李肇星部長の発言(No1)  靖国問題

7日午後3時,中国の李肇星外交部長は,人民大会堂で記者会見を開き,国際情勢と中国の外交政策を紹介し,記者からの質問に答えた。 数項目にわたる言明があった。ここではその一つを述べる。

彼は,日本のトップの靖国参拝を厳しく非難 した。下記は,彼の言った内容である。

  中国と日本は隣国同士だ。中国の国民は,日本の国民と代々の友好を続けていきたい。 中日両国の政治関係が現在困難に直面していることの問題点は,日本の一部のトップが,侵略戦争を発動し,指揮したA級戦犯を今もなお参拝し続けていることだ。日本のトップは,中国の国民や,侵略戦争の他の被害国国民の感情を傷つけることを二度と行うべきでは ない。

これは,非常に厳粛な問題だ。日本の現在のトップが現在もA級戦犯を崇拝していること は,中国の国民だけでなく,他の多くの国の人々にとっても受け入れられないことだ。あるド イツ政府関係者は私に,「このようなこと、このような愚かなこと,非道徳的なことを,日本の トップはなぜできるのか,ドイツ人も理解できない」と言った。これはドイツ人が言ったことだ。彼らの話によると,ドイツの第2次大戦後のトップの中に,ヒトラーやナチスを崇拝する人は1人もいないという。彼らは,「どのようにしたところで,ナチスに殺された人を生き返らせる ことはできない。しかし少なくとも,死者の子孫の感情を傷つけることはすべきではない」と話
した。


 中国は日本と友好を続けたいのであれば,靖国問題に拘るべきではない。首相は,A級戦犯を祀る神社に参詣するのではなく,国のために犠牲になった多くの国民にたいして霊を弔い,感謝の念を捧げるために参詣しているのである。中国指導部の考えは,この辺が根本的に違っている。何も侵略戦争を是認し,中国国民の感情を損なおうと思って参詣しているのではない。

自分の言うことのみが正しいと考え,日本の考えが始めから間違っていると決め込んでいる。
日本人からすると,Chineseというのは,日本人を随分と見下している人種である。自分の言うが正しく,自分よりも下にいるべきはずの日本人が言うことを聞かぬのは怪しからぬと思い込んでいる。日中戦争が始まった頃,歴史の先生がChineseというのは,自尊心の塊のような人種であるとよく言っていたことを,思い出す。

 しかもドイツ政府の高官にまで,日本の悪口を言いふらして,同意を得ようとしている。卑劣な魂胆が丸見えである。台湾が,先日,国家統一綱領を廃棄にした時も,早速,ドイツに電話し,台湾を非難し,それに同調を求めたそうである。ドイツは,中国に武器を輸出しようとしており,中国は大切な顧客なのである。ドイツにとっては,日中関係などどうなっても一向に関係ないのである。中国のご機嫌をとっておれば,自分が損することはないのである。

中国の言い分は一方的で,極めて独善的である。中国の不当な発言に従っていたら,何をされるか分からない。断固として総理の靖国参拝は止めるべきではない。
皆さんはどう思われますか?

参考:「チャイナネット」/「人民網日本語版」 2006年3月7日
http://www.shikoku-np.co.jp/news/kyodonews.aspx?id=20060307000452

06/03/08   東郷 幹夫


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック