首を傾げるアナン事務総長発言

 国連のアナン事務総長は,10日,アジア歴訪を前に国連本部でアジア主要メディアとの合同インタビューを行った。下記はA新聞よる報道である。

[アナン国連事務総長、拉致問題で北朝鮮を批判(06/05/11,15:27)]
http://www.asahi.com/international/update/0511/010.html

国連のアナン事務総長は,日中韓3カ国の歴史問題をめぐる対立について「あなた方は,隣人を選ぶことができない。そこで生きていく運命にある」と述べ,克服するよう強く求めた。拉致問題については「北朝鮮当局は被害者家族の痛みに思いを致すべきだ」と述べ,国連加盟国である北朝鮮を批判した。
インタビューで,アナン事務総長は日中韓を名指しして,「世界にとってあなた方の地域は非常に重要だ」と述べ,和解と関係改善の必要性を強調。「歴史には誠実に向き合うべきだ」。 「過去の過ちを理解し,それを繰り返さないようにしなければならない」と歴史教育の重要性にも触れた。
一方,北朝鮮による拉致問題について「拉致は誰も許さない」と明言。北朝鮮当局に対して「拉致被害者の消息を明らかにするか,解放をするよう,強く求めたい」と語り,解決に積極的に取り組む姿勢を示した。
<中略>
事務総長は14日から,韓国,日本,中国,ベトナム,タイを歴訪。東京には16~19日滞在し,、小泉首相らと会談する。
インタビューには,朝日新聞のほか,日本の共同通信,中国の人民日報と新華社,韓国の朝鮮日報と聯合ニュース,国営ベトナム通信,タイのタイ・ラット紙の各社が加わった。

筆者見解:

1.日中韓3カ国はお互いに隣人を選ぶことができない。歴史問題をめぐる対立について克服するように求めたとある。

しかし中国は,小学校からの学校教育を通じて,主に太平洋戦争にまつわる日本の残虐行為を強調し,歴然とした反日教育がその精神教育の主軸になっている。

一方,韓国は,幼少時から,竹島は韓国領土であるという間違った教育をし,一時期,日本に併合されたことにたいし,深い怨恨を与えるような教育を行っている。当時,日清戦争で,日本は清国(現中国)に勝利した。仮に,日本が負けていれば,韓

国は清国に併合されていた可能性がある。あるいは,ロシアに吸収されていた可能性すらあるのである。仮にそのようになっていた場合,結果は果たしてどうなったであろうか。併合後,日本は韓国のために国土の開発を進め,その繁栄を計った。


併合という行為によって民族の誇りを傷つけたことは分かる。彼らはこの一点からのみ日本を責め続け,その見返りに,日本から竹島を奪ばい取ろうとしている。

このような情勢で,アナン氏は日本に何をせよというのか。仮に隣人を選ぶことができないから,日本は中国や韓国にもう少し遠慮せよと言うのであるとすれば、これは、また、日本に対する侮辱的なはつげんである。謎をかけるような曖昧な発言なら,国連総長でなくても,誰でも出来ることである。


「世界にとってあなた方の地域は非常に重要だ」から,世界的視野で,和解と関係改善を計かってほしいということらしいが,それではどうせよと言うのか。またこの地域は世界にとってどのような理由で重要なのか具体的に示すべきである。国連事務総長としての説明責任を果たしていない。

「歴史には誠実に向き合うべきだ」というが,前述したように,誠実に向き合おうとしないのは中韓両国だ。

歴史教育を重視し,「過去の過ちを理解し,それを繰り返さないようにしなければならない」というが,これは何を意味するのか。
日本がまた軍国主義を復活させるとでも言いたげである。A級戦犯を靖国神社に祀ることは日本が過去の過ちを理解していないとでも言いたげである。

2.北朝鮮による拉致問題について「拉致は誰も許さない」と言明したそうである。この発言は国連総長としては迫力に欠け,遅きに失した感がする。米国のBush大統領を始めとする世界各国の動静を視ながら,発言したような日和見的な態度が見受けられる。

また,「拉致は何びとも許さない」ことは当然のことであり,新聞はこれを明言したと言っているが,甚だ迫力に欠ける発言である。はっきりと解放の時期を限定し,それに従わない場合,北朝鮮を国連の非加盟国とすると同時に,責任者の追及を国際裁判所に委ねるという発言をしてもらいたかったものである。

3.北朝鮮当局に対して「拉致被害者の消息を明らかにするか,解放をするよう,強く求めたい」と語ったそうであるが,この発言もはっきりしない。
「拉致被害者全員を直ちに解放し,帰国させよ。解放できない人物に対しては,その消息,解放できない理由(例えば,死亡,北朝鮮人との結婚,北朝鮮の国家的業務に従事等)を明確にせよ」と言ってもらいたかった。

総じて今回のアナン国連事務総長の発言は, 迫力に欠け, 具体性のない内容であって, その資質を疑わざるを得ないものである。

06/05/15      東郷 幹夫

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 外国人の叙勲に異議あり!

    Excerpt: 今年の春の叙勲で外国人38人が受賞した(春の叙勲4037人受章 日商会頭ら旭日大綬章 九州・山口は486人 を参照されたい)。 Weblog: 東郷 幹夫の思いつくまま日記 racked: 2007-05-09 13:12
  • 次期米国大統領候補の対日政策は?

    Excerpt: 米大統領候補・ジョン・マケイン共和党議員 来年、2009年1月20日に次期新大統領が就任する。現在、民主党の候補としては、ヒラリー・クリントン上院議員とバラク・オバマ上院議員とが接戦を交えてお.. Weblog: 東郷 幹夫の思いつくまま日記 racked: 2008-03-31 16:00