李肇星外交部長の発言(No2) 関係改善について

外交部の李肇星部長は7日午後3時,人民大会堂で記者会見を開き,国際情勢と中国の外交政策を紹介し,記者からの質問に答えた。
李部長は,この中で関係改善について次のように述べた。

「日本との善隣友好協力を発展させるという中国の基本方針に変わりはない。われわれは引き続き,胡錦濤主席が昨年4月23日にジャカルタで示した『5つの主張』に基づき,中日関係の改善と発展に積極的に努力していく」と表明。「5つの主張」の内容を繰り返した。
5つの主張(概要)
1.「中日共同声明」,「中日平和友好条約」,「中日共同宣言」の3つの政治文書を厳密に順守し,実際の行動により21世紀の中日友好協力関係に力を入れる。
2.「歴史を鑑(かがみ)とし,未来に向かう」ことを的確に堅持する。日本は厳粛かつ慎重な態度で歴史問題を処理してほしい。
3.台湾問題を正しく処理する。日本政府が,台湾問題に関する約束を実際の行動で示すよう望む。
4.対話と対等な協議を通じ,中日間の対立点を適切に処理する。
5.双方の幅広い分野での交流と協力を強化し,民間の友好的往来を強化する。

李部長はさらに「歴史問題においては,中国の人民は被害者だ。現在のカギは,日本の一部指導者に,自らの誤った行動を正すに足る勇気と誠意を見せてもらうことだ」と強調した。


以下は筆者のコメントである。

1.項については,これらの政治文書について未検討であるので,コメントを差し控えたい。

2.項については,歴史の何を鑑としろと言うのか。日本の総理は,二度と過去の過ちを犯さないように,反省の念を込めて毎年靖国に参拝しているではないか。これ以上,何をせよと言うのか。歴史問題を,よく認識し,日本に変なことで対抗意識を燃やし,反日教育など行わないようにしてもらいたい。

3. 項については,「台湾問題を正しく処置する」とは,中国に返したい言葉である。中国は,台湾を中国に合併するとか,台湾は中国の領土などとは,言わないことである。日本は台湾について中国にどんな約束をしたと言うのか。

4.項については,その通りである。しかし中国のように,自分のことしか考えない一方的な態度では,うまく行くはずがない。中国はもっと低姿勢であるべきである。日本は中国よりも劣る国ではないのである。

5.双方の交流を深めるのは賛成であるが,違法行為をしないようにしてもらいたい。韓国人に紛れて不法入国したり,日本での犯罪(麻薬,殺人,諜報活動など)が増えないようにしてもらいたい。

なお,「歴史問題においては,中国の人民は被害者だ。現在のカギは,日本の一部指導者に,自らの誤った行動を正すに足る勇気と誠意を見せてもらうことだ」は,いかにも失礼な横柄な言い方である。この言葉はそっくり,こちらから,返したい言葉である。

全体として中国の言い分は,手前勝手で,自分よりも数等劣る相手にたいする物言いである。昔からChineseはプライドと誇張の塊のような人種だと聞いていたし,何がし自分でも体験したことがあるが,これ程だとは思わなかった。

皆さんはどう思われますか?

参考:「チャイナネット」/「人民網日本語版」 2006年3月7日http://www.shikoku-np.co.jp/news/kyodonews.aspx?id=20060307000452
李肇星外交部長、日本トップの靖国参拝を厳しく非難

06/03/08   東郷  幹夫


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「李肇星外交部長の発言(No2) 関係改善について」について

    Excerpt: 「李肇星外交部長の発言(No2) 関係改善について」について 早い話が日本は中国の属国になれということである。答えはノーですね。今日中国のあるのは日本の経済力のお陰である。そのことを忘れてあらゆること.. Weblog: 小山内翔龍のつれづれ日記帳 racked: 2006-03-08 20:31
  • 「李肇星外交部長の発言(No2) 関係改善について」について

    Excerpt: 「李肇星外交部長の発言(No2) 関係改善について」について 小山内翔龍 様 TB有難うございました。 貴殿に言われるように中国の属国になるようなことはできませんね。太平洋戦争は日本が一方的に悪い.. Weblog: 思いつくままに  東郷 幹夫 racked: 2006-03-09 08:37