、筆者がこれまで、しばしば経験した医師の特有の驕りに満ちた偏見に由来するものであれば、彼の所謂 『変った考え』は誤った考えてとして厳しく批判されねばならない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月10日 05:53
昔、筆者が育った頃の旧制高校には文科と理科があり、理科には理甲(理科甲類)と理乙の2課程があった。
理甲卒の学生は、当時の旧制大学(東大、京大、東北大、阪大,九大、北大など)の理学、工学系へ、理乙卒は医学系へ進んだ。少なくとも旧制高校内に関する限り、医学系へ進んだ学生が、理工系へ進んだ学生よりも、頭脳面で優れていたわけではなかった。
2008年02月10日 09:04
ひどい話ですね。1分足らずの診察で「変わった考え」とは。人を「変わった考え」と判断するのは「私は患者の考えを聞く耳を持っていません」とカルテに書いて欲しいですね。東郷さんの話を理解できないバカ医者なのでしょうね。今も医学に進む学生はあまり頭脳面で優れているわけではないですよ。私の友人で何人か医師になっていますが、頭脳面(思考回路)でも疑問ありで社会との協調性にも欠けていました。私は変な医者と合う場合には自分の症状や言いたいことをメモにして持っていって、必ず答えをもらうように自衛しています。
2008年02月10日 22:59
ひどいことを書きますね。医者は、体のこときり勉強していないので、東郷さんのような、哲学がないのだと思います。あるいは、医者の驕りがあるのでしょうか。いずれにしても、上等な人ではないですね。
2008年02月14日 01:55
一般人様
コメントを有難うございました。医師は患者に接する場合に、肉体的ケアーだけでなく、精神的ケアーをも与える必要があります。そのためには医師は患者のレベルまで降りて来て患者の立場に立つ必要があります。これからの医師には
そのような面の教育が必要だと思います。
2008年02月14日 02:01
秋桜 様
コメントを有難うございました。医師とか弁護士はその専門的知識を生かす職業ですが、その専門的知識がその人に与える権威にあぐらをかいて、威張って見せるのは感心しません。医師はもっと謙虚であるべきだと思います。
水蛍
2008年11月21日 20:49
医師不足が問題になっている。医師に必要なのはその技能である。歯科や外科の医師は必要だが、内科の医師は免許を廃止した方が良い。知識ベースの問題はコンピュウタの方が上、処方はコンピュウタから貰う事。
2008年11月23日 19:27
水蛍 様
コメント有難うございました。
確かに貴殿の言われることは当たっていると思われます。医療分野にもっとコンピュータを導入すべきだという思いは同じです。コンピュータに譲れるところは、思い切ってどんどん譲り、人間は、もっと患者の精神面を診断すべきだと思います。機械では判断困難な微妙な心理面の診療を行うべきだと思いますね。確かに手術を要する面には、まだまだコンピュータでは不可能なデリケートな技術が必要ですから、それに耐えうる人間の手が要です。この場合に必要なものは、医者の知識よりも、技能と経験だと思います。脳神経外科の手術や心臓外科手術などのデリケートな医療行為には経験と熟練が必要です。この場合、「神の手」はそんなに簡単にできるものではありません。
2008年11月23日 19:28
(上に続く)最近の脳神経外科のお医者は、周産期の女性の脳外手術をひどく嫌うそうです。これは手術で成功する自信がないほど技能が低いことを物語っております。しかし医者の方では、その面目にかけても「技能がないので」とは言えないので、他の理由を探しまわっているように見えます。そして「経験したことのない、あるいは自信のない症状の患者を診療して失敗した場合には罰せられる」という判例があるのが、医者の足枷になっているなどと言って、逃げ回る理由にしています。残念ですね。
ねもやん
2012年02月23日 22:11
私は医者おたくです。というか、いまでは難病認定され、年金を貰い何とか暮らしています。パソコンがないので携帯で入力しております。主治医は約六歳上の優秀ながら頭の低く丁重でありながら時に友達言葉で話します。
庶民派で時に心を試すようないろいろな技で私をさばいてくれるから、先生は、今日はどんなオチ、つまり処方をして下さるかワクワクします。

でも、こんな医者おたくが、貴女は将来医事評論家になれる、と笑って冗談を言った先生がいました。

いや、その言葉を胸にこれからも努力します。

深山飛水
2012年02月24日 05:47
ねもやん様
コメントをいただき、有難うございました。
文面を拝見して、貴方のかかっておられるお医者は、小生の本文に記したお医者とは異なり、大変、優れた名医だと思います。
お医者を信じて療養に専念されますように、お祈りいたします。
谷垣康弘
2012年05月11日 13:12
医者と看護師、准看護師、助手、クラーク、その他諸々の立派な方々のお陰で千葉県で一番セレブな病院をエント出来た。深山飛水先生も東京都より千葉県が良かろう。千葉県が滅びたら日本は滅びる。千葉県知事は脳天気だが、東京都知事には敵わない。帝都大学のキャンパスに行きたいな。わが宿舎よ。
のびたくん
2012年05月13日 16:13
サイケアトリーを知りすぎた僕。僕は恥ずかしい。己に目覚め始めた僕。先生方。僕は強くなって行く。ありがとう先生。サイケアトリストでも帝大生の健仁会に感謝する。帝大生よ、ありがとう。皆様方辛いが働く事が大事だ。
金谷先生と私
2012年05月13日 19:57
私が子供の頃、肋膜炎にかかり入院した。母は面会に来てくれた。友達がアイドルタレントのトランプを持っていた。母にトランプをねだった。すると母は本物のトランプを買ってくれた。初めて手にしたおもちゃらしき物だった。ねいぐるみもねだった。友達みたいに兎とか熊のモコモコしたぬいぐるみではなく、本物の毛の犬のぬいぐるみだった。子供が病気をしたら、親はさぞ苦しむだろう。あの頃の金谷先生のご恩は一生忘れない。深く心に刻印された。
じゃじゃ馬ならし
2012年05月15日 16:46
僕は先生の爪の垢煎じて飲みたい。医学生は金儲けというより借金返す為にインターンから新卒しんがり職員になったも同然。医師不足と言えど、志を熱く抱き僕は社会人になれました。先生もお身体お大事に頑張って下さいませ。

この記事へのトラックバック

  • 予備選ウィークエンダー開票速報LIVE第1弾

    Excerpt:    ||| 予備選ウィークエンダー開票速報 ||| 2月9日土曜実施の4州予備選・コーカスの開票ライブ速報第一報 オバマがワシントン、ネブラスカで、ハッカビーがカンザスで勝利 各候補が首位.. Weblog: 米流時評 racked: 2008-02-10 11:05